ポイントを押さえれば簡単!冷蔵庫の収納整理&掃除方法

公開日: 

冷蔵庫、きちんと整理整頓できていますか?

冷蔵庫の中ってごちゃごちゃしがちですよね。冷蔵庫は食品を保存する

場所なので、常に清潔にしていたいものです。

そこで今回は、冷蔵庫の収納整理&掃除方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

冷蔵庫の収納・整理方法

まずは冷蔵庫の収納・整理から見ていきましょう。冷蔵庫収納のポイントは、

どこに何があるのかわかりやすく取り出しやすいことです。

 

冷蔵庫はスペースが広いですし、冷蔵庫の中で食品を動かしやすいので、

「食品がどこにあるのかわからなくなる→冷蔵庫内で探す→

冷蔵庫内がごちゃごちゃなる」という悪循環に陥りやすくなります。

 

そこで、利用したいものが透明トレイやタッパーや取っ手付きバスケットです。

これらのアイテムは100円ショップなどで手に入ります。

色を統一すると見た目がキレイです。

 

トレイなどにはラベルを貼り、中身が何なのかわかるようにしておきましょう。

食品は立てて収納すると、すぐに探しているものを見つけることができます。

立てて収納するときには仕切り板を使うと、キレイに収納できます。

 

冷蔵庫の扉部分には、ボトルなど立てて収納するものを入れるスペースに

なっています。このスペースがごちゃごちゃなってしまう原因が、

チューブ類です。チューブ類はクリップを使って吊り下げるように収納すると、

整理しやすいですし取り出しやすくなります。

 

子供がよく取り出す、お菓子やアイスは探しやすい場所に置いたり、

取り出しやすい入れ物に入れましょう。あまり使わない食品は冷蔵庫の

上の方に保存すると良いです。

 

冷凍庫や野菜室もトレイやバスケットを使って収納しましょう。

保存容器の大きさを揃えると、取り出しやすく見た目もスッキリします。

 

冷蔵庫の掃除方法

続いて、冷蔵庫の掃除方法についてご紹介します。

冷蔵庫の掃除をするタイミングは食品が少ない時です。

買物を週に1度まとめて行う方は、冷蔵庫に入っている食品類が少ない時に

掃除しましょう。庫内の食品を移動させる手間が少なくなるので、

楽に掃除できます。

 

冷蔵庫の掃除をする際に用意するものは、クロス、重曹スプレー

(水200ml、重曹小さじ1)、アルコールスプレー、使い古した歯ブラシです。

 

まずは庫内の食品をクーラーボックスに移動させます。クーラーボックスが

ない場合には発泡スチロールやダンボール、そして保冷剤を利用してください。

庫内の食品を移動し終わったら冷蔵庫の電源を切りましょう。

スポンサーリンク

 

電源が入ったまま掃除をすると電気代が高くなってしまいますし、

冷蔵庫が冷えている状態だと汚れも落ちにくくなります。

 

庫内の食品を出したら重曹水を庫内全体にスプレーします。

しばらく放置したあとにクロスで汚れを拭き取ってください。

その後、アルコールスプレーで除菌をしてください。汚れが落ちにくい場所は

歯ブラシでこすって、汚れを落としましょう。

 

卵ケースやドアポケットは取り外して掃除すると、細かい所まで

キレイになります。最後に、食品を庫内に戻せば掃除完了です。

 

氷フィルターの掃除

掃除が難しい場所が氷フィルターです。給水タンクをチェックしてみてください。

黒いカビが生えていないでしょうか。ニオイのする氷ができるという方は、

給水タンクにカビが生えている可能性が高いです。

 

氷フィルターの交換方法はメーカーによって違うので、冷蔵庫の取扱説明書を

確認してください。取扱説明書をなくしてしまったという方は、インターネットで

冷蔵庫のメーカーと型番を検索すると、説明書を見ることが出来る

場合があります。

 

まとめ

冷蔵庫の掃除は大変ですが、冷蔵庫を掃除すると庫内を整理整頓できて電気代が

安くなることがありますし、何より使いやすくなるというメリットがあります。

定期的に掃除をするとキレイな状態をキープできるので、

こまめに掃除することをオススメします。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑