インフルエンザ発熱中&解熱後の子供の食事・入浴の方法

公開日: 

寒くなるとインフルエンザのシーズンが始まります。インフルエンザは

普通の風邪とは違い、高熱、頭痛、関節痛など全身の症状が強くあらわれます。

特に幼児や赤ちゃんは重症化しやすくなるので、注意しなければいけません。

 

赤ちゃんや乳幼児がインフルエンザにかかってしまった場合、

どのようにケアをすれば良いのでしょうか?

また、解熱後の症状の見極め方や食事やお風呂についてもご説明します。

スポンサーリンク

子供がインフルエンザにかかったらどうする?

インフルエンザにかかってしまった場合は、どのようなことに

気をつけたらよいのでしょうか?子供がインフルエンザにかかってしまったら、

速やかに病院へ行きましょう。自宅では水分補給を心がけてください。

高熱が出ているからといってすぐに解熱剤を使用することはやめましょう。

また、解熱剤は指示された量と時間間隔を守って飲ませてください。

 

子供はインフルエンザにかかっても元気な場合があります。

元気であっても自宅で安静に過ごすようにしましょう。

逆に発症から2~3日経っても熱が下がらなかったり、症状がひどくなる場合には

合併症を引き起こしている可能性があるので再度病院を受診してください。

 

解熱後の食事はどうする?

解熱後の症状の見極め方についてお話します。インフルエンザは風邪よりも

つらい症状が続きます。38℃以上の高熱が4日ほど続いたあとに、

熱が徐々に下がってきます。熱が下がったからといって、

インフルエンザウイルスが体外に排出されたわけではありません。

 

インフルエンザの完治は、乳幼児の場合は熱が下がってから4~5日後です。

これは熱が下がってからの日数なのでご注意ください。

 

熱が下がっても体力はまだ回復していません。ですから消耗した

ビタミン類・ミネラルの補給ができる食事がオススメです。

また良質のタンパク質や緑黄色野菜も積極的に摂るようにしましょう。

 

オススメの料理や蒸し野菜、野菜スープ、鍋です。

特にオススメなのがおかゆです。おかゆでオススメの具材が卵としらすです。

たまごは必須アミノ酸がバランスよく含まれており、しらすはタンパク質が

豊富な上に低脂肪。お米は普段より柔らかめにしてください。

インフルエンザで吐き気や下痢などの消化器症状がある場合には、

どのような食事を与えれば良いのでしょうか?吐き気などで食事がとれないと

胃が空っぽなので、胃に負担をかけないようなものにしてください。

例えば、おかゆ、煮込みうどん、味噌汁、豆腐、りんご、ヨーグルトなどです。

スポンサーリンク

 

インフルエンザにかかっている間のお風呂はどうする?

インフルエンザにかかっているときはお風呂はどうすれば良いのでしょうか?

発熱中は体力が著しく低下しているのでお風呂は避けましょう。

汗は温めたタオルで拭いてあげてください。解熱後は、お風呂に入れても

構いません。ですが、お風呂は体力を使うので、お風呂に入る時間は

短くしましょう。

 

小さい子供の場合、微熱の状態でもフラフラすることがありますので、

お風呂のときは目を離さないようにしてください。

お風呂から上がったら体が冷えないように、すぐにパジャマに着替えさせて、

髪を乾かしてあげましょう。そして、水分補給も行ってください。

 

まとめ

子供がインフルエンザにかかると、症状が悪化しないか心配になりますよね。

過度な心配は子供を不安にさせてしまうので、落ち着いて行動することを

心がけてください。夜間や休日に診療をしている病院を調べておくと安心です。

 

インフルエンザは感染力が強いので、子供の世話をしているといつの間にか

自分が感染しているというケースもよくあります。子供の世話をしながら

自分のケアをするのは難しいですが、感染しないように同じタオルを使うのを

避けたり、嘔吐物の処理を適切に行いましょう。

そして、免疫力が落ちないように栄養もきちんと摂ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑