体臭とべたつきは汗のせい?悪い汗の特徴と原因について

公開日:  最終更新日:2017/06/12

人間は良い汗と悪い汗をかくってご存知でしたか?

日々の生活習慣や体質などによって、

汗は良いものになったり、悪いものになったりします。

では、悪い汗は一体どんな特徴があるのか、

良い汗をかくにはどうしたらいいのかを紹介致します。

夏場のワキガや汗のベタベタ感が気になる方は、特に必見です。

スポンサーリンク

 

体に良い汗と悪い汗

体に良い汗とそうでない汗の違いは何でしょうか。

実は、良い汗というのは、ニオイもしないしサラサラで、

すぐに乾くのでほとんど気にならないのです。

また汗の粒の小さく、服に付いてもシミになりにくいという特徴があります。

反対に悪い汗は、体にベトベトとまとわりつくような感じがして、

悪臭を伴います。汗の粒は大きくだらだらと流れ、

服もシミになりやすいのが特徴です。

元々、汗とは血液から作られます。汗が血液から変わる時に、

ミネラル成分が吸収されて、水分のみの状態になって体外に出てきたものが、

良い汗になるのです。ほとんどが水分のため、

ニオイもないし、サラサラとしています。

ところが悪い汗の場合は、このミネラル成分が含まれたままなので、

べたついたり、ワキガなどニオイもしてくるので、とても厄介なのです。

ちなみに、自分の汗が良い汗かそうでないか確かめる方法は、

ニオイやべたつきがあるかないかの他に、リトマス試験紙を使うことで判断できます。

ミネラル成分は弱アルカリ性なので、汗を赤いリトマス試験紙に付けてみて、

青色に変わったら悪い汗なので、注意が必要となります。

 

悪い汗をかく人の特徴

では、一体どんな人が悪い汗をかいてしまうのでしょうか。

悪い汗をかいてしまう人は、汗腺の機能が弱っているということが考えられます。

この汗腺が正しく機能していないと、汗が血液から変わる時に、

ミネラル成分が吸収されずに、悪い汗となってしまうのです。

特に体の代謝が下がっていて、普段あまり汗をかかない人や、

夏になるとクーラーの効き過ぎた部屋に長時間いる人なども、

汗腺機能が低下している場合があります。

夏でも空調の効いた部屋にいると、

体を冷やし過ぎて体温調節が上手く出来なくなります。

すると自律神経も乱れて、汗腺が正常にコントロール出来なくなるので、

悪い汗の原因となってしまうのです。

また、食生活が偏っていたり、運動不足の場合も、

やはり悪い汗が出てしまいます。

夏バテしやすくなったり、痩せにくい体質にもなってしまうので、

健康のためにも良い汗をかくようにしたいものですね。

スポンサーリンク

 

良い汗をかくには

汗が出にくいなど代謝が弱かったり、太っている、

運動不足などの方でも、基礎代謝をアップさせることで、

良い汗をかくことが出来ます。

適度に運動して、夏場はあまり効かせ過ぎたエアコンは避けるようにしましょう。

もし職場などが寒かったら、カーディガンを羽織ったり、

温かい飲み物を摂るようにしてください。

そして最も効果的なのが、夏でも入浴はシャワーだけで済ませないで、

湯船に入って体を温めることです。

ぬるめのお湯にゆっくり使っていることで、

全身から汗が出て、汗腺の機能も正常に戻してくれます。

ただし、注意点としては、お湯に浸かるとかなり汗が出るので、

しっかり水分補給を忘れないようにしましょう。

食事もなるべく栄養バランスが良くして、

生姜など体内からポカポカに温める効果があるものを摂ることをおすすめします。

すると、代謝も上がるので痩せやすくなり、

汗をかいてもニオイやベタベタする感じがなくなってきますよ。

 

まとめ

悪い汗の原因は、汗腺が正しく機能していなかったことだったのです。

つまり代謝を上げて、汗腺の働きを促すことが出来れば、

汗をかいてもべたつきやニオイの気にならない、

良い汗をかくことが可能になるのです。

代謝も上がれば冷え症の改善にも繋がっていくので、

皆さんもぜひ良い汗をかける体作りをしていきましょう!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑