【香りすぎ】健康を脅かす柔軟剤によるアレルギー&対策法

公開日: 

現代社会はニオイにとても敏感です。スメハラという言葉がよく使われたり、

デオドラント商品やボディクリームなど良い香りがする商品が飛ぶように

売れています。

 

そんな昨今、話題になっているものが柔軟剤です。柔軟剤は衣類をやわらかく

仕上げたり、いい香りをつけたり、消臭できるものです。

香りへこだわる方が増えたこともあり、香り重視の柔軟剤が多く

販売されています。良い香りのする衣類を着ると気分が上がりますが、

柔軟剤を使うことで起こる体のトラブルに悩まされている方もいるようです。

 

柔軟剤を使うことで起こるトラブル、それはアレルギーです。

アレルギーには様々なものがありますが、柔軟剤にもアレルギーはあるのです。

柔軟剤のアレルギーについて詳しくみていきましょう!

 

アレルギーで皮膚トラブルが起きる

柔軟剤にはいろいろな成分が含まれていますが、アレルギーに関係のある成分と

いわれているものが「陽イオン系合成界面活性剤」です。

陽イオン系合成界面活性剤の主な成分は、塩化アルキルトリメチルアンモニウム、

塩化ジアルキルジメチルアンモニウムです。これらの成分は衣類を柔らかく

仕上げる成分なので、柔軟剤には不可欠な成分です。

 

しかし、これらの成分は皮膚や粘膜にトラブルを起こす成分。皮膚が弱い方は

避けたほうが良い成分なのです。

 

皮膚が弱い方やアトピー体質の方がこのような成分が入った柔軟剤を使用すると、

皮膚炎やアレルギーを発症してしまう可能性が高くなります。

具体的に症状を挙げると、皮膚の柔らかい部分が赤くなり、ピリピリした

痛みなどです。

 

香りによるアレルギーにも注意!

柔軟剤のアレルギーはほかにもあります。それは柔軟剤の香りです。

柔軟剤を使って洗濯をした衣類に残る柔軟剤などの化学物質が、

めまいや頭痛を引き起こしてしまいます。

このような症状を「化学物質過敏症」といいます。化学物質過敏症は特定の方

が発症するのではなく、誰にでも発症する可能性があります。

 

化学物質過敏症は、柔軟剤のような化学的に作られた香りが原因で

引き起こされます。嗅覚は命を守るための感覚ですが、その感覚が危険と

判断する香料に耐えることで体がパニックを起こす状態が価格過敏症です。

 

柔軟剤を入れて洗ったタオルで顔を拭くと咳が止まらない、隣の家の洗濯物の

においがきつくて頭痛や吐き気がする、室内干しをすると咳が出たり倦怠感が

出るなどの症状がある方は、化学物質過敏症の可能性が高いです。

スポンサーリンク

 

香りのアレルギーはあまり知られていないので、症状が出ても他の病気を

疑ったり、疲れているのかな?と見過ごしがちです。

ですので、自分の体調や家族の体調に変化がある場合には注意してみましょう。

 

柔軟剤によるアレルギーを防ぐ方法

柔軟剤によるアレルギーを防ぐ方法をいくつかご紹介します。一番良いのは

柔軟剤を使用しないことです。柔軟剤を使用せずに、無添加の洗濯洗剤を

使用すると症状を改善することができます。

 

柔軟剤を使用したいという方は、無添加の柔軟剤を使用するようにしましょう。

無添加の柔軟剤は商品数が少ないですが、ネットで探してみると簡単に

見つけることができます。その際には口コミを参考にすると良いでしょう。

 

まとめ

柔軟剤を香水替わりに使っているという方もおり、必要以上の量の柔軟剤を

使用している方もいらっしゃいます。たくさんの柔軟剤を使えば肌や鼻から

吸収する化学物質の量も増えてしまうので、健康のためにも規定量を

守るようにしましょう。

 

そして、柔軟剤は自分だけではなく家族や隣人の健康にも影響を及ぼして

しまいます。普段柔軟剤を多く使用しているという方は、自分が気づかないうちに

周りに迷惑をかけているかもしれません。柔軟剤と健康について考えてみると

良いでしょう。

また、すでに柔軟剤で皮膚や鼻が敏感になったという方は、早めに病院を

受診することをオススメします。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑