カイロが本領発揮出来る場所!効果的なカイロを貼る位置とは?

公開日: 

寒い冬に、欠かせないのがカイロです。冷え性の人は、冬になるとカバンの中に

常備する人もいると思います。冷え性の人で、カイロを使用しているのに

全然効果がないって人いませんか?

もしかしたら、間違った貼り方をしているかもしれません。

カイロにも、正しい貼る場所があるってこと知っていましたか?

今回は、寒さを軽減してくれる正しいカイロの貼る位置を紹介します。

スポンサーリンク

カイロをしているのにどうして効果がないの?

日頃から、体を冷やさないよう心がけている人多いと思います。

寒くてもおしゃれは、しっかり楽しみたい人のために

まず温まらない理由を紹介します。

一番やりがちなのが、手に届く範囲内の触って冷たい場所、寒さを感じる場所、

手先、足先などに貼りたくなるのは分かりますが全く効果のない場所です。

指先などの体の部位の先の方、末端じゃ血流の悪くなっている場所なので

カイロを貼っても中々温まらない場所だったのです。

 

カイロを貼ると効果のある場所って?

カイロを、正しい位置に貼ると効果を発揮しジワジワと体は温まります。

血管が集中している場所とカイロが本領発揮してくれる場所を紹介します。

 

背中、左右の肩甲骨の下の中央部分

カイロを貼るときに少し貼るときに苦労しますが、ここはとても温まります。

冷え性だけでなく、肩こりにも効きます。

この肩甲骨の中心部分は、血管が集中する場所でもあります。

そして、心臓から来た血管が、この背中の中心部を通って、お腹の方に

流れていくため、ココが温まると、身体の中心の胃腸が温められて、

身体全体の血行がよくなってきます。

そして、人は、前面、顔側からよりも背面、背中側から冷えが始まるので、

寒さ対策にはバッチリの場所です。

肩や背中のこりもホカホカとしていて和らぎます。

また、自律神経の働きも悪くなると、心身ともに冷え切ってしまう

要因にもなります。

 

・尾てい骨の少し上の場所

椅子に座っていることが多く、運動する機会も少ないので、足元が

特に冷えてしまう要因となっています。

この尾てい骨、腰の下のコリコリと出張っている骨の近くには仙骨という

冷えに効くといわれているツボがあります。

この仙骨温めると、自律神経が活発に働きだして血行がよくなります。

足元が冷える人には特にお勧めです。靴の中敷に貼るカイロよりも効果的です。

 

・おへその5cm下

スポンサーリンク

おへその5cm下の部分を、触って冷たいと感じない人は、冷え性ではなく

健康です。ここは丹田というツボがあり、身体の幹とも言われています。

丹田を温めるともちろんお腹も温まります。精神の安定にも効くツボなので、

温めることにより気持ちも和らいできます。

また、生理痛があるときにも丹田をあたためてみてください。

ゆっくりとですが和らいできます。

 

・足首、くるぶし

足が冷える方は寝るときも辛い思いをしている人も多いとおもいます。

足が冷たいと中々寝付けずにいる人は、寝るときに、貼らないタイプの

カイロを足首に置いておくのが良いです。

足首が温まると足の指先やひざも次第にあたたまってきます。

足首には三陰交という冷えに聞くツボがあるので、このツボを温めることで

足の冷えも解消されます。足が温かくなると身体もほっとリラックスできるので

お勧めです。

 

まとめ

寒さ対策に、効果的なカイロを貼る位置と体の部位を紹介しました。

ただ、温まりたいからと貼ればいいわけではなかったのですね。

どこに、どう貼るのかちゃんとカイロが本領発揮出来るように考えて

貼ることにより心も体もホカホカになります。

血流が悪くなると思考も暗い方向になってしまいがちですが体を温めて

気持ちを整えて寒さに負けないよう元気に寒い冬を楽しく過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑