初期症状を見つけて早めの対処を。赤ちゃんの熱中症対策

公開日:  最終更新日:2017/06/12

暑くなると気を付けなければいけないのが熱中症ですね。

特に、体温調節機能が未発達の赤ちゃんは、

熱中症になる危険性も高いため、

初期症状もきちんと見逃さないことが重要です。

今回は、赤ちゃんがもし熱中症になってしまったらどうすればいいか、

また初期の段階で現れる症状などを解説していきます。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんが熱中症になってしまう原因

まず、赤ちゃんの熱中症はどんな時に起こるのかを紹介します。

体温調節が上手く出来ない赤ちゃんは、

熱中症にかかりやすいのです。

炎天下、ベビーカーに乗っていると、

地面からの照り返しでかなり高温になってしまいます。

屋内にいても、温度や湿度の高い場所に長時間いると、

やはり熱中症にかかりやすくなってしまうのです。

赤ちゃんはまだ言葉で暑いとか、

喉が渇いたということを伝えることが出来ないので、

お父さんお母さんが、しっかりと見ていてあげましょう。

 

熱中症の初期症状

赤ちゃんは熱中症の初期段階として、顔が赤くなる、

ぐったりして元気がなかったり、機嫌が悪くなる、

抱っこすると体がとても熱い、尿の量が減ってしまうなどの症状が現れます。

また、手足が冷たくなっていたり、ミルクを飲まない、

目の焦点が合っていない、けいれんを起こし始めていると、

とても危険な状態ですので、すぐに病院に連れて行ってあげましょう。

赤ちゃんは皮膚からどんどん水分や塩分が出てしまい、

脱水症状になりやすいので、夏に限らず暑い日は、

初期症状を見逃さないようにしてください。

 

赤ちゃんが熱中症にかかった時の対処法

もし熱中症がまだ初期の段階でしたら、急いで対処しましょう。

日陰やクーラーの効いた涼しい場所に連れていき、

衣服のボタンを外して緩めてあげてください。

寝かせる時は、頭が足よりも少し高くなるような体勢にしてあげましょう。

そして、水で濡らしたタオルや、保冷剤を包んだタオルを首元や脇の下、

おでこ、足の付け根に当てて冷やしてください。

水分も摂らせる必要があるので、母乳かミルク、

もしくはベビー用イオン水など、

赤ちゃんが飲んでも問題ない飲み物を少しずつ飲ませていきましょう。

ただし、早く水分を補給しなきゃと焦って、

大量に飲ませてしまうと吐き出す可能性もあるので、

ちょっとずつゆっくりと飲ませてあげてくださいね。

また、クーラーや扇風機の風を直接赤ちゃんに当てると、

皮膚から水分が蒸発して、脱水症状がひどくなってしまいます。

なるべく風が直接当たらないようにしておいてください。

スポンサーリンク

そして症状が落ち着いたら、念のため病院に連れていくと良いでしょう。

 

熱中症を予防するには

大事な赤ちゃんを守るためにも、熱中症対策をして、予防していきましょう。

まず最も重要なのが、水分補給です。

外出の際には必ず赤ちゃんの飲み物を持ち歩くようにします。

ミルクや母乳を飲んでいるならば、

出先に授乳室があるかどうかの確認が必要です。

授乳室がない時のためにも、授乳ケープもきちんと持っておくようにして、

こまめに水分を補給させてあげましょう。

そして、ベビーカーに乗せておく時は、保冷剤を包んだタオルや、

赤ちゃん用のひんやりマットを敷いておくことをおすすめします。

また、直射日光を避け、日よけを使用するか、

帽子を被らせてあげても良いでしょう。

室内にいる時も、気温や湿度をチェックして、

扇風機やエアコンで暑すぎないようにしてあげてください。

そして定期的に水分補給をさせておくようにすると、

熱中症を予防できます。

 

まとめ

暑い時期に、もし赤ちゃんの顔が赤くなっていたり、

体が熱く元気がないようならば、熱中症を疑ってみてください。

そして定期的な水分補給と、熱を逃がすこと、

直射日光が当たらないようにすることで、熱中症の予防ができます。

熱中症にかからないことが第一ですが、

もしものことを想定して、

なるべく初期段階で気付いてあげられるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑