子供の野菜嫌いを克服するのならコレ!!

公開日: 

お子さんの野菜嫌い、お悩みのお母さんはいませんか?

我が子には何でも好き嫌いなく食べて欲しいものですが、

野菜は嫌いな子が多いですよね。

野菜嫌いの主な原因と苦手な野菜を食べやすくする調理のコツを

ご紹介してみたいと思います。

 

野菜の何が嫌なの?

お子さんが嫌いな野菜。苦手な理由は大きく分けると味、見た目、

食感に分けられます。具体的に何が嫌なのかを考えてみると、

調理方法のヒントになりますよ。

味が苦手な場合、酸味、苦み、または青臭さや特徴のある匂いが嫌、

などがあげられます。

トマトの酸味やピーマンやかぶの苦み、またキュウリの青臭さや

ごぼうの土の匂い、セロリやニンジンの匂いが嫌、というお子さんは

多いです。

 

見た目が嫌で食べられない場合、見慣れない食べ物が嫌なケースと

特定の色や形状が嫌なケースがあります。以前食べた緑色の物が苦くて、

それ以来緑色の野菜が嫌いになるお子さんや、ドロドロした形状のものが

嫌というお子さんもいます。

見慣れないものを食べたがらないお子さんの場合、あまり無理に

食べさせたり何度も食べさせようとしない方がいいこともあります。

大人でも聞いたこともない食材を使った料理を出されて見た目も

美味しくなさそうだったら、できれば食べたくないと思いませんか?

私たち大人にとってはなじみのある食べ物でも、お子さんには

美味しそうには見えないのかもしれません。

食べないの?と聞いてみても食べない場合はあまりしつこく言わず、

美味しいからお母さんがもらうね等、親が美味しく食べる姿を

見せるといいですよ。

我が家の子供は離乳食時代は食べれていたのに、ある時から緑の物は

絶対に食べなくなってしまいました。どんなに小さくても緑の物は

全部スプーンで取り除いてから食べるし、刻んで肉団子等に混ぜたら、

気が付いた途端に一口も食べなくなるような有様でした。

まずは緑イコールまずい、苦いというイメージを壊すため、

サラダ味のスナックの緑色を指摘したり(緑の粉付いてるのに美味しいね!等)、

そうめんの色付きのを買ってきて、緑色だけど白いのと一緒で

苦くはないねと食べてみたり、野菜蒸しパンのオレンジ色や緑色のを

買ってきて、オレンジ色も緑色もどっちも甘くて食べれるねと話したり、

かなり長いことそうしているうちに、少しくらい緑の野菜が入っていても

我慢して食べるようになってきました。本当は美味しく食べて

ほしいところですが、全く食べなかった時期を思えば我慢してでも

食べてくれるだけ進歩したと思って、野菜食べれるね!すごいね!

と褒めています。

 

次に食感についてですが、シャキシャキしたものや硬いものが

嫌だったり、ぱさぱさする食べ物が苦手、トマトや茄子の皮が口に

残るのが嫌い、また小さく切れば食べられるけれど、いつもより

大きく切ってあるから食べられない、ということもあります。

例えば、きのこ類は大人にとっては硬い食材ではないと思いますが、

子供たちにとっては噛んでもなかなかすり潰されない為、

食べにくいと感じることがよくあります。また青菜の茎や

キャベツなどは繊維が引っかかる感じがして飲み込みづらい、

芋類は口がぱさついて喉に詰まりそう、ブロッコリーや生のレタス、

キャベツの千切りなどは口の中がもそもそして飲み込みづらい等の

理由で苦手に感じるお子さんが多いようです。

 

おすすめの調理方法

味が苦手で食べられない場合、カレー味、ケチャップ味、ウスターソースと

ケチャップを混ぜたもので煮込む、他にもクリーム煮や肉みそで

和えると食べやすくなります。お肉やベーコンと一緒に調理すると

肉の旨味や甘みと油のおかげで食べやすくなります。

野菜の特有の匂いが苦手な場合、塩もみしたり酢水につける、

水にさらす、一度調理前に湯通しする、油で炒めるなどの方法で

匂いを和らげることができます。

食感を嫌がる場合は、皮を剥く、繊維を断ち切る方向に切る、

大人が生で食べるものも子供には湯通ししたり軽く茹でたり

塩もみする、芋類は炒め物にしたり、茹でて食べる時は意識して

小さく切る等の工夫をすると食べやすくなります。

 

苦手な子が多い野菜別の調理方法

トマトは、湯剥きして皮を取る、中の種を取る(種が歯に挟まったり

口に残って嫌だったり見た目が気持ち悪くて食べられない子向け)、

小さく切ってバターで炒めてから卵焼きなどに入れる、

またお砂糖をかけると果物のように感じられ食べられることがあります。

スポンサーリンク

 

茄子は皮を全てむく、油との相性がいいので炒め物にする、

またお肉と一緒に調理するのがおすすめです。

 

ゴボウは油と相性がいいのでベーコンやウィンナーと一緒に炒めたり、

薄くスライスしたものを揚げてゴボウチップスにすれば食べられる

お子さんもいます。他の野菜も野菜チップスであれば食べられる子も

いるので一度試してみるといいですね。

 

長ネギは外側を一枚剥く、水にさらして匂いを取る、よく火を通す等

すると食べやすくなります。小さく刻んで鶏団子やつみれに

入れると食べやすくておすすめです。

 

玉ねぎは繊維を立つように切ると柔らかくなります。水にさらして

匂いをとる、飴色玉ねぎになるまで炒めるなど、じっくり火を通すと

甘くて食べやすいです。

 

キャベツは繊維を断つと柔らかくなるので、葉脈を断ち切るように

(葉脈に対して90度に)包丁を入れるのがおすすめです。

繊維を断つように切ると甘みも感じやすくなるそうです。

サラダや千切りキャベツ等生で食べたい時にも子供の分は別で

湯通ししてあげると食べやすくなります。

 

レタスも湯通しするとも口当たりがよくなって食べやすくなります。

また苦みを消すにはマヨネーズが合います。ラーメンやカレースープなど

味の濃いスープでくたくたになるまで煮ると食べられるお子さんもいます。

 

ピーマンは皮を剥くと、とても食べやすくなるのでおすすめです。

火でよくあぶったり10分ほど茹でてから冷水につける、または切って

冷凍しておいたものを水で洗うと皮がむけます。

また中の種と一緒に白いワタの部分も取ると食べやすくなります。

お肉と一緒に調理すると肉のうまみと油で食べやすくなります。

 

ブロッコリーやカリフラワーは食感がもそもそして苦手、

飲み込みづらいと感じるお子さんが多いので、小さく切って

柔らかくなるまで煮込んだり、茹でた後に花の蕾部分だけを

カレーやミートソーススパゲティ等にパセリやゴマのように

散らすと食べやすくなります。

 

青菜類は葉の部分だけを汁物に入れて、茎は刻んで卵焼きに入れたり、

肉団子に入れてカレー味やケチャップ味にすると食べやすくなります。

茎の繊維質が噛み切れない為に苦手というお子さんも多いので、

茎を刻んでしまうと食べられることがあります。

 

まとめ

お子さんが野菜を嫌いな理由は色々ありますし、程度も一人一人

違います。かわいく切って見たり、味付けなどを工夫したり、

野菜の絵本を一緒に読んだり、自分で作ったら食べるのでは

ないかと調理のお手伝いをさせてみたり、ありとあらゆる工夫を

しても食べてくれないこともあります。そこまで嫌った野菜なのに、

保育園や幼稚園の給食では難なく食べれたりもします。

もう少し大きなお子さんや小さくても野菜を食べれないことを

気にしているお子さんには、自分も子供の時は〇〇が嫌いだったけど

大人になったら美味しく感じるようになった、だからいつかあなたも

食べれるようになるよ、なんて話をしてあげるといいかもしれません。

我が子の野菜嫌いは気になるものですがあまり思いつめず、

食卓では今日こそ食べてくれるかしら?と様子を伺う顔ではなく、

野菜って美味しい!と食べる親の顔を見せてあげたいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑