毎日の読み聞かせが楽しくなる!本選び&読み聞かせのコツ

公開日: 

本を読むと賢くなるということで、本を読む習慣をつけさせたいと思っている

方は多いのではないでしょうか。

物心つくまでは、親が子供に本を読んであげなければいけません。

ただ本を読んであげるだけでも効果的なのですが、ポイントを押さえることで

より充実した読書タイムを過ごすことができます。

ということで、今回は絵本の読み聞かせのコツをご紹介します。

すぐに実践できることばかりなので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

本選び

まずは本選びです。

子供は「読んで」と何度も同じ本を持ってくることがあります。

親としては毎回同じ本ではなく、できるだけ多くの本を読んで欲しい

という気持ちがあるので、同じ本を読むことを渋ってしまいがちです。

子供はその絵本の世界に何度も引き込まれ、読むたびに違う

世界観を楽しんでいます。

子供が読みたい(読んでもらいたい)本と親が読んであげたい本を

交互に読むと、親子で読書タイムを楽しむことができます。

読書の時間がお互いに苦痛にならないようにしましょう。

 

本を読むときのポイント

読み聞かせのコツを紹介します。まずは、読み方です。お話を読んでいる時に

声色を変えたり、オーバーなリアクションで読むほうが効果的と

思ってしまいますよね。ですが、これは逆効果なのです。

オーバーな読み方をすると、子供の想像を邪魔することになります。

ですから、本を読むときにはできるだけ淡々と読むようにしましょう。

絵本を読んでいる途中で、子供に質問をすることはやめましょう。

子供が真剣に話を聞いているときに質問をすると、

絵本の世界への集中力が途切れてしまいます。

また、子供に絵本を読んであげているときに子供の表情を見ると、

反応がないときがありますよね。このようなときは反応する間もないほど

集中しているということなので、「お話聞いてる?」と

質問しないようにしましょう。

 

絵本を読むときには、絵が子供に見えるように持ち方を工夫してみてください。

小さい子供の場合、お母さんのひざの上で読み聞かせるようにしましょう。

こうすると絵本の世界を親子で共有することができます。

そして子供はお母さんに触れることで、安心して絵本の世界に

入り込むことができます。

 

最後に、本を読むときには読むペースに気をつけましょう。

子供が物語に集中できるように、読み聞かせるときにはゆっくり、

はっきり、心を込めて読んであげてください。そして、絵をじっくり

見せるために、ページはゆっくりめくることをオススメします。

スポンサーリンク

 

読み聞かせが負担にならないようにする

読み聞かせはほぼ毎日行うので、心にゆとりがないと落ち着いて本を

読んであげることができません。読み聞かせを無理なく習慣化させるためにも、

まずはお母さんが心にゆとりを持つように心がけましょう。

子供の好きな本だけではなくお母さんの好きな本を読んだり、

好きな飲み物を用意してリラックスして本を読む環境を作ると、

子供も穏やかな気持ちで本を楽しむことができます。

 

子供がなかなか絵本に興味を持ってくれない場合には、

図書館が開催している読み聞かせに参加してみましょう。

集団の読み聞かせに参加することで、他の子供たちに刺激されて一緒に

本を楽しみ理解しようとする積極性が生まれたという報告があります。

 

まとめ

子供が小さい頃から本を読んでいると親子の絆が深まりますし、

文字を見る機会が多いので文字を早く覚えることができます。

仕事や自分の趣味などで子供との時間をうまく持てないという方は、

1日に数十分でも良いので読み聞かせの時間を確保してください。

寝る前は必ず本を読むという習慣をつけると、生活のリズムが

整いやすくなりますし、子供は安心して眠りにつくことができます。

読み聞かせをストレスに感じながら本を読むと、子供はそれを感じて

しまいますので、忙しい時にはお父さんに読んでもらうなど

工夫してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑