結婚式の秋!二次会の服装は? 女性編・男性編

公開日: 

昔から、秋は春とともに結婚式のシーズンですね。

最近では冠婚葬祭のようなきちんとした行事にも、様々な文化や時代の流れが

入ってきていて、パーティーや服装のスタイルにも選択肢の幅があります。

 

結婚式の二次会などは、新郎新婦の個性が、より自由に発揮できるような

場所を選んでのパーティーになることもありますが、

新郎新婦それぞれのお付き合いやご家族や親戚などもある中で、ホテルなどの

ある程度フォーマルなスタイルでのパーティーも、やはり多いものなのです。

 

二次会は平服で・・・と、ご招待を受けることも度々ありますので、

一般的な平服のイメージができていれば、どんな結婚式の二次会に呼ばれても、

落ち着いて準備することができますね。

スポンサーリンク

平服ってどんな服装をさすの?

まず、礼服というのは、男性ではタキシードや略礼服、女性では既婚者の

留袖や結婚前の方の中振袖、イヴニングドレスやカクテルドレスなどをさします。

この場合、平服というのは、昔ながらのしきたりに完璧に習う必要はないものの、

広い意味でのフォーマルスタイルをさす言葉になります。

たとえば、きちんとしたレストランやホテルなどでのお食事を

イメージすると良いですね。

ワンピース一つとっても、本来は薄ピンクや水色のような色味が、

明るく上品で良しとされるイメージがありますが、

平服でという場合でしたら、秋ならではのマスタードイエローや

ボルドーなどの色合いのものなどに、挑戦することもできますよね。

それでは具体的に、女性と男性に分けて、それぞれ見てみましょう。

 

二次会の服装 女性編

スーツまたはワンピース、もしくはシャツとスカート(パンツ)

+ジャケットが良いです。

着物の場合は、最近では訪問着などでも、色や柄を工夫すれば

OKな場合が多いようです。

靴はなるべくヒールのあるものが良く、足先は見えないものにします。

髪は長い方はもちろんのこと、短いスタイルの方でも、

キチンとまとまっている方が、やはりパーティーの席には

より相応しいですよね。

新郎新婦より派手になったり、肌の露出が多いのはNGです。

ストッキングも黒や網タイツなどは避けて、肌色のものを着けます。

また、ファーなどの毛皮や皮製品の類は持ちません。

たとえ二次会と言っても結婚式ですから、もちろん白い衣装は避けて下さいね。

 

二次会の服装 男性編

スーツまたはジャケットと、シャツ、ネクタイ、パンツ、革靴です。

後は、お店の雰囲気や、招待されている方の顔ぶれに合わせて考えます。

スポンサーリンク

結婚式からそのままの服装で移動する際などに、ネクタイを外してみたり、

結婚式での白いネクタイから色つきのものへと取替えたりしても良いですね。

チーフタイや蝶ネクタイでも良いのです。

靴も黒ではなく、茶色の革靴やローファーなどは、たいがいOKですよ。

でも一番大切なのは、シャツやパンツのシワや靴の汚れなどのチェックです。

着る前に、お手入れは、必ずするようにして下さいね。

また新郎よりも目立つため、羽織袴は避けてください。

新婦の色である、白い色のスーツもNGです。

黒いネクタイや、白のソックスの他にも、襟なしのシャツ・短パン・

ジーンズ・ビーチサンダルやスニーカーなどは、もちろんNGですよ。

 

まとめ

こんな風に次々と並べてみると、結婚式の二次会って、結婚式とは違って

もっと自由な雰囲気でやるパーティーかと思ってた・・・。

と思う人もいるかもしれません。

もちろん、本当にカジュアルな結婚式の二次会もたくさんあります。

でも結婚式やその後の二次会は、新郎新婦それぞれに、ふだんとは違う

一生に一度の特別な想いがあるものです。

また、ご家族やお仕事のお付き合いの方々など、広くお祝いに

駆けつける特別な機会でもあります。

だからこそ、ふだんより充分意識して、良い意味での常識やバランス感覚を

研ぎ澄ますことが大切です。

何よりも、結婚する2人に喜んでもらえるように、誠意を持って、

結婚式の二次会コーディネートを楽しんでみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑