【これで解決!】冷凍したお肉の賞味期限&冷凍保存の方法

公開日: 

お肉は賞味期限が短いので、ほとんどの方が冷凍保存をしていると思います。

冷凍をするとすぐに使わなくても大丈夫という安心感がありますが、

冷凍したお肉の賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

実は、冷凍したお肉は保存方法や種類・形状によって賞味期限が異なります。

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

賞味期限をのばすお肉の保存方法

スーパーなどでお肉を買ってきて、とりあえずパックごと冷凍庫に入れている

という方が多いと思いますが、これはNGです。お肉を冷凍するときの最大の

ポイントは、空気に触れさせないということです。パックのまま冷凍庫に

入れてしまうと、お肉と空気が触れる面積が多くなるので劣化が早くなります。

 

お肉を冷凍するときにはお肉を小分けにして、ラップで包みます。

そして保存袋に入れて冷凍してください。この時に冷凍した日付を書いて

おくと良いでしょう。お肉なら何でも冷凍保存できます。

豚肉、牛肉、鶏肉、ハムやソーセージなども冷凍保存できます。

 

パーティー用やお客様用のお肉を冷凍したい方は、お肉を冷凍保存する前に

ひと手間加えましょう。お肉をラップで包む前に、クッキングペーパーで

お肉の水分を拭いてください。その後は先程紹介したようにラップ→保存袋で

保存しましょう。

 

クッキングペーパーでお肉を水分を拭き取ることで、臭みを取ることができます。

このひと手間が美味しさを左右するので、美味しいお肉を冷凍するときには

試してみてくださいね。

ちなみに、一度冷凍したお肉を再冷凍すると品質が落ちてしまうので、

一度解凍させたお肉は使い切るようにしましょう。

 

お肉の種類や形状によって変わる賞味期限

お肉の種類や形状によっても賞味期限が異なるのですが、先程も述べたように

お肉は空気に触れることで傷んでしまいます。

酸化が進む(傷みやすい)順番は、ひき肉、薄切り肉、ブロック肉、厚切り肉、

かたまり肉になります。

 

また、お肉の種類によって水分量が異なるので、水分が多いと当然早く

傷みやすくなります。水分量が多い順番は、鶏肉、豚肉、牛肉です。

ですから鶏肉が一番早く傷むということになります。

 

冷凍肉の賞味期限は?

冷凍したお肉の賞味期限は2週間~1ヶ月です。上で述べたように保存状態や

肉の種類・状態によって異なります。当然、保存状態が良ければ冷凍保存して

1ヶ月経っても美味しく食べることができます。

 

お肉の種類や状態による賞味期限は以下の通りです。参考にしてみてくださいね。

 

鶏肉の賞味期限

・ひき肉 1~2週間

・胸肉、もも肉、ささみ 2~3週間

・かたまり肉 3~4週間

 

豚肉の賞味期限

・ひき肉 2週間

スポンサーリンク

・薄切り肉、ブロック肉 2~3週間

・ステーキ肉 3週間

・かたまり肉 4週間

 

牛肉の賞味期限

・ひき肉 2~3週間

・薄切り肉、ステーキ肉、ブロック肉 3週間

・かたまり肉 4週間

 

変色した冷凍肉は食べられる!?

ところで、いつ冷凍したのかわからないお肉、食べていいのか気になりますよね。

そのような場合にはお肉の色を見てみましょう。お肉を冷凍して2ヶ月ほど経つと、

お肉が黒っぽく変色する場合があります。これはカビではありません。

お肉が酸化すると茶色や黒っぽく変色してしまうのです。

このように変色していても火を通せば食べられます。

 

注意していただいたいのは、緑色に変色している場合です。茶色や黒っぽい色が

さらに悪化すると緑色になるのですが、これは腐った状態です。

焼いても食べることができないのですぐに廃棄してください。

また、色で判別しづらい場合には、ニオイを嗅いでみてください。

異臭を放っている場合も捨ててください。

 

まとめ

冷凍したお肉は使いやすいので重宝しますが、賞味期限をもう少し伸ばしたい

という場合もありますよね。そんなときにオススメなのが加熱調理です。

お肉を加熱するとほとんどの細菌が死滅します。ですから、冷凍保存する際の

賞味期限が伸びるのです。加熱調理すると、生肉の保存期間+1~2週間程度

長く冷凍保存できます。

 

加熱調理する時間がない方は、お肉に下味をつけるだけでもOK。

お肉に下味をつけることで、細菌繁殖と乾燥を防ぐことができます。

 

ご紹介した点を押さえて、お肉を冷凍保存してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑