手作りレッスンバッグのお悩み、解決いたします!

公開日: 

皆さんのお宅にはレッスンバッグはありますか?

幼稚園や保育園の新学期が始まるこの時期、園から手作りを指定されて

お困りのお母さんへ、レッスンバッグ作りにまつわる色々を

お伝えしたいと思います。

レッスンバッグを作ることになったら、まずは必要な材料を揃えます。

生地と持ち手用テープ、レッスンバッグ作りに必要なものはこれだけです。

これなら裁縫初心者のお母さんにも挑戦しやすいですね。

 

レッスンバッグにおすすめの生地とは?

レッスンバッグはしっかり作れば何年も使えます。

是非丈夫な生地を選んで作ってみて下さい。

おすすめの生地は、キルティング、オックス、11号帆布などです。

キルティングは軽くて丈夫な生地ですので、レッスンバッグの他にも

上履き入れや防災頭巾カバーなどにおすすめです。

既製品のレッスンバッグにもキルティングが多く使われています。

ただキルティングは生地自体に厚みがあるため、レッスンバッグを

畳んだ時に分厚くなってしまいがちです。そのため園によっては、

キルティングは避けて下さいと言われることもあります。

キルティングよりも薄手の生地でレッスンバッグに向いているのが、

オックスや11号帆布です。オックスはしわになりにくいので、

お弁当袋やエプロン、ランチョンマット、クッションカバーなどにも

使われています。手芸屋さんの入園グッズ手作りコーナーでは

定番の生地になります。11号帆布はオックスより厚手の生地で、

トートバッグやリュックサックなどに使われています。

生地自体が厚く硬めなので、しっかりとした仕上がりになります。

家庭用ミシンで縫えますが、針は厚地用に変えることをお勧めします。

私は一度ミシンの針を変えるのが面倒で普通地用の針のまま縫ったのですが、

布が何枚か重なっている所で見事にボキッと針が折れました。

ミシンが壊れなかったのが不幸中の幸いです。

皆さんは是非針を変えてから縫い始めて下さいね。

 

レッスンバッグで人気なのはどんな柄?

お店には様々な柄の布が売っています。レッスンバッグ向きの生地の中では、

キルティングとオックスに豊富な色柄の商品があります。キャラクター物や動物、

乗り物、花柄や水玉、リボンなど子供の好きな柄がたくさん売っているので、

是非お子さんと一緒に好きな柄を選んでみて下さい。

11号帆布にも柄物はありますが、よくある街の手芸屋さんなどでは

取り扱いの種類が少ないかと思います。

そんな時は、内側に柄物の薄い布を使ってもおしゃれになりますね。

生地選びのお悩みで多いのが、子供とお母さんの好みが合わないということです。

子供達には戦隊ヒーローや流行りのアニメ柄が人気ですが、

せっかく作ったバッグ、何年か使ってほしいお母さんとしては、

流行り廃りの激しい柄は遠慮したいものです。我が家では

戦隊ヒーローが大好きな息子と、シンプルに長く持てるように作りたい私、

双方の希望を叶えるため最終的にリバーシブルにしました。

外は息子の好きなヒーロー、内布は私の選んだボーダーで作成し、

最初はヒーローを外側にして使い、翌年はひっくり返してボーダー地を

外側にして使わせています。

息子に選ばせたワッペンを縫い付けたので、新しいバッグだ!

と喜んで使っています。

 

レッスンバッグ作り、丈夫に縫うコツは?

子供が使う物なので汚して頻繁に洗濯したり、引きずって歩いたり、

丈夫に作っておきたいですよね。

裏地なしの1枚で作る場合は、布の端がほつれてこない様に

しっかり処理をしましょう。

ミシンであればジグザグ縫いが一般的ですが、私はジグザグ縫いが苦手で

時々縫い目が波打ってしまったり、生地が引きつってしまったりします。

私のようにジグザグ縫いが苦手な人におすすめなのが「折り伏せ縫い」と

呼ばれる縫い方です。1枚の布の端を、もう1枚の布でくるんで縫う方法で、

布端が外に出ないのでほつれにくく、洗濯にも強い縫い方になります。

スポンサーリンク

ネットで「折り伏せ縫い」と検索すると写真付きの手順がたくさん

紹介されているので、ぜひ挑戦してみて下さい。それも難しそうという人は、

折り伏せ縫いと同じように布を折り、縫う代わりに布専用ボンドで

とめる手もありますよ。また、裏布をつけて2枚仕立てで作るのも

おすすめです。こちらは縫い目がほとんど外に出ないので、多少ミシンが

曲がってしまっても隠せます。2枚仕立てにする場合は、

外側の表布にはオックス、内布にはオックスかそれよりも薄い

シーチングやブロードがおすすめです。

丈夫に、汚れに強く、という点ではバッグの下側を別の生地で

切り替えるのもおすすめです。たとえば淡いピンクや水色、

そして白など絶対汚れる!という生地をお子さんが気に入ってしまった時には、

下側をデニムや濃い色の生地で切り替えるとだいぶ汚れが目立たなくなります。

お友達のお子さんで、それじゃかわいくないから嫌だ、という子がいましたが、

派手な色の水玉模様を切り替えに使ったところ、これならかわいいと

気に入ってくれたので女の子にはおすすめの作戦です。

 

持ち手の長さはどれくらい?

レッスンバッグの大きさで既製品などに多いのは、

縦30センチ、横40センチのサイズです。

園で決められたサイズが無ければ、この大きさで作りましょう。

袋部分を縫い終わり、あとは持ち手をつければ出来上がり

という時になって迷うのが、その長さではないでしょうか?

既製品では32~33センチ程度のものが多いですが、

これでは引きずってしまう子も多いです。

せっかく手作りするのですから、自分のお子さんに合わせた

長さで作ってあげたいですよね。

ここでお子さんに合わせた長さの決め方をご紹介します。

持ち手テープは余裕をもって1本あたり40センチ用意します。

バッグの袋部分と同じ大きさに切った紙に、持ち手を小さめのクリップで

固定します。無ければ洗濯ばさみでも大丈夫ですが、

待ち針は危ないのでやめましょう。それをお子さんに持たせてみて下さい。

持ち方もその子によって肘まで通したり、手首に引っ掛けるように

持ったり、色々です。お子さんの持ち方で引きずらない長さになるまで、

何度か試して長さを決めます。

どうしても肘や肩まで通したがるお子さんの場合は、

冬の上着を着るようになっても手が通るよう大きめに

してあげるといいですよ。

 

まとめ

レッスンバッグ作り、普段ミシンなんて使わないというお母さんにとっては、

ちょっと面倒だったり既製品ですませたくなったりしますよね。

ですが頑張って作れば必ずお子さんの笑顔が待っています。

どの布にしようか、何色の取っ手をつけようか、ワッペンもつけちゃおう、

などなど是非お子さんと楽しく相談しながら作ってみて下さい。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑