風邪やインフルエンザを撃退!効果的な食事、うがい法は?

公開日: 

インフルエンザは毎年冬に大流行し、予防ワクチンが足りなくなる事態が

ニュースで報道されていたりします。

また風邪は、四季を問わず発症する可能性があるもので、例えばずっと裸で

過ごしていたために発症する「非ウィルス性」のものと、

あるいは他人から感染する「ウィルス性」のものなど、種類も多岐に及びます。

 

風邪もインフルエンザも、一度発症するとかなり苦しい思いを

することになります。

あらかじめ予防できる方法を知って、ご自身と家族を守ってくださいね。

スポンサーリンク

基本中の基本、「うがい・手洗い」

うがいと手洗いは、昔から、学校や家で徹底的に必要性を

教えられてきましたよね。しかし、手洗いの方法を間違って実践している人が

多いのが事実なのです。正しい洗い方ではなければ、

ウィルスやバイ菌などが手に残ってしまいますよ。

 

手洗いの正しい方法としては、

「指先、指の間、指の付け根、手の甲までしっかりと」です。

手のひらはガシャガシャと洗っていても、指先まで気が回っていなかったり、

あるいは手の甲はまったく泡さえ触れていない場合もあります。

 

さらに、1回の手洗いでは不完全なのです。

「1回目では不十分、2回目で汚れが浮き上がる、3回目で汚れが

完全に洗い流せる」と心に留めておいてください。

女性の洗顔方法として、「ダブル洗顔」という言葉があります。

これは、「1度だけの洗顔では汚れがきちんと落ちているか不安な女性が、

さらに2度目の洗顔をすること」を指します。

実際にその通りで、2度洗いをすると、顔がキュッキュッとする

感覚がありますよね。手洗いも、それと同じなのです。

様々な人が触れて、様々な雑菌やバイ菌が付着した手は、

念入り以上に念入りであって然るべき、なのです。

 

風邪やインフルエンザに、予防効果のある食べ物とは

風邪やインフルエンザには、乳酸菌が有効です。乳酸菌の働きは、

免疫力を強化するという作用があり、病気の予防に大いに効果があるのです。

では、乳酸菌は具体的にどのような食べ物に多く含まれているのでしょうか?

 

答えは、ヨーグルトや納豆です。主にこの2つに、乳酸菌が多く

含まれているので、予防を意識するのでしたらこの2つを積極的に

摂取するよう心がけましょう。

また、最近では乳酸菌をサプリ化したものも市販されているので、

それらを活用しても良いでしょう。2~3粒を飲むだけであれば、

忙しい毎日でも続けられますよね。

スポンサーリンク

さらに納豆のように、ネバネバした食材には、風邪やインフルエンザを

発症しにくくする効果があります。

例えば納豆の他には、オクラ、長いも、山いも、めかぶなど、

ヌルヌル・ネバネバした食材も摂り入れてみてください。

 

果物で、おいしく風邪やインフルエンザを撃退

ビタミンCやビタミンDも、風邪やインフルエンザへの予防効果があります。

ビタミンC、といえば、みかんやレモンなどを連想しがちですが、

それらよりもビタミンC含有量が多いのは、柿やキウイフルーツ、

あるいはアセロラなどです。

果物はカロリーも低いし、甘いものを食べながら病気が予防できるなんて、

ありがたいですよね。アセロラはなかなか果物コーナーには売っていないので、

摂取するとしたらサプリ化されたものやアセロラドリンクなどで

摂り入れると良いでしょう。

 

まとめ

風邪もインフルエンザも、発症すると何日も会社や家事を休まなければ

ならないなど、日常生活に支障が出てきます。

ですので、「かからなくする対策」が重要になってくるのです。

正しい知識を身に付けて、ご自身や家族の健康を守ってくださいね。

食べ物で毎日摂取するのが難しい場合は、サプリなどで寝る前などに

毎晩手軽に摂り入れることも可能なので、

ぜひ色々な方法を試してみてください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑