お香典は手渡しでなくても良いの?郵送する時の正しいマナー

公開日:  最終更新日:2017/06/12

通常、お香典は葬儀に参列した時にお渡しするものですが、

遠方であったりやむを得ない事情で欠席した時は、

郵送で送る場合もあるでしょう。

ですが、お香典を送るとなると、失礼がないように

いくつか気を付けなければいけない点があります

今回は、お香典を郵送する時のマナーを解説していきますので、

もしもの時に参考になさってください。

スポンサーリンク

 

お香典を郵送で送ることはマナー違反か

お香典は、通夜かお葬式に参列して渡すことが出来ない場合、

弔電と同じように、郵送しても失礼には当たらないのです。

また、きちんとマナーを守って送れば、お悔やみの気持ちが伝わるので、

もし参列が難しい時は、お香典を送ると良いでしょう。

ただし、お香典はお金を包んでいますので、

ご遺族の負担にならないように配慮して送付することが重要です。

 

正しいお香典の送り方

お香典を郵送する時は、便箋に現金を入れた不祝儀袋と、

そしてお悔やみの手紙を同封し、これを現金書留で送ります。

注意点として、書留の封筒は不祝儀袋が収まる

大きめのサイズを使用してください。

封筒は郵便局窓口で購入が出来ますよ。

重さによって送料が変動するので、お香典を入れた書留はポストに投函せずに、

必ず郵便局窓口で送付するようにしましょう。

もし平日の日中に郵便局へ行けない場合は、

夜間や休日に窓口が開いている支店を調べて、

郵送の手配をすることをおすすめします。

 

不祝儀袋に現金を入れる時のマナー

お香典に包む現金は、折り目のあるお札を入れるようにし、

あまりにもクシャクシャなものや、新札は決して入れないようにしてください。

郵送の場合、封筒にも氏名と住所を書きますが、

不祝儀袋にも忘れずに記入しましょう。

不祝儀袋に表書きや氏名などを書く時は、薄墨で書くようにしてください。

 

同封するお悔やみの言葉について

お香典と同封するお悔やみの言葉は、白かグレーなど暗い色の、

シンプルなデザインの便箋一枚のみに書きましょう。

記入はペンか万年筆、もしくは薄墨を使用してください。

そして、『重ね重ね』や『追って』、『再三』などの表現は、

忌み言葉とされ、不幸が続かないようにと縁起を担いで使わないようにします。

また、生死を表す『死亡』や『生きている』といった言葉も避け、

『ご逝去』、『ご生前』などに書き換えましょう。

 

送り先とタイミング

お香典の送り先は、喪主様のご自宅です。

スポンサーリンク

現金書留は、配送の日時が指定出来ないため、

気を利かせようとして斎場に送ってしまうと、

届いたときにご遺族がいらっしゃらない場合もあります。

その場合、現金が入っているため斎場側でも受け取ることが出来ないので、

配達員に持ち帰ってもらうことになるのです。

するとご遺族の元に、スムーズにお香典が届かずに、迷惑をかけてしまうので、

必ず送り先の住所は喪主様のお家にしておいてください。

そして、送付するタイミングは、

葬儀後の一週間以内に届くようにすると良いでしょう。

お葬式の前だとご遺族は何かと慌ただしいので、

終わってからの方が負担にもなりません。

ただし、反対に一カ月以上も後に送ってしまうと、

葬儀費用などの清算やお香典返しの準備に追われているので、

それよりも前に届いていることが望ましいです。

 

まとめ

お通夜やお葬式に参列できなかった場合は、

お香典を郵送しても、何ら問題はありません。

ただしその際は、お悔やみの言葉を同封し、

郵便局の窓口から現金書留の封筒で送付をします。

送付先には、喪主様のご自宅の住所を書いておき、

なるべく葬儀が終わって一週間以内に届けるようにしてください。

何よりも、大切なのはご遺族への配慮なので、

皆さんもお香典を郵送する際は、思いやりを持って届けるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑