自慢の浴衣で楽しいひと時を。浴衣で女子会してみませんか?

公開日:  最終更新日:2017/06/12

仲の良い友人同士で集まって、食事をしたりカラオケに行ったり、

買い物をしたりと女子会が流行っていますね。

最近では、着物など和装で行う女子会が密かに人気だそうです。

そこで今回は、夏にぴったりな浴衣を着て楽しむ女子会について紹介します。

夏は浴衣を着て、いつもと違った女子会を開いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

夏の女子会には浴衣を着よう

浴衣は素敵ですが、夏のシーズンでも、

花火大会やお祭りなどでしか着ないのはちょっと勿体ないですね。

そんな時は、浴衣をドレスコードにした女子会を行ってみてはいかがでしょうか。

集まるお店や遊びに行く場所も、

和をテーマにして統一してみるのもおすすめです。

 

浴衣で女子会をする楽しみ

浴衣を着て女子会をするだけで、雰囲気や気分がいつもとガラリと変わるし、

お気に入りの浴衣姿を写真に撮ってSNSにアップしたり、

お互いのコーディネートを褒め合ったりして楽しめます。

また浴衣の着崩れ防止のために、姿勢を正したり、

歩幅を小さくして歩くなど所作に気をつけることで、

普段からも上品で奥ゆかしい立ち振る舞いを身に付けられるかも知れませんよ。

しかも、夏の期間限定で、浴衣を着て行くと

お得なサービスがあるスポットもあるので、

女子会を開催する時は、チェックしてみることをおすすめします。

 

下町散策をするのもおすすめ

浴衣を着る時といえば花火大会が定番ですが、

女子会で浅草など下町を散策するのも良いでしょう。

巾着や扇子、帯留(おびどめ)などの和装小物や、新しい浴衣を探しに行ったり、

甘味を食べたりするのもおすすめです。

下町散策以外なら、最近では夜のクルージングも人気があるようで、

夕涼みをしながら美しい夜景を堪能できます。

おしゃれな飲食店やビアガーデン、カラオケなどでの女子会も良いですが、

せっかく浴衣を着たのならば、町へ繰り出してみてはいかがでしょうか。

 

着付けや浴衣のレンタルについて

浴衣で女子会するのは素敵ですが、心配なのが着付けですね。

また、浴衣が着たいけれど、持っていないという方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

最近では、都内で浴衣を借りることが出来て、着付けやヘアーセットもしてくれる

着物レンタルのお店もあるので、着付けに自信がない方は

利用してみると良いでしょう。

美容院でも浴衣の着付けをしてくれるところがあるので、

スポンサーリンク

着崩れないようにしたいのであれば、プロに依頼することをおすすめします。

 

浴衣で女子会をする時に持っておくと良い物

浴衣を着ていると、足元もいつものような靴ではなく、

下駄や草履を履きますね。

当然履き慣れていない下駄などは、鼻緒の部分が当たって

擦りむいたりする可能性があります。

そんな場合も想定して、絆創膏は必ず持っておきましょう。

応急処置をしたり、痛くならないように肌をカバー出来ます。

そして、万が一着崩れてしまった時のために、

安全ピンやクリップを持ち歩くと良いでしょう。

安全ピンで浴衣を留めることで、裾が落ちてきたり、

胸元がはだけてしまうのを防げます。

また、お手洗いに行った時に、裾を上げておくのに紐や

洗濯バサミがあると便利ですよ。

絆創膏や安全ピンなどは、かさばらないのでいくつか余分に持っていると、

自分で使えるだけでなく、お友達が困っていたら分けてあげることも出来ます。

 

まとめ

仲の良いお友達同士で女子会を何度もしていると、

だんだんマンネリ化してきませんか?

そんな時は、全員で浴衣を着て女子会をしてみましょう。

和をコンセプトにしたおしゃれな居酒屋でも良いですし、

浴衣が似合うスポットに遊びに行っても楽しいです。

何かと新しい発見が出来るかもしれないので、

夏にはぜひ浴衣で女子会をしてみてください!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑