海外でも安心!外出先での離乳食にまつわる悩みと解決法

公開日: 

離乳食期は、外出先での食事をどうするか悩みますよね。

外出時でもできるだけ手作りの離乳食を食べさせたい、市販の離乳食を

外食時に食べさせる方法など、外出先で離乳食を食べさせる際に

気になること&解決法をご紹介します。

スポンサーリンク

外出先に離乳食を持っていかない場合

最近は、離乳食メニューがあるファミリーレストランが増えてきました。

中には無料で離乳食を提供してくれるお店もあります。

ただし、多くの場合、離乳食メニューは1種類、選べても数種類の中から

選ばなければいけないというケースがほとんどです。

離乳食を提供しているお店を利用する予定のある方は、事前にどのような

メニューがあるのかお店に問い合せておきましょう。

 

「外出先だといつもと雰囲気が違ってなかなか食べてくれない」、

「決まった時間に食事をあげたい」などの理由で、離乳食を外出時に

食べさせたくないという方がいらっしゃいます。

そういう場合は、外出前か外出後に離乳食を自宅で食べさせましょう。

 

食事のときにビュッフェ形式のお店を利用する方法があります。

ビュッフェ形式のお店は果物や温野菜、おかゆやうどんを提供している

お店があります。このようなお店を利用する場合は離乳食を持って

いかなくても大丈夫です。赤ちゃんが気に入る食べ物がない場合がありますので、

そのようなときにはミルクや授乳を食事の代わりにしましょう。

 

外出先に離乳食を持って行く場合

手作りの離乳食を持って行く際に気をつけることは、熱を覚ましてから容器に

詰めることです。寒い時期は比較的安心ですが、夏場や梅雨の時期は

食品が傷みやすいので、手作りの離乳食を持って行くときには注意しましょう。

 

市販の離乳食を持っていく際に気をつけることは、赤ちゃんの好きな離乳食を

持っていくということです。いつもと違う場所で食事をすることは、

赤ちゃんにとってはストレスになる場合も。

赤ちゃんが好きな離乳食を与えると、赤ちゃんの食事時のストレスを

緩和させることができます。

 

離乳食を持って行くときに用意したいものは、離乳食(手作りor市販品)、

スプーンやフォーク(予備を1セットずつ)、ナイロン袋2枚、

ウェットティッシュ、アルコール消毒ジェル、スタイ、着替え、

ミルク・お湯・授乳用ケープです。

 

海外で離乳食をあげる場合

国内の場合、ドラッグストアやスーパーなどで簡単に購入できる離乳食ですが、

海外旅行の場合にはどうすれば良いのでしょうか。海外に市販の離乳食を

持っていく際に注意しなければいけないことがあるのでご紹介します。

スポンサーリンク

例えば、人気リゾート地のハワイの場合、肉類(牛肉、豚肉、鶏肉、その他)

およびその加工品(エキス使用もNG)、乳製品、卵製品、生の果物、野菜、

精米済みの生米は持ち込みが禁止されています。

 

普段食べ慣れている市販の離乳食をハワイへ持っていく場合には、

魚介系や大豆系の離乳食ならOKです。チキンエキスが使われているものは

NGですのでご注意ください。ちなみに粉ミルクは、未開封の物なら

持ち込み可能です。

 

ハワイのスーパーなどでも離乳食を購入できますので、あまり原料に

こだわらないという方はそちらを利用する方法もあります。

果物、野菜、米は普通に購入できるので、キッチン付きのコンドミニアムに

宿泊すると、いつもの離乳食を現地で作ることができます。

 

ところで、ハワイへ向かう飛行機の中であれば、肉入りの離乳食を食べても

大丈夫です。ですから、肉入りの離乳食を持ってきてしまった!という場合には

機内で食べさせてあげてください。そして、きちんと税関申告書には

離乳食(ベビーフード)の持ち込みがあることを申告しましょう。

 

まとめ

離乳食期はいろいろな面で気を使わなければいけないので大変ですよね。

ですが、離乳食機は限られているので、前向きに乗り切りましょう。

また、外出時は持ち物が多くなりますので、すべての準備を完璧に

しようとせずに、パパに準備を手伝ってもらうなど協力してもらいましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑