冬のお出かけが楽しくなる!本当に役立つ寒さ対策&コツ

公開日: 

冬のお出かけには寒さ対策が必要ですよね。

イルミネーションを見るときには夜に出かけるということで、

いつもの寒さ対策+αの備えが必要になります。

ということで、今回は寒さ対策&コツをご紹介します。

寒さを防げる服装やアイテム、子供の服装やアイテム、

冬のお出かけのコツをご紹介します。

スポンサーリンク

寒さを防げる服装

寒さ対策で一番はじめに思いつくものが服装です。防寒着を着るだけでも

十分に寒さを防ぐことができるのですが、電車や車などの移動の際には防寒着を

脱ぐことになります。

ですから、ただ防寒着を着れば良いというわけではありません。

そういう場合に押さえておきたいポイントが、「首がつく部分を冷やさない」

ということです。

首、手首、足首を冷やさないようにすると、血液が温められて体温を下がるのを

防ぐことができます。

首はマフラーやストール、手首は手首ウォーマーやリストバンド、

足首は長い靴下やレッグウォーマーで温めましょう。

 

次のポイントは肌着です。肌着は汗を吸って保温してくれるような

機能性インナーがお勧めです。機能性インナーだけでは寒さ対策が十分では

ないという人には、登山・釣り用のインナーがお勧めです。

本格的なアウトドア用品を取り扱っているお店の商品は価格が高めですが、

かなり機能的で数年間は使うことができます。

 

お勧めの防寒アイテム

防寒アイテムとしてお勧めなのが、貼るカイロです。寒さ対策に効果的な場所が、

丹田です。丹田はおへその5センチ下の部分です。丹田は「身体の幹」と

いわれるほど重要な場所です。丹田を貼るカイロで温めると身体全体が

温かくなります。ただし、肌に直接ホッカイロを貼らないようにしてください。

 

次にお勧めのアイテムがマスクです。マスクで鼻と口を覆うと顔中が

温かくなります。マスクをすることで風邪予防にもなるので、

ぜひマスクを活用してみてください。

 

最後にお勧めなのは手袋です。手袋は定番のアイテムですが、手袋の中でも

スマホ対応の手袋がお勧めです。スマホを使うたびに手袋を外すと手が

冷たくなってしまうので、スマホ対応の手袋を用意しましょう。

 

子供とお出かけする時の対策

子供と一緒に出かける場合は、着脱しやすい防寒アイテムを利用しましょう。

子供は大人よりも体温が高いので、すぐに汗をかいてしまいます。

脱ぎ着しやすいアイテムだと体温を調節しやすくなります。

子供用の防寒アイテムでお勧めなのが、ベスト、帽子(耳が隠れるもの)、

スポンサーリンク

手袋(ひも付き)、マフラー(ネックウォーマー)、機能性インナーです。

寒いとトイレが近くなるので、タイツを履かせているとトイレに

間に合わないことがあります。ですから、小さい子供の場合は、長ズボンや

ネックウォーマーなどを使いましょう。また、貼るカイロは低温やけどをする

危険性があるので、子供には使わないようにしてください。

 

赤ちゃんの場合にはブランケット、防寒ケープ、フットマフを使って

寒さ対策をしましょう。防寒アウター、靴下、レッグウォーマーもお勧めです。

 

まとめ

冬のお出かけは分厚いアウターで動きにくいですし、防寒アイテムで

バッグがいっぱいになってしまいます。頻繁に使うスマホやICカード、

財布やハンカチなどは取り出しやすい場所にいれておきましょう。

飲み物は身体を温めるものを用意してください。身体を温める飲み物は、

烏龍茶、プーアル茶、ほうじ茶、ごぼう茶です。夜お出かけをする際に

飲み物を持っていく場合には、ノンカフェインの飲み物にしましょう。

子供は熱い飲み物が苦手なので、子供用の飲み物を準備する際には

常温の飲み物を用意してください。ちなみに、イルミネーションは順番を

待つことがあります。寒い中順番を待っていると子供は退屈してしまいます。

退屈しのぎの小さいおもちゃや、食べ物や飲み物を用意することをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑