大丈夫?心配?子供の口臭は、まずお口の乾燥から

公開日: 

口臭は、一般的に大人の悩みに多いというイメージがあるため、

子供にも口臭ってあるの?と、意外に思うひとも多いのですが、

子供には子供の口臭がちゃんとあるのです。

大人の場合と、症状や臭いも違うことが多いので、同じように悩む必要は

ないと思いますが、お母さんは毎日至近距離で子供と会話するため、

気づくのも早い分、心配も募ってしまいます。

でも、子供の口臭の理由は、口呼吸によるお口の乾燥が大半なのです。

お母さんの日常のケアで、だんだんに消えてしまうことがほとんどですから、

どーんと構えて、治してあげてくださいね。

スポンサーリンク

口呼吸は、なぜ口臭をひき起こすの?

口呼吸は、口腔内の乾燥をひき起こす原因になります。

お口の中が乾燥すると、安静時唾液の口腔内恒常性維持機能が低下するため、

免疫の低下や自浄性の低下をひき起こして、細菌やウイルスからの感染を防ぐ

免疫機能を弱めてしまいます。

乾燥してお口の中の細菌の量が多くなりすぎることが、口臭の原因になるのです。

さらに、乾燥によって唾液の量が少なくなることで、唾液が虫歯を

予防する力が弱まり、虫歯の進行によっても、

口臭がひき起こされることもになりやすいのです。

 

口呼吸は治るもの?

口呼吸を治して鼻呼吸にしていくには、毎日のささやかな

トレーニングが必要です。

まずは子供が自分で意識できるように、遊びながらの感覚で、

お母さんと一緒にトレーニングしてみてください。

トレーニングといっても、難しいことをするのではなく、

お口の筋力を鍛えることです。

赤ちゃんの場合はおしゃぶりを使ってみるのもオススメです。

少し大きくなったら、歯医者さんや薬局などで売られている

トレーニング用のガムを嚙むことで、お口の筋力が鍛えられて、

口を閉じて鼻呼吸をしている状態をつくれるようになってきます。

またふだんの食事の中で、食物繊維の多い、昔ながらの食事やおやつを

摂るようにすることでも、お口の筋力を鍛えることにつながります。

 

もちろん歯磨きも大切!

毎食後、正しい歯磨きをすることで、子供の口臭が消えることも多いものです。

小学校の低学年くらいまでは、お母さんが教えているように磨けていない

場合があるので、ちゃんと磨けているのかどうか、お母さんが仕上げの

歯磨きをしてあげることが重要です。

舌は決して力を入れずに、優しく全体を歯ブラシでなでるようにして、

仕上げてあげてください。舌のブラッシングは、口臭予防だけでなく、

インフルエンザ対策にも有効ですよ。

高学年になると、なかなかお母さんに仕上げてもらうことは難しいので、

歯医者さんで定期的にチェックしてもらうようにすると、

スポンサーリンク

虫歯予防にもなって一石二鳥ですね。

 

口臭の原因は他にもある?

その他に、アデノイド増殖症やアレルギー性鼻炎などの

病気が原因のこともあります。

鼻の方に原因があるようなときは、一度、耳鼻科を受診してみて、

原因がはっきりすると安心ですね。

また、ストレスや疲れが原因で、身体の緊張状態によって唾液の分泌が低下し、

そのために口臭が出ることがあります。

そのようなときには、ゆっくり戸外へ出てお散歩したり、のびのび運動して

気分を開放させてあげたり、ギュッと抱きしめてあげることなども、

とても大切なことですね。

その他にも、風邪をひいて抵抗力が下がることによって、

お口が乾燥することもあります。

下痢をしたり便秘をすることで、腸内環境が悪化することが、

そのまま口臭につながることもあります。

逆にいえば、子供の身体の健康状態は、口臭によって気づかされることも

多くあるいうことですね。

 

まとめ

子供の口臭が気になったら、これを機会にお母さんも一緒に、

口臭を予防する生活を、心がけてみるとよいですね。

子供の場合は、毎日の少しのケアで口臭が治ることが多いのです。

日々の生活の中で、体調を整えていくことが、お口の乾燥を防いで、

口臭予防をしていくことにもつながります。

毎食後の歯磨き、よく嚙んで食べる、水分をたっぷり摂る、

よく眠りストレスをためない…など、子供のお口の健康は、

お母さんと一緒に、毎日の生活を意識していくと良いですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑