悪酔いを効果的に防ぐ!お酒を飲む前に摂りたい食べ物!

公開日: 

冬はお酒を飲む機会が増えますが、悪酔いだけは避けたいですよね。

若い頃は悪酔いしなかったけど、最近はお酒に弱くなってしまって・・

という方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は忘年会などで悪酔いしないために、飲む前に食べて

おきたいものについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お酒を飲む前に摂っておくと良い成分とは?

お酒を飲む前の予防は非常に大事です。ポイントはアルコールの吸収速度。

アルコールが急速に体内に入ると、血中アルコール濃度のピークが

早くなってしまいます。空腹時は胃腸からより多くのアルコールがより

早く吸収されます。その結果、気分が悪くなったり、

二日酔いが起きやすくなるのです。

 

空腹を避けるだけでも悪酔いを避けることができますが、より確実に

悪酔いを防止させるためのものが脂肪です。脂肪は悪いイメージしか

ありませんが、どうして脂肪を摂ることで悪酔いを防止することが

できるのでしょうか。

 

脂肪は胃の中でほとんど消化吸収されません。そして他の食品を比べても

吸収されるのに長い時間が必要になります。この作用のおかげで、

アルコールの胃の吸収を大幅にカットすることができるのです。

 

お酒を飲む前に脂肪を摂るという習慣は、海外では一般的です。

例えば地中海では飲酒前にオリーブオイルをスプーン一杯飲み、

ロシアでは飲酒前にバターを食べます。

 

お酒を飲む前に食べたい食べ物

居酒屋のメニューにある中で脂肪分を摂れるメニューがあるのでご紹介します。

まずはサラダです。サラダはノンオイルやヘルシーな青じそドレッシング

ではなく、マヨネーズやフレンチドレッシングなどがかかっている

サラダが良いです。

また、ナッツなどがトッピングされているとより良いです。

 

ポテトサラダ、マカロニサラダ、魚のカルパッチョもオススメです。

空腹時には胃に負担がかかりますが、ポテトや唐揚げなどの揚げ料理も

オススメです。チーズは乳脂肪分を含んでいるので、

チーズを食べるのも良いですよ。

 

ところで、居酒屋のお通しメニューでキャベツが出されることがありますよね。

キャベツに含まれているビタミンUには、胃の粘膜表層のムチンを増やす

作用があります。粘膜保護効果によって、アルコールの刺激から胃を

守ってくれるのでキャベツもオススメです。キャベツ以外にビタミンUを含む、

ブロッコリー、アスパラも同様の効果があります。ムチンそのものを

多く含む山芋やオクラも、胃を保護してくれます。

スポンサーリンク

 

お酒を飲む前におつまみを食べられない場合

忘年会などみんなでお酒を飲むシーンで、飲む前におつまみ類に手を

出せないということがあると思います。そういう方にオススメなのがサプリです。

二日酔い予防に効果のあるサプリがオルニチンやセサミンのサプリです。

オルニチンもセサミンも肝臓の作用を高めてくれる成分が豊富に入っています。

サプリならば場所を選ばずに、サッと飲むことができるので便利です。

 

また、コンビニで手軽に買えるものといえばナッツ類。

ナッツ類は脂肪分が多くてアルコールの吸収を抑えてくれるので、

会場に行く前にコンビニなどでナッツを購入し、おやつ感覚で食べておくと、

悪酔いを予防することができます。

 

まとめ

いかがでしたか?お酒を飲む前に食べておくと、悪酔いを防ぐことができる

食べ物って結構あるんですよね。お酒を飲む前にそれらの食べ物を食べると

同時に、お酒を飲みながらお酒と同量程度の水を飲むことでも悪酔いを

防ぐことができます。併せて実践してみてくださいね。

 

そして、お酒を飲んだあとは体内の水分維持効果がある電解質を含んでいる

飲料を飲むようにしましょう。これはイオン飲料と呼ばれるものです。

ただの水を飲むよりも二日酔い予防に効果的です。

 

年々お酒に弱くなってきたという方、体に負担をかけたくないという方は

ご紹介した悪酔い防止法をぜひお試しください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑