お歳暮ハムを最大限活用できる簡単&絶品レシピ・アレンジ法

公開日: 

お歳暮でハムをいただくことがあります。ハムはいろいろな料理に使うことが

できるので、ハムを使ったレシピで悩むことはあまりありません。

しかし、せっかくいただいた上質なハム、せっかくなら美味しく頂きたい

ですよね。そこで今回は美味しいハムをより美味しくいただけるアレンジ法や

簡単レシピをご紹介したいと思います。

 

ハムの美味しさを活かすシンプルレシピ

お歳暮でいただくハムといえばステーキハム。ステーキハムや厚切りハムは

ハムの旨みを味わいやすいので、シンプルな味付けがオススメです。

例えば、塩コショウやマジックソルトでソテーするだけでもご馳走が完成します。

 

素材の美味しさを活かしつつ味わいに変化をつけたいなら、ソースを工夫して

みましょう。一番簡単な方法はこだわりのドレッシングです。最近はサラダ食が

流行っていることもあり、いろんな風味のドレッシングが販売されています。

 

ハムは脂っこいのでこってり系のドレッシングよりも、柑橘風味やハーブの

風味が感じられるものがオススメです。自分で手作りするのも良いですね。

ハムに合うソースがバルサミコソース。バルサミコソースの作り方は

こちらのサイトを参考にしてください。

 

厚切りハムをそのまま切って、サラダに入れたりサンドウィッチに入れると

簡単だけど本格的な見た目の料理を完成させることができます。

ゴージャスなのでSNS映えします。

 

ハムを使った食べごたえのある料理

次にご紹介するのは、分厚いハムを使った食べごたえのある料理です。

ハムを使った料理といえばパスタ。カルボナーラやナポリタンに分厚い

ハムを使うと、味わいやボリュームが格段にアップします。

子供も男性も大満足のメニューなのでぜひお試しください。

 

分厚いハムを活かせる料理といえばハムカツです。ハムに切り込みを入れて

そこにチーズを挟んで油で揚げると、ボリューミーなハムチーズサンドフライが

完成します。メイン料理になりづらいハムカツも、これならメイン料理として

使えます。

 

ハムは和食にも合います。肉じゃがの肉をハムに変えてみましょう。

だしや醤油がハムに染み込んでとても美味しいです。ご飯にも合います。

 

最後に紹介するのはポトフです。厚切りハムの旨みがスープ全体に広がるので、

野菜嫌いなお子さんも野菜をパクパク食べてくれます。ポトフの素を

買ってきても良いですし、コンソメベースのスープにお好みの野菜と

ハムを入れるだけでもOKです。

スポンサーリンク

 

ハムの中華風アレンジ法

ハムはシンプルなので中華料理にも合います。一番のオススメはチャーハンです。

チャーハンはご飯、ハム、ネギ、卵、ごま油、塩コショウがあればすぐに

出来ます。ありあわせの材料でもハムの旨みで、本格的な味わいのチャーハンを

作ることができます。冷凍保存できるのでストック料理にもオススメです。

 

また、中華風炒め物にもハムは合います。例えば、青梗菜とハムをごま油で

炒めるだけで、簡単中華風炒めの完成です。味付けは塩コショウだけで

大丈夫ですので、凝った料理が苦手な方にもオススメです。

 

最後にオススメなのがバンバンジーです。バンバンジーは鶏肉を使いますが、

ハムを使ってアレンジすることができます。ハムと野菜を細長く切って、

バンバンジーのたれをかければ完成です。

 

まとめ

ご紹介したようにハムは様々な使い道があります。シンプルな味わいなので、

洋食以外にも和食や中華アレンジもしやすいです。お歳暮でいただくハムは

上質で旨みもたっぷり!いつもの料理に使うだけで美味しさがアップしますよ。

見た目が豪華なので年末のパーティーメニューにもピッタリです。

 

料理が苦手という方はステーキが一番簡単です!シンプルだけどハムの

美味しさを一番楽しめます。お歳暮で余りがちなハムですが、美味しいうちに

いろんな料理に使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑