赤ちゃんを冬のお風呂に快適に入れるには?

公開日: 

鳥肌が立つくらい寒い冬に、赤ちゃんを裸にしてお風呂に入れることって、

とても神経を使いますよね。お湯がすぐに冷めてしまうからといって、

最初から熱めにお湯を入れるわけにもいきません。

あるいは、熱がるといけないので最初からぬるく湯船を入れたとしても、

余計に寒い思いをさせてしまうのでは?と疑問や悩みは尽きません。

では、赤ちゃんが快適に冬のお風呂を楽しめるように、

冬のお風呂の入れ方についてお伝えいたしますね。

スポンサーリンク

お風呂場に行くまでのルートを、あらかじめ暖めておこう

エアコンもストーブも何もついていない寒い部屋で服を脱ぎ、

その後湯船で温まったとしてもまた寒い部屋に戻ってきたら、

赤ちゃんが風邪を引いてしまいます。

ですので、お風呂に入れる前後には、エアコンなどで

室温を快適に保っていてくださいね。

できればお風呂場や脱衣所まで温めておくと、尚良いです。

なぜなら、熱いお湯の直後に冷たい空気を浴びたら、

湯冷めしてしまうかもしれないからです。

赤ちゃんを入浴させ、自分の清拭も平行して行うなど、ママさんは

お風呂場でもやることがいっぱいです。自分が体を洗っている最中に、

赤ちゃんをお風呂場内のベビーチェアで待たせることもあるでしょう。

そんなときも、赤ちゃんを座らせる前にお湯でベビーチェアを温めるなどして、

少しでも赤ちゃんが「わっ!」と冷たさでびっくりしないような

環境を整えてあげてください。

 

お風呂の温度は、何度くらいが良いの?

ぬるくても逆に寒い思いをさせてしまうかもしれませんし、

いきなり熱い湯船に入れられてもびっくりして泣かせてしまうかもしれません。

では赤ちゃんにとって、冬の湯船の適温とは何度なのでしょうか?

 

答えは40度です。40度くらいが、赤ちゃんにとって

ゆったりできる温度になります。

湯船用の湯温計を買って、湯船に浮かべて常に温度を

チェックしておきましょう。

 

赤ちゃんが入浴を嫌がるときは?

赤ちゃんが泣いて入浴を嫌がるときって、特に冬場だと自分も裸のままで

体が冷えていってとても寒いし、困り果てますよね。

そんなときのために、いくつか方法を伝授いたします。

 

まず一つ目は、赤ちゃんの昼寝の時間を活用するということです。

赤ちゃんって、よく眠りますよね。その寝ている時間に、パパッとママさんだけ

頭を洗ってドライヤーまで終えれば、その後がかなりラクになりますよ。

スポンサーリンク

赤ちゃんのご機嫌を取りながら様子を見つつ自分も頭を洗って、

シャワーで流して、体も洗って、顔も洗って、ドライヤー・・・なんて、

とても大変ですからね。

まして、赤ちゃんのご機嫌が悪く泣いているときなら尚更です。

その中のどれか1つだけでも先に終えていれば、かなりラクになるはずです。

 

二つ目は、時短グッズを活用するということです。赤ちゃんのシャンプーや

ボディーソープを、液体で出るタイプではなく泡で出るタイプのものに

変えましょう。嫌がる赤ちゃんにササッと全てを終えられるよう、

そういったものを活用することをおすすめします。

またママさんには、リンスインシャンプーなど、手間削減アイテムは

多々あるのでぜひ使ってみてください。

 

三つ目は、お風呂限定のおもちゃを用意するということです。

赤ちゃんが入浴を嫌がっても、

「お風呂であのオモチャが待ってるよ♪一緒に遊びに行こうよ♪」などと

誘えれば、赤ちゃんがスムーズに入浴に応じてくれるかもしれませんよ。

 

まとめ

冬場の赤ちゃんの入浴って、「寒くないかな」「熱くしすぎたかな」など、

いろいろ気を使いますよね。けれど、この記事を読んでしっかりと知識を

身に付けていただけたら、きっと赤ちゃんと楽しく快適な入浴タイムが

過ごせることでしょう。ぜひ、色々活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑