【冬の節約術】我慢せずに即実践できる光熱費をおさえるポイント

公開日: 

冬は暖房やオイルヒーターを使ったり、お湯を使う機会が増えるので、

電気代やガス代が上がってしまいますよね。節約をしなければいけないのは

わかっているけど、寒さを我慢するのは難しいです。

そこで今回は我慢せずに冬の光熱費を抑える方法をご紹介します!

スポンサーリンク

暖房費を抑えるコツ

冬に使う暖房ですが、意外と電気代がかかっています。

暖房を使う際の節約ポイントは3つあります。

 

まず1つ目は、自動運転にすることです。エアコンの暖房は冷えた空気を

温める時に最も電力を消費するので、頻繁にオンオフを繰り返すと余計な

電力を消費してしまいます。自動運転にしておくと、室温に合った最適な

運転をしてくれるので、無駄な電力を消費することなく適温を

維持することができるのです。

 

2つ目は、設定温度です。冬場は20℃~22℃を目安にしてください。

温度が低いのでは?と思われるかもしれませんが、

冬はこの室温がちょうど良いです。

 

3つ目はフィルターを掃除することです。フィルターを掃除することで、

消費電力を抑えることができます。フィルターの掃除は業者に頼まなくても

大丈夫です。フィルターのホコリを掃除機で吸い取ったあとに、

シャワーで洗いましょう。しっかり乾燥させれば完了です。

 

エアコン以外の暖房器具を使う

暖房といえばエアコンの暖房をイメージしますが、エアコン以外にも

暖房器具はたくさんあります。

例えば、こたつ、電気カーペット、電気ストーブ、オイルヒーターなどです。

この中で一番光熱費がかからないものがこたつです。

ちなみに一番光熱費がかかる暖房器具はオイルヒーターです。

 

エアコンの暖房と併せて、こたつや電気カーペットを使うと光熱費を

おさえることができます。また加湿器を使うと部屋の湿度が上がり、

体感温度を上げることができます。湿度が上がると、インフルエンザなどを

予防することもできるので一石二鳥です。

室温を上げるために一役買ってくれるアイテムがサーキュレーターです。

暖かい空気は床から天井へ上昇するので、サーキュレーターで空気の流れを

つくると効率よく空気を循環させることができます。

 

お金をかけずに光熱費を節約する方法

暖房器具の使用回数を減らして光熱費を節約したい方は、体温を上げましょう。

体温を上げるためにたくさん着込む必要はありません。ネックウォーマーや

レッグウォーマー、ルームソックスやスリッパを使ったり、寝るときには

湯たんぽを使ってみましょう。

スポンサーリンク

体温を上げるために、身体を温める飲み物を飲むこともおススメです。

身体を温めてくれる飲み物といえば、生姜湯、葛湯、ココアです。

スーパーで手に入りやすいものばかりですし、どれも身体に優しいので

風邪予防にも最適です。

 

冬はお風呂のお湯がすぐに冷めてしまいます。ですからお風呂のフタを

使いましょう。そして、できるだけ家族が同じタイミングでお風呂に

入るようにすると、ガス代や電気代を抑えることができます。

 

室温を維持するためには窓から入ってくる冷気をカットしましょう。

そのためには断熱シートを使ったり、厚手のカーテンがおススメです。

丈の足りていないカーテンをお使いの方は、丈を窓のサイズに合わせてください。

 

もっと節約をしたい方にオススメなのが、暖房便座のコンセントを抜くことです。

暖房便座の電気代は1ヶ月あたり約300円。

1年間に3000円ほどかかってしまいます。

暖房便座を使用しない代わりに、便座にふわふわの便座カバーをつけましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?冬はイベントごとが多く出費が増えてしまいます。

できるだけ光熱費を抑えたいという方は、今回ご紹介した節約方法を

参考にしてみてくださいね。

どれもすぐに実践できるものばかりなのでおススメです。

雪の多い地域にお住まいの方や、小さいお子さんのいるご家庭などでは

無理のない範囲で光熱費の節約を行ってください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑