早めの処置が大事。子供が熱中症になっている時の症状とは

公開日:  最終更新日:2017/06/12

子供は夏の暑い時期でも、ずっと走り回ったりして

遊んでいることが多いですね。

でも心配なのが熱中症。遊びに夢中になっていると、

子供は暑くても休憩したり水分補給することを忘れてしまいます。

気が付けば、ぐったりしていて気分が悪くなっている、

なんてことも充分にあり得るので、注意しなければいけませんね。

今回は子供が熱中症になっているかどうかの見分け方や、

もし熱中症になってしまった時の対処法を紹介していきます。

スポンサーリンク

 

子供が熱中症になる原因

熱中症の主な原因は高温多湿と水分不足ですが、特に小さいお子さんだと、

体温調節機能が未発達のため、脱水症状を起こすなど

危険な状態になる確率が高くなります。

しかも、子供は身長が低いため、

地面から照り返した熱も受けてしまうのです。

また、子供は自覚症状がない場合も多いので、

気付いてみたら熱中症が進行していたということもあります。

外で遊ばせている時、親御さんは常に気を配っている必要がありますね。

 

熱中症になったときの症状

熱中症には、熱疲労(ねつひろう)と、熱痙攣(ねつけいれん)、

熱失神、そして熱射病という四つの種類があります。

まず熱疲労は、頭痛やめまい、疲労感や倦怠感(けんたいかん)を

感じる症状で、水分不足によって脱水症状になり、

血圧が低下して起こってしまいます。

熱けいれんは、塩分とミネラルが失われることによって起こり、

主に体に震えが生じる、足がつる、

体が急に強張るなどの症状がみられます。

熱失神というのは暑さにより、血管が膨張して

血流の量が下がって起こります。頭に血が回らなくなってしまい、

めまいや失神が起こるという症状が出るのです。

そして熱射病は、熱中症の悪化により、体温調節機能が麻痺し、

体温が40℃以上にまで上昇。意識障害などの症状も見られ、

早めに処置をしなければ、手遅れになる危険性があるのです。

さっきまで元気に遊んでいた子供が、急に元気がなくなり、

これらの症状がみられるようでしたら、

熱中症にかかっている可能性があります。

また、皮膚や唇が乾燥していたり、

トイレに行く回数が減っていても要注意です。

特に、頭が痛い、ふらふらすると訴えてきたら、

初期症状かも知れませんので、まずは応急処置をしてあげましょう。

 

熱中症になった時の処置

熱中症にかかっているようでしたら、まずは子供を日陰であったり、

スポンサーリンク

冷房が効いた室内など、涼しい場所に移動させて寝かせます。

そして保冷剤を巻いた濡れタオルか、氷水を入れた袋で首の付け根、

両脇を冷やしていきましょう。

そのまま15分ほど冷やしておき、経口補水液やスポーツドリンクを

ゆっくり飲ませ、水分補給をさせてください。

症状が落ち着いたら、病院に連れて行きましょう。

もし万が一、意識障害が見られたり、応急処置をしても症状が

良くならないのでしたら、すぐに救急車を呼んでください。

 

子供が熱中症にならないために

遊んでいると、子供はついつい夢中になってしまいますが、

なるべく涼しいところで休憩させ、水分を補うようにさせましょう。

帽子を被せたり、通気性の良い靴を履かせるのも予防になります。

また、必ず大人の目の届く場所で遊ばせ、

ほんの数分でも子供一人にしないように気を付けましょう。

ちょっとだけ買い物にいくだけだから、と車の中に

子供を置いたままにしておくのもとても危険なので、絶対にやめましょう。

 

まとめ

さっきまで元気だった子供が、ぐったりしていたり、

頭痛やめまいを訴えてきたら、熱中症と見ていいでしょう。

まだ小さいうちは、子供は上手く自分の状況を把握したり

伝えることが出来ないので、親御さんも少しでも我が子に異変がないか、

しっかりと見ていてくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑