子供に習い事させたい!!今人気の習い事にせまる!

公開日: 

お子さんに何か習い事をさせたいと思う方は多いのではないでしょうか?

でも何をさせたらよいのか困りませんか?

未来のお話ですが現在の小学生が大人になったら、

現在ある職業ではない職業が半分以上出来ると言われています。

その職業がほとんどパソコンを使った仕事だと言われています。

2020年からプログラミングが小学校の必修科目化されることですし、

理系脳を育む教室が最近人気になっています。

他にも人気の習い事を紹介します。

 

【プログラミング】

プログラミング教室も色々ありますが、日本語で書かれているのは

世界では通用しません。低学年のうちは日本語でやってもいいと思いますが、

高学年になった時にjavaを扱う教室が一生使えるスキルになると思います。

また、低学年にはロボットを動かすなど動きのわかるプログラミングが

良いと思われます。低学年でも、小数の概念や図形のなど中学年で

習う算数を楽しみながら自然に学べることが出来ます。

 

【レゴ教室】

空間判断能力や理系脳を育みます。また、想像力もつきます。

建築士になりたい、プログラマーになりたいという方はプログラミング

教室へ行く前に行くといいと思います。最初はやはり具体物で

組み立てる経験が必要です。レゴの他にも、組み合わせることで

立体的なブロックなども同様です。

【そろばん】読み書きそろばんとは言ったもので、古いものという

感じもしますが、買い物での暗算など利用する機会は多いです。

細かい計算も大事ですが、大きく見積もる力は確実につきます。

なんといっても、右脳と左脳を両方使うので、おススメです。

 

【ピアノ、バイオリンなどの楽器】

やはり、手を動かす習い事というものが、脳にはいいです。

一緒の趣味として続けることが出来ます。また、三年生から始まる

リコーダーを教えてくれるところもあります。

マイナーな楽器を続けていれば、中学生くらいで全国大会などで

賞をもらうと、内申点に書くことが出来ます。

 

【体操やスイミング、スケート】

心と体は密接につながっています。体が元気であれば、勉強は

いつでも出来ます。小学校のうちに体をしっかりと作るには、

スポンサーリンク

適度な運動は必要です。大人になってから運動する習慣を

つけるのはなかなか難しいので、健康のためにも小さいうちから

運動を定期的にする習慣をつけましょう。

 

【知育、パズル、算数オリンピックなど】

知育教室というと、小学校受験が主だとは思いますが、

小学校低学年のうちに図形の仕組みを考える事や情報処理能力を

つけていくことは生きていくうえで工夫が出来る子になると思います。

人生、教科書に載っていないトラブルが起こります。

その時に、問題解決能力は頭の柔らかさで対応します。

その対応能力をつけることが出来るのでおすすめです。

 

まとめ

親は、情報を集め子供の個性を見極めてその子にとって

最善の習い事を決めます。兄弟でも同じ習い事をしなくてもいいです。

金額の面もあると思います。やってみて、なんか違うなと思ったら

変えていいと思います。親が子供のために考える事で充分愛情は

伝わっています。子供が「好きでやること」が一番伸びますので、

お子さんの気持ちを大切に選んでください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑