小学生に勉強の習慣をつけさせるためにはどうしたらいいの?

公開日: 

お子さんに勉強の習慣をつけてもらうにはどうしたらいいか、

お悩みありませんか?

勉強の習慣は小学校の学年が変わった4月に親子で約束事をすると

いうのがポイントです。

学年が上がるという事は子どもにとって大きなライフイベントです。

でも最初は、ゲーム感覚で勉強に取り組むのがいいと思います。

 

お子さんと相談して目標を設定する

学年が上がってやる気モードの時に、2年生になったから、

これは出来るよね?と相談しながらお子さんと決めましょう。

夏休みまでに、この問題集を終わらせるなど、目標を設定し、

目に見えて減っていくのを実感できるとやる気につながります。

そして、出来たら親が「あなたがやって嬉しい!」という事を

素直に伝える事がポイントになります。私は、世の子供たちに、

「人が喜ぶから、ちょっとめんどくさくても、これをしよう。」という

大人になって欲しいと思っています。

報酬云々よりも、人の為に何かをすることは素晴らしいという

気持ちを持っていると魅力的だという事も言葉で伝えます。

これは小さい時に育んでおくと良い気持ちですね。

また、勉強だけでなく、掃除や料理の手伝いなども習慣化するように

心がけると良いですね。

勉強とは違いますが、教育の目標は自立です。

勉強だけで、家事が出来ないと問題が出てきます。

就職や、進学で親元から離れた時に自分の事は自分で出来る子に

どの子も育ってほしいなと思います。

 

学童の利用

例えば、勉強の習慣で、我が家で約束事をしたのは、小学校一年生の時に、

学校から帰ったらすぐに宿題をやることです。

これは、小学校低学年で身に着けて欲しい課題ですね。

低学年では、地域の学童に行く子もいると思います。

我が子は、学童で終わらせる方法を取りました。

自分だけではなく、

他の子も頑張っている姿を見て、「やらなくてはいけないのだな。」

と実感したようです。学童にもよるのでしょうが、自分の子供が

行っている学童では、先生が宿題の面倒を見てくれました。

丸付けとかではなく、学童についたら、宿題は?と声をかけてくれる

というシンプルなものです。中には、公文の宿題もやる子もいました。

学童で遊びばかりになってしまうかと心配しましたが、意外とメリハリを

つけて充実した時間を過ごしているなと感じました。

地域の学童は、親が働いているいないに関わらず、誰でも

利用できますので、調べて行っているのも手だと思います。

スポンサーリンク

親でなく、第三者の大人からの力を借りるのがいかに重要か

痛感しました。

(本当に声を掛けるだけでも子供ながらに色々考えていると実感しました。)

 

スタンプやシールなどのご褒美作戦

そして、毎日我が家では小さな手帳に出来たらスタンプを押していく

という方法を取りました。10個たまったらシールも貼ります。

そのシールが10個たまれば文房具(100円程度)を買うという

ルールを作りました。たまに学校からの宿題がない日などは、

母親からのプリントも宿題にしました。母からのプリント(市販品)

一枚ごとにもスタンプ一個が適用されます。

これは、達成感につながりやる気につながります。

中学生以降になると自分で目標をたて、それに向かい自分で

努力しなければなりません。手帳の工夫も後々必要になってきます。

また、やったことを書き留める習慣は大人になっても役立ちますので、

小さいうちに習慣化すれば当たり前となり、将来楽になります。

 

まとめ

このように、親も少しめんどくさいですが工夫をすること、

また声をかけることで子供の勉強の習慣化につながるので、

気軽に試してください。

初めの一週間は慣れるのに大変ですが、生活習慣の一部として

習慣化すれば、慣れていきます。是非実践してくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑