日本酒の賞味期限ってあるの?余った日本酒の活用法とは?

公開日: 

美容や健康に良いといわれている日本酒。最近は日本酒を楽しむ方が

増えてきました。日本酒は美味しいから好きだけど、正直日本酒について

よく分かっていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は日本酒の賞味期限や、日本酒が余ったときの活用法を

ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日本酒の賞味期限は?

そもそも日本酒には賞味期限が存在するのでしょうか?

実は日本酒に賞味期限は記載されておらず、ほとんどが製造年月のみが

記載されています。ちなみにこの製造年月は日本酒が絞り上がった日ではなく、

瓶に詰められた日を指しています。

 

日本酒には賞味期限がありませんが、美味しく飲める期間があります。

日本酒の種類によってもその期間は変わるのですが、美味しく飲める期間は

大きく2つに分けることができます。

 

加熱処理がされている通常の日本酒の場合、製造年月+約1年間。

加熱処理がされていない生酒や生貯蔵酒の場合、製造年月+約6~7ヶ月間

(冷蔵保管)といわれています。

 

日本酒の保存方法は直射日光を避けた冷暗所です。

冷蔵庫でなくても大丈夫です。保管する際には縦置き保存がおススメです。

縦置き保存をすることで、より日本酒の味わいをキープすることができます。

 

料理の時に日本酒を使う

上記でご紹介したように日本酒は賞味期限が長いので、様々な活用を

することができます。余った日本酒の活用法を2つご紹介します。

1つ目は料理、2つ目はスキンケアです。まずは1つ目から見ていきましょう。

 

煮物やソテーのときに日本酒を使っている方が多いと思いますが、

それ以外にも日本酒は使えるんです。まずは、ご飯を炊くときです。

お米3合に日本酒大さじ2を加えて炊くと、甘くてツヤのあるご飯を

炊くことができます。

また冷ご飯をレンジで温める時に、大さじ1の日本酒をふりかけてレンジで

加熱すると、日本酒の消臭作用によって臭みのないふっくらご飯をいただけます。

 

天ぷらを作るときに衣に大さじ1杯の日本酒を混ぜて揚げると、

次の日もサクサクの美味しい天ぷらが完成します。

そして、お味噌汁を作るとき、仕上げに日本酒を大さじ1杯入れると

うまみが倍増します。

このように日本酒は様々な料理に使うことができるので、

ぜひ料理のときに使ってみてください。

 

肌や髪に日本酒を使う

日本酒にはアミノ酸、フルーツ酸、αGG、フェルラ酸など肌に良い成分が

たくさん含まれています。それではさっそく日本酒を使った化粧水の作り方を

スポンサーリンク

ご紹介します。用意するものは日本酒(約三分の一)、精製水(約三分の二)、

グリセリン(数滴)、空き容器です。日本酒は純米酒がおススメです。

 

作り方は、洗浄した空き容器に上記の割合の材料を入れるだけです。

グリセリンの代わりに精油やヒアルロン酸でもOK。

洗顔後やお風呂上がりに使うと、肌がうるおいます。

 

日本酒を浴槽に入れると全身をケアすることができます。

日本酒風呂といっても日本酒を一本全て浴槽に入れるわけではありません。

浴槽にコップ1~2杯くらいの日本酒を入れてください。

お風呂の温度が高すぎるとお酒に酔ってしまう危険性があるので、

お風呂の温度は38℃くらいに設定してください。

 

日本酒は髪に使うこともできます。日本酒洗髪の方法は簡単です。

まずはブラッシングをして髪の汚れを落としてください。

そしていつも通りシャンプーをします。すすいだら、日本酒を適量地肌に

つけて頭皮マッサージをしてください。マッサージ後はきちんとすすぎましょう。

日本酒で頭皮マッサージをすることで、フケや毛穴トラブルを解消できます。

 

まとめ

日本酒は飲むのはもちろん、料理に使っても肌や髪に使っても良い効果を

発揮してくれます。日本酒を使用する際には、最初からたくさん使うのではなく、

少しずつ使ってください。日本酒を上手に活用して、

健康で美しい生活を送りましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑