夏を涼しく快適に!すだれの効果的な使い方

公開日:  最終更新日:2017/06/12

暑い夏はほとんどの方がエアコンや扇風機によく頼りますが、

古来のアイディアであるすだれで涼を得ることで節電することもできるんです。

電気代が高くなりがちな夏もすだれを

使うことで安く抑えられるかもしれませんね。

効果的な使用法をしっかり踏まえて涼しい夏を過ごしませんか?

スポンサーリンク

 

すだれの驚くべき効果!室内温度が2~3度下がる!?

猛暑の真夏でもエアコンが必要なくなるくらい涼しくなったら、

これほど良いことはないですよね。

実はカーテンよりすだれを使用したほうが気温が2~3度下がるんです。

直射日光にさらされたカーテンの表面温度は簡単に40度を越えてしまうんです。

そのまま熱を室内に放射し室温を上げてしまいます。

一方すだれは断熱効果を持っていて、

日光にさらされていても表面温度が上がることはないので、

結果的に室内温度がカーテンに比べて下がるんです。

 

すだれの設置場所は中?外?

カーテンは内側に取り付けますが、すだれは一般的に窓の外に取り付けます。

外掛けが難しい際でも内掛けもできますが、

すだれは屋外に置くことですだれ自体の温度が上がってしまっても

室内には影響がないというのがメリットのひとつなので、

できるだけ屋外に置くのがおすすめです。

室内に設置する際でも、カーテンレールや突っ張り棒などが使用可能です。

 

すだれが持つ複数のメリット!

あまり知られていない事実ですが、

すだれはカーテンよりも空気の通りが良いんです。

すだれに霧吹きなどで水をかけておけば、

水で冷やされた風が室内に吹き込んできてとても涼しいですよ。

すだれ自体視覚的にも涼しいアイテムなので、

風鈴などと合わせれば体感温度はますます下がっていきます。

しかも、すだれが直射日光を遮るため、

なんと紫外線を防ぐこともできるんです。

特に女性の方にはかなりありがたいですね。

西日も同時に遮断するので、西日による家具の傷みまで防いでくれるんです。

ベランダに平らに広げておけば、日光がベランダに反射して

室内に入り込むのも防いでくれます。

スポンサーリンク

ただしこの際、飛ばないように重石を乗せて置いてくださいね。

 

すだれのデメリット

多くのメリットが存在するすだれにもいくつか欠点があります。

まずは室外に設置する場合、24時間雨風にさらされることになるので、

室内設置に比べると劣化が非常に早いです。

台風などが来た際には安全のため取り外しも必要になり、管理が少々面倒です。

また、アパートやマンションなどで高い階層に住んでいる方は

設置を慎重に行わなければならず、

そもそも禁止されているところもあります。

設置する際は一度確認してみてください。

 

まとめ

現代においてはエアコンや扇風機はスイッチを押すだけなので簡単操作で、

手軽に涼しくなることから様々な場面で使われがちです。

しかし、今回この記事を読んだ中で、

すだれの意外なメリットに気付いた方は多いのではないでしょうか。

エアコン、扇風機だけでなく、是非すだれも活用して

暑い夏を乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑