梅雨の体調不良もこの食材で解決!食べて元気を取り戻そう

公開日:  最終更新日:2017/06/12

梅雨になると、なんだか体調が優れなかったり、

身体がだるくなったりしませんか?

そんな時はしっかり栄養を摂って改善していきましょう。

今回は、梅雨時期に食べると身体に良いものを色々紹介していきます。

特に梅雨の不調でお悩みの方は、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

 

梅雨の不調はなぜ起こる?

ジメジメとして、蒸し暑い梅雨になると、

身体の調子が悪くなってしまうことが多いですよね。

食欲が湧かなかったり、胃腸の具合も芳しくなかったり…。

実は、高温多湿の梅雨になると、

体内に余分な湿気を溜めてしまう方が、不調になりやすいのです。

冷たい物をよく食べたり飲んだりしていたり、

汗をあまりかかない方などは特に注意が必要となります。

また、発達した低気圧によって自律神経が乱れたり、

気温差も激しく、季節の変わり目ということもあって、

体調を崩してしまう方も多いようです。

こんな症状が出たら梅雨の体調不良

お腹を下し気味だったり、胃もたれが続いて

食欲不振になるなどの消化器官などの不調や、

むくみ、関節痛、皮膚が炎症を起こすなどの症状が出ると、

梅雨の体調不良かもしれません。

他にも、立ちくらみ、やる気が出ない、肩こりがする、頭痛がある、

手足の冷えなども、梅雨時期の変わりやすい

天候気温によって引き起こされるようです。

 

梅雨に摂ると良い栄養

では、梅雨にはどんな栄養を摂取していけば、

不調が改善されるのでしょうか。

ポイントとして、汗や尿から余分な水分を排出すること、

そして消化器官の働きを良くすることです。

発汗すれば新陳代謝も良くなるし、利尿作用があるものを摂れば、

むくみを解消出来ます。そして腸内環境も整えていきましょう。

梅雨時期は、ビタミンB1やカルシウム、カリウム、

鉄分を摂ると倦怠感を改善できるので、頻繁に摂取するよう心掛けてください。

特に貧血気味の方にもおすすめです。

他にも、ビタミンAを摂ると免疫力を高めてくれるし、

身体のだるさもなくなります。

そして、疲労回復には炭水化物も欠かさないようにしましょう。

 

だるい梅雨に食べると良い物

ビタミンB1を多く含んでいる枝豆、えんどう豆、

グリンピースなどの豆類や、カリウムのあるアスパラガス、

梅、オクラ、ニラなども良いでしょう。

そして、身体のむくみと疲れやすさを解消してくれるカルシウムは、

納豆やイワシ、小松菜、チーズ、牛乳に含まれています。

スポンサーリンク

鉄分不足もめまいや倦怠感に繋がるので、ほうれん草や枝豆、

レバー、カツオを摂って補うと良いでしょう。

鉄分はビタミンCと一緒に摂取すると、吸収率が上がります。

お肌にも良いので、ビタミンCを多く含有しているゴーヤーや、

レモンなどを食べることをおすすめします。

また、発汗を促すにはシソ、生姜、ネギ、にんにく、唐辛子が有効。

胃腸の働きを助けるには、トウモロコシ、カボチャ、

さつまいも、ハト麦などを食べると良いですよ。

そして、利尿作用のあるスイカや冬瓜、ハマグリ、アサリ、

昆布、サクランボを摂取すれば、むくみなども解消されていきます。

また梅も、クエン酸によって疲労回復、血行促進の作用があるのでおすすめ。

梅干しや梅ジャム、梅シロップなどを作って摂るのも良いでしょう。

もし、刺身や冷奴など冷たい物を食べる時は、

薬味に生姜をプラスして身体を冷やさないようにするのがベスト。

また、水分補給をする際は、なるべくノンカフェインのものを選んでください。

出来れば温度もあまり冷やしたものではなく、常温以上が望ましいでしょう。

 

まとめ

暑いだけでも体力を消耗してしまうので、

湿気の多い梅雨はなおのこと気を付けなければいけませんね。

疲れを取ったり、腸内環境を良くして、ジメジメした梅雨を乗り越えていきましょう!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑