浴衣を粋に着こなして、ワンランクアップのおしゃれをしよう

公開日:  最終更新日:2017/06/12

浴衣を着る時、皆さんはどんなコーディネートがしたいですか?

様々な着方がありますが、せっかくの浴衣姿なので、

粋に大人っぽく着こなしてみてはいかがでしょう。

今回は夏に浴衣を着る時におすすめしたい、

上品で粋な着こなし法を紹介します。

スポンサーリンク

 

おすすめは古典柄や絞りの浴衣

最近の浴衣には、色んなデザインがありますね。

ですが粋に着こなしたいのであれば、現代的で斬新なものよりも、

和柄の浴衣をおすすめします。

いわゆる古典柄と呼ばれる、麻の葉や竹、撫子(なでしこ)、

菊、朝顔、亀甲、扇、流水、矢絣(やがすり)、

トンボなどの浴衣を選ぶと良いでしょう。

色合いもあまり派手ではなく、白や淡色など、

落ち着いた浴衣するのもポイント。

そして、絞り染めで柄が付けされた絞りの浴衣も、

着ることで奥ゆかしい雰囲気になりますよ。

 

帯を粋に見せるには

浴衣だけではなく、帯の柄選びや結び方も工夫してみましょう。

帯を選ぶ時は、浴衣と正反対の色を組み合わせると、

お互いが引き立つのでおすすめです。

また、帯を締める時は、蝶々結びや文庫結びがポピュラーですが、

若さより大人びた風情に仕上げるならば、

男性にも結べる『貝ノ口(かいのくち)』か、

もしくは『吉祥(きっしょう)結び』などが良いでしょう。

リバーシブルの帯を使っても粋に決まりますよ。

 

和装小物を使いこなそう

扇子を帯に差しておくのも良いですが、帯留(おびどめ)であったり、

組紐(くみひも)で作られた帯締めを付けるとより一層、

洒落た着こなしが出来ます。

下駄の鼻緒を帯の色と合わせてみたり、トンボ玉のかんざしを髪に挿すなど、

さり気なく小物を使うことで、粋の度合いもアップします。

 

立ち振る舞いも大事

浴衣を着たならば、立ち振る舞いもいつも以上に気を付けましょう。

せっかく素敵な浴衣姿なのに、荒っぽい動きではとても残念です。

きちんとした女性らしく、大人の所作を身に付けましょう。

まず姿勢は良く、そして歩く時は歩幅を小さくして、

内股気味に歩くようにします。

そうすると、裾もはだけにくいので、着崩れしにくくなり、

歩き方も美しく見えますよ。なるべく足音も立てないようにしましょう。

また、浴衣に限らず和装をしている時は、

腕はあまり見せないようにしてください。

物を取る、吊革を掴む、遠くの人に手を振るなどの時も、

スポンサーリンク

反対の手で浴衣の袂(たもと)をつまんで、

出来るだけ腕が露出しないように気を付けましょう。

ちょっと意識するだけで、品のある動きになりますので、

覚えておくと良いですよ。

 

男性も浴衣を粋に着こなそう

女性だけでなく、男性も浴衣を粋に着こなすと、いつもより見栄えも良くなります。

特にご夫婦やカップルでお出かけする時は、

お二人で粋な浴衣の着こなしをすると素敵です。

浴衣に限らず、男性の着物は丈を慎重に合わせる『おはしょり』をしないので、

体形にぴったり合ったサイズの浴衣をお選びください。

目安として、羽織ってみた時に、裾がくるぶしの高さになっていれば丁度良いです。

帯の位置は腰骨の下辺りで、『貝ノ口』に結ぶのがおすすめ。

大人の着こなし方としては、あまり髪は明るい色に染めていない方が良いでしょう。

男性も背筋を伸ばし、姿勢よくて歩けば、

まるで伝統芸能の役者さんのように、粋な着こなしが出来ますよ。

 

まとめ

粋に着こなすには、あまり派手にならずに、

落ち着いたデザインの浴衣を選びましょう。

帯もあまり華やかに結ばず、シンプルでフラットな結び方がおすすめ。

そして小物を上手く使うことで、さり気ないおしゃれが出来ますよ。

忘れていけないのは、男性女性ともに、

背筋を伸ばして姿勢良くしていることです。

ぜひ浴衣を粋に着こなして、お出掛けをお楽しみください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑