年子をお風呂にいれるときどうしてる?効率の良い入れ方とは?

公開日: 

小さな子供とお風呂に入るのは大変ですよね。

子供一人でもなかなか大変なのに、年子の場合はどうやってお風呂に

入れるのか、不安に思っているお母さんもいるでしょう。

お風呂の入れ方は家庭によってさまざまだと思いますが、年子兄弟を

子育て中の我が家のやり方をご紹介します。

 

下の子が新生児からお座りするまで

年子のお風呂の入れ方は主に下の子の成長と共に変化していきます。

我が家では下の子が新生児の間はベビーバスで個別に入れていました。

初めから家のお風呂に入れてしまう家庭もあると聞きますが、

我が家では念のため1か月検診が済むまでは控えました。

ベビーバスを使っていた時期は、下の子が寝ている間に

上の子と私の入浴を済ませていました。

 

1ヶ月検診が済んでからもしばらくの間ベビーバスで入浴させていましたが、

だんだん大きくなってきてベビーバスでは手狭になったため、

下の子も一緒にお風呂に入るようになりました。

その頃の入り方は、湯船に少なめにお湯を張り、洗い場の床には

お風呂マットを敷き、上の子のお風呂のおもちゃを出しておきます。

下の子は脱衣所でベビーコットや座布団などに寝かせておき、

上の子の体をすばやく洗います。上の子を洗い終えたら、

マットの上でおもちゃで遊ばせるか、または湯船に入れます。

その後大急ぎで自分の頭と体を洗い、下の子をお風呂に連れてきて

洗ってから3人で湯船に浸かります。お風呂から上がる時は、

まず下の子をバスタオルでくるんで脱衣所のコットや座布団へ寝かし、

その後上の子と自分があがります。上の子の体をふき、ポンチョタオル

などを着せた状態で下の子と一緒に部屋へ行き、二人に服を着せます。

子供たちに湯冷めさせないよう、どうしてもお母さん自身の事は

後回しになってしまうので、私は着るバスタオルなどを身に着けて

世話していました。

 

上の子が湯船ではなくマットでお母さんや下の子が洗い終わるのを

待ちたがる場合、季節によっては体が冷えるのではと心配ですね。

お風呂が沸いたら入浴前に換気扇を止めて、湯船に熱いシャワーを

そそいでわざと暖かい湯気でいっぱいにしてから入浴すると、

お風呂場全体が暖まるのでおすすめです。また我が家では上も下も

二人とも、スイマーバという赤ちゃんの入浴用浮き輪を付けて湯船へ

入れていました。首にはめて使う浮き輪で、上の子は湯船で足を

滑らせたりした際に溺れるのを防ぐため、下の子も私が手を

滑らしたりした時のため保険として使っていました。

年子ですと上の子もまだまだ小さいので、湯船で滑ったり、洗い場でも

転びそうになったり色々起きる可能性があります。首の座らない下の子を

抱いていると、お母さんもとっさに上の子へ手を伸ばしてあげられません。

スイマーバ等の浮き輪を使ったり、床に厚めのお風呂マットを敷いたり、

またシャンプーなどの硬いボトル類は全て上の子の背より高い所に

仕舞うなどして安全にはかなり気を使いました。

また下の子を脱衣所で待たしておく時は、コットや座布団の上に

バスタオルを広げておき、その上に着ている洋服のホックや紐を

ほどいた状態で下の子を寝かしておきます。そうすればお母さんが

洗い終わったあと、おむつだけ外してさっと下の子をお風呂へ

連れ込めますし、上がる時は広げておいたバスタオルですぐに

包んであげられます。

スポンサーリンク

 

下の子がお座りできるようになったら

下の子がお座りできるようになったら、バンボや赤ちゃん専用の

背もたれのあるお風呂椅子などが便利です。シャワーや泡がかからない

よう、洗い場のなるべく隅に椅子を置き赤ちゃんを座らせておきます。

脱衣所で待たせておくよりは目も届くので安心ですが、上の子のおもちゃを

何でも口に入れてしまうなど、別の心配事も出てきます。

お風呂のおもちゃで特にお魚釣りなどは小さなパーツがあったりするので、

赤ちゃんの口に入る大きさのものは出さないように気を付けて下さい。

お座りできるようになってからは、上の子を先にあげて拭き自分も

体を拭いてから、最後に下の子を拭いてお風呂場から出ていました。

ハイハイなど動き回るようになってからも、下の子を最後に拭いて

お風呂場から出ると良いです。先に下の子をあげて部屋へ連れて行くと、

上の子をお風呂から連れてくる一瞬の間にとんでもないいたずらを

していたりするので、我が家では下の子は必ず親と一緒に

移動させていました。

 

下の子がつかまり立ちを始めたら

つかまり立ちが始まると、お風呂場でも湯船のへりにつかまって

立ちたがるのでいつ転ぶかとひやひやしました。下の子を椅子なしで

マットなどに座らせ、なるべく立ち上がる前にすばやく上の子を洗い、

それから下の子を洗います。自分が頭や体を洗う間は、つかまり立ちで

後ろ向きに倒れるのが怖いので、私は湯船のほうを向いて椅子に座り、

湯船のへりをつかんで立っている下の子を膝で挟みこんで支えるように

して洗っていました。

転ぶのではと常にひやひやしますが、それまで湯船でずっと抱っこや

膝にのせていた子が自力で立ってくれるようになります。

私はこの時期、久しぶりにお湯の中で両手が空き、湯船で自分の顔を

流したりする一瞬に、自由と下の子の成長とを同時に感じたのを

覚えています。

 

まとめ

つかまり立ち以降はお風呂の入れ方は大きく変わらないと思います。

イヤイヤ期が始まると、お風呂自体を拒否したり頭を洗いたがらなかったり、

お風呂について色々なことが起こると思いますが、他のお母さんの

やり方や便利グッズを取り入れたりしてなるべく楽に楽しく

お風呂に入れるといいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑