喪中時に贈っても大丈夫?意外と知らないお中元マナー

公開日:  最終更新日:2017/06/12

皆さんは、お中元を贈りたいけれど、贈り先が喪中だった場合、

どうすれば良いのかご存じでしょうか。

喪中ならば贈り物関係は一切控えるべきなのか、

贈っても問題ないのか、よく分からないですよね。

今回は、意外と知られていない、

喪中時のお中元についてのマナーを紹介します。

もしもの時に役に立つかも知れませんので、

覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

 

喪中のお宅にお中元を贈ってもいい?

毎年お中元のやり取りをしていた、

あるいは初めてお中元を贈ろうと思っていた相手のお家に、

もしもご不幸があって喪中だった時、

贈る側であるこちらはどうするのが正解なのでしょうか。

実は喪中であっても、お中元は贈っても大丈夫なのです。

喪中というのは、お祝い事を遠慮しなければいけない期間なのであって、

季節の挨拶や、感謝の気持ちを伝える意味合いのお中元は、

お祝い事とは異なるため、贈っても問題ありません。

もし、相手方が喪中だと知らずに贈ってしまっても、

慌てる必要はないでしょう。

ただし、喪中時にお中元を贈る場合は、

いくつか注意すべき点があります。

 

贈る際の熨斗紙(のしがみ)

喪中のご家庭にお中元を贈る場合は、

まず気を付けなければいけないのが、熨斗紙です。

一般的に、通常はお中元には、

蝶結びの紅白水引きが入っている熨斗紙を付けるのですが、

贈り先が喪中の場合は、紅白だと相応しくありません。

その時は必ず、白い短冊か無地の紙に、

御中元と表書きしてあるものを付けてください。

もし百貨店などで手配する場合は、

贈る相手が喪中である旨を販売員に伝えると良いでしょう。

 

届ける時期に注意しよう

熨斗紙と同様、気を付けなければいけないのが、お中元を送る時期。

もし喪中である受取先のお家が、

四十九日を迎えていないのであれば、届ける日をずらすようにしてください。

四十九日を過ぎるまでは、何かと慌ただしく、

心情的にも落ち着かない時期ですので、届け先の状況などに配慮して、

お中元を贈るのは控えておきましょう。

お中元はあくまで、お世話になっている先方へ感謝を伝えるものなので、

こちらの都合ではなく、受け取る側のことを考えることが大切です。

四十九日を過ぎるとお中元の時期が終わってしまう場合は、

暑中お見舞いか残暑お見舞いとして贈ると良いでしょう。

 

故人宛にならないように注意

お中元は故人宛にならないように注意が必要ですが、喪中であることや、

スポンサーリンク

宛名の方が亡くなっていたことを知らずに贈ってしまった、

ということもあり得ます。

そんな時は、贈り先のお家に電話か手紙などで、

知らなかった旨を伝えてお詫びをすると良いでしょう。

喪中時に紅白水引でお中元を贈ったり、

四十九日中に届けてしまった場合も、

同じようにお詫びする必要があります。

また、お中元の品物に手紙を添える場合も、

おめでたい言葉を使わないようにしましょう。

そして、お中元を贈る前に、先方からお断りの挨拶状が届いた時も、

贈るのを控えてください。

 

自分の家が喪中だった場合

もしご自身の家が喪中で、お中元の品が届いた場合は、

ありがたく受け取って、なるべく早めにお礼状を出すようにしましょう。

そして、こちらが喪中であっても、お返しをしても問題はありません。

また、故人宛にお中元が届いたら、お礼状に亡くなったことを記載してください。

その際、亡くなったことの報告が遅れた旨をお詫びする文章を入れておくと良いですよ。

 

まとめ

お中元はお祝いの品ではないので、受け取り先のお家が喪中であっても、

贈ることは基本的に問題ありません。

ただし、時期と熨斗紙、そして宛名に気を付けて届けるようにしましょう。

そして贈る品物も、きっと先方は喪中で慌ただしいと思いますので、

すぐに食べなければいけないものよりも、

日持ちのする食品や飲み物などがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑