万が一の時のために!用意したい赤ちゃん、幼児の為の防災用品

公開日: 

地震や水害など災害時の備えはできていますか?

赤ちゃんや幼児のいる家庭では、どんなものを防災用品として

準備しておくといいのかご紹介します。

ご家庭の防災グッズを見直すきっかけにしてみて下さい。

 

防災用品として備えるべきもの

赤ちゃんや幼児だけでなくすべての家庭ではどんなものを備蓄して

おくべきなのでしょうか?

政府広報や首相官邸のホームページ、消防庁のホームページなどでは、

災害時のライフライン停止や避難に備えた備蓄品、また非常用

持ち出し品の例として、以下の物を掲載しています。

 

備蓄品の例

・飲料水、3日分(1人あたり1日3リットルが望ましい)

・食料、3日分(水があれば食べられるアルファ米を1人5食、

その他に乾パン、チョコレート、ビスケットなど1人につき3日分の食べ物)

・下着、衣類等

・カセットコンロ

・トイレットペーパー、ティッシュ

・マッチ、ライター等

※飲料水の他に生活用水も必要なので、お風呂の水をいつも張っておく、

ポリタンクに水道水を入れておくなどしましょう

 

非常用持ち出し品の例

・飲料水

・食料(カップ麺、缶詰、ビスケット、乾パン等)

・貴重品(通帳、印鑑、健康保険証)

・現金

・救急用品

・身を守るための物(ヘルメット、防災頭巾、軍手、マスク)

・懐中電灯

・ラジオ

・電池

・下着、衣類

・毛布

・タオル

・使い捨てカイロ

・ウェットティッシュ

・洗面用品

※乳児のいる家庭ではミルク、哺乳瓶、おむつなども用意しましょう

 

災害時の防災グッズとしては以上のようなものが必要なようです。

次に赤ちゃんや幼児がいる家庭で備えておくと便利なものです。

 

・粉ミルク(普段はおっぱいのお母さんも災害のストレスでおっぱいが

十分に出なくなることもあるので用意しておくといいです)

 

・哺乳瓶

・紙コップ(哺乳瓶が使えない時にミルクを飲ませたり、

離乳食の食器としても使えます)

 

・おむつ(赤ちゃんはもちろん、おむつを卒業した子でもストレスで

おねしょをすることもあるので用意しておくといいです)

 

・離乳食(レトルトの何も調理の必要がない物を用意しておくと便利です)

 

・缶詰(コーン、豆類、魚の水煮、果物等、離乳食として食べさせられそうな物)

 

・さらし(おむつ、抱っこ紐、お母さんの生理用品等の代用品として

使え便利です)

 

・使い捨てのスプーン(ミルクを作ったり飲ませたり、離乳食を

食べさせるのに使用します。)

 

・毛布やバスタオル(おくるみや布団として以外に授乳やおむつ替え時の

目隠しにも使えます)

 

・おもちゃやぬいぐるみ(普段と異なる環境で子供もストレスを感じます。

お気に入りのおもちゃやいつも持っているお人形などがあると安心できます。)

 

・レジ袋や45リットルのごみ袋

(開いて中に布や新聞紙を敷いてオムツの代わりに。

また頭や手を通す穴をあけて着ると雨や風で体が冷えるのを防げます。

他にも水を運ぶポリタンク代わりにしたり、色々と便利です。)

 

・トランプやジェンガ、折り紙、オセロなど懐中電灯の明かりの中でも

電池を使わないで遊べる玩具

(停電でテレビが見れない、狭い避難所で遊ぶ場所がない等慣れない

避難生活でたまったストレスを発散するためにも、こうしたおもちゃを

1つ持っていると良いです。)

 

・ガムテープ

(避難時に、油性ペンで名前や連絡先を書いたガムテープを洋服などに

貼っておくと、万が一子供とはぐれた際に身元が分かり安心です。)

 

赤ちゃんのミルクについて

我が家では上の子が完全ミルクだった為、赤ちゃん時代にはミルクの

備蓄をどうするのか本当に悩みました。粉ミルクと哺乳瓶を

用意していたとして、哺乳瓶を清潔に保てるのか、備蓄の水を

スポンサーリンク

飲み切ってしまったら、ミルク用の安心して飲ませられる水は

いつ手に入るのか…結局、我が家では粉ミルクと飲料水の他に外国産の

1回分ずつパッキングされた液体ミルクを3日分備蓄しました。

液体ミルクは常温で保存でき、封を開けるだけで飲ませられるので、

安全な水も消毒された哺乳瓶も手に入らない状況下でも安心です。

液体ミルクはヨーロッパやアメリカからの輸入品しかなく高価でしたが、

完全ミルクの我が家では背に腹は代えられないと頑張って購入した

記憶があります。早く日本でも液体ミルクの製造販売が始まると

いいなと思います。

 

赤ちゃん、幼児を連れて避難する際に注意すること

災害時、がれきが落ちていたり崩れた壁でふさがれ通れない場所が

あったりするので、ベビーカーは使えません。抱っこ紐やおんぶ紐で

避難することになります。また子供と手を繋いで歩くため、

両手は空けておいた方がいいです。非常持ち出し袋はリュックなど

背負えるタイプの鞄に用意しておきましょう。

また、お母さん1人で小さい子供2人を避難させる場合や、

子供を抱っこやおんぶで避難する場合、あまり重い荷物は背負えません。

リュックではなく、釣りやアウトドアなどでよく使われるポケットが

たくさんついたベストに必要最低限の避難用品を入れておく、という

方法もあります。防水仕様の物を選べば、現金や通帳等濡れては

困る物も安心して入れられますね。避難所等、安全な場所まで

一旦子供たちと逃げ、他の家族と合流してから大きな荷物を取りに

戻ることもできます。小さな子供を連れて逃げる際は、何よりも

安全を最優先に考えて行動したいものです。

 

子供と一緒に防災について考えよう

地震の揺れから身を守るため、子供が床に丸く伏せ、親が上から

覆いかぶさって守る体勢があるのですが、我が家では普段からそのポーズを

「ダンゴムシ」と名付けて遊びで練習させています。手で耳や鼻を作って

ゾウやウサギ、カエルなどのポーズを作って遊ぶことがあるかと思います。

その時に一緒にダンゴムシも教えると、すぐに覚えてくれます。

伏せている子供の頭を大人のお腹側にして覆いかぶさると、子供の頭を

守れるのでおすすめです。少し大きなお子さんの場合は、家の中で

安全な場所はどこか子供と考えたり、避難所に指定されている公園や

公民館等に行った際は地震があったらここへ避難するんだよ、と話しておく、

また通学路や普段よく遊ぶ場所に危険な場所がないか一緒に

探してみるのもいいですね。

防災グッズの見直しをきっかけに、家族みんなで避難の場所や

緊急時の連絡方法等を具体的に話し合い、防災意識を高める

機会にできるといいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑