年子の場合授乳はどうするの?離乳食の進め方は?

公開日: 

年子を妊娠したら、授乳はどうしたらいいのでしょうか?

妊娠中、授乳をしても良いかどうか、についてはお医者さんや助産師さんに

よって意見が異なりますし、妊婦さんひとりひとりによっても違います。

授乳の際に分泌されるオキシトシンというホルモンは、お母さんの

赤ちゃんへの愛情をより強くする働きがあるなど、「幸せホルモン」

とも呼ばれるものですが、子宮を収縮させる働きもあります。

そのため、授乳をするとお腹が張ってしまう妊婦さんもいます。

授乳を続けるかどうかや、その回数などは検診の時に産婦人科医や

助産師さんに相談して決めましょう。

私の場合は、事情があり上の子は早めに完全ミルクとなっていたので、

妊娠中に授乳することはありませんでした。

お医者さんに上の子の卒乳を進められた場合は、年子ですと上の子が

1歳未満のこともありますよね。そんな時は離乳食の進み具合も見ながら、

搾乳した母乳やミルクを哺乳瓶で与えることになります。

夜間の授乳で眠れないと妊娠中のお母さんの疲労ににもつながり

ますので、まずは夜中の授乳はやめてミルクを飲んでぐっすり

寝てもらうという手もあります。

 

年子をうまく寝かしつけるため、妊娠中にしておくといいこと

下の子を母乳で育てる場合、添い乳で寝かしつけをする予定なら、

上の子には早めに添い乳での寝かしつけを卒業してもらった方が

いいかもしれません。下の子が産まれてきて初めて、今日から添い乳

での寝かしつけは赤ちゃんだけです、となると上の子にとっては

あまりに急な変化となります。二人の子を同時に寝かしつける日を

見据えて、上の子の寝かしつけの流れについて、下の子の抱っこ、

授乳、添い乳をしながらでも可能な方法を考え、慣らしておくといいです。

例えば上の子はお布団に行く前に座っておっぱいを飲み、お布団に

入ったら一つお話を読んでもらってお母さんとくっついて寝る、

などです。我が家の場合、上の子は最初から添い乳ではありません

でしたが、いつも私が布団の中で抱っこして寝かしていました。

両手で抱っこから片手で抱っこへ、それに慣れたら片手で腕枕へ、

最終的には腕枕もなしで寝付けるように慣らしていきました。

おかげで下の子が産まれてからも添い乳している反対の側で、

私にくっついてさえいれば寝てくれたので楽でしたよ。

 

年子の離乳食はとても楽です!

何かと大変なことが多いイメージの年子育児ですが、離乳食に関しては

年の離れた兄弟より楽なことも多いです。

年が離れていると離乳食づくりに使った道具などを片づけて

しまっていたり、やっと上の子が親とほぼ同じ食事ができるように

スポンサーリンク

なったのに、また一から離乳食づくりか…と気が重くなるなどの声を

よく聞きます。ですが年子の場合は、上の子がまだ幼児食です。

下の子の分は味付け前に、今日はにんじん、今日は大根、といった

具合に少量お鍋から取り分けて、すり潰すだけで出来上がりです。

離乳食が進んでくれば、二人同じものを作って、下の子の分は最後に

キッチンバサミで小さく切るだけでよくなります。

我が家の場合、下の子がお座りできるようになってからは、上の子の

食事の間、テーブルの近くでバウンサーや赤ちゃん椅子に座らせていました。

どうやら上の子がご飯を食べる様子を観察していたようで、

下の子の離乳食を始めてみると初日から自分でスプーンを持って

食べる仕草をしていました。もちろん自分で食べれるわけでは

ありませんが、食事に対して抵抗をみせず、積極的に口に入れようと

してくれるだけでも親としては気が楽でした。少し大きくなってからも、

避けようとした食べ物を兄が食べるのを見て、少し齧ってみるなど、

上の子が食べる姿につられて食べてくれるのでありがたいです。

 

まとめ

授乳もミルクも、また離乳食も、一人一人飲む量や回数、卒乳の時期や

食べ始める時期、食べる量、好き嫌いなど異なります。

お子さん一人一人に合わせた、そしてお母さんも大変でない

それぞれのやり方を見つけて、楽しく食事を取れる様になると

いいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑