お盆に帰省するママさん必見!新幹線に乗車中の授乳について

公開日:  最終更新日:2017/06/12

旅行やお盆休み帰省するために、

赤ちゃんを連れて新幹線に乗った時に心配なのが、

授乳する場所ではないでしょうか。

もしぐずり出したら周囲の目も気になるし、

座席で授乳しても良いのかと不安になりますね。

そこで今回は、新幹線移動中でも授乳が出来る場所や、

赤ちゃん連れにおすすめしたい座席の位置などを紹介します。

スポンサーリンク

 

新幹線での授乳は多目的室で

ほとんどの新幹線には、一列車に一室ずつ多目的室が設けられています。

基本的に、体が不自由な方が座席のチケットを

購入する際に予約して使うものですが、

車掌さんに申し出て、もし空いていれば授乳や

おむつ替えに使用することが可能です。

使われていない時の多目的室は、鍵がかけられているのですが

、車掌さんに相談して、利用者が他にいなければ、開けてもらえます。

もし車掌さんが近くにいないようでしたら、車内販売員に声をかけてみましょう。

すると場合によっては、車掌さんと連絡をとって、

多目的室が使えるかも知れません。

ただし、多目的室は、あくまで体の不自由な方や、

気分が悪くなってしまった方を優先です。また、もし使用できたとしても、

他の親御さんが待っているかも知れませんので、

授乳が終わったら長居ませずに、速やかに退室しましょう。

 

多目的室が空いていない時は

多目的室が空いていない時は、もしかしたら他の部屋を案内してくれる場合も

あるので、まずは一度、車掌さんに相談してみましょう。

ただし、必ず空いている部屋があって、

そこに案内してもらえるとは限らないので、ご注意ください。

多目的室も空いておらず、別の部屋の利用も不可だった場合は、

多機能トイレを利用して授乳しましょう。

 

ケープを使えば座席で授乳もOK?

個室になるような部屋が空いておらず、トイレも使用中の時は最終手段として、

ご自身の座席でケープを使って授乳しましょう。

ただし、授乳用のケープを使っていても、

周囲の座席の位置によっては、中が見えてしまう場合もあります。

また、隣にはご主人が座っていればいいのですが、見知らぬ人だったりすると、

ケープを使っていても、何だか授乳しづらいですね。

そうならないためにもお金はかかってしまいますが、

二人掛けの指定席を予約しておくと良いでしょう。

また、もし座席で授乳する際は、お母さんは通路側ではなく、

窓側の席でケープを使用して授乳しましょう。

ちなみに、哺乳瓶で与えるミルクでしたら、座席でも問題ありません、

スポンサーリンク

 

赤ちゃん連れにベストな座席とは

赤ちゃん連れでしたら、必ず自由席ではなく指定席を取ってください。

お盆休みや連休などの帰省ラッシュ時はとても混むので、

指定席券を購入するのも早めがおすすめ。

そして可能ならば、多目的室が備わっている車両か良いでしょう。

赤ちゃんがぐずり出したら、すぐにデッキへ出てあやしに行けるように、

座席は一番後ろか前が望ましいです。そうすると、多少スペースがあるので、

ベビーカーも置きやすいですよ。もし窓口で指定席券を購入するのでしたら、

その際に職員に相談してみても良いでしょう。

 

乗ってすぐに授乳をする

乗車中、多目的室や他の個室が使えるとは限りませんので、

次の授乳時間よりも30分ほど早くても、

新幹線に乗ったらすぐに授乳してしまうのも一つの方法です。

早めに行動すると、まだ他の乗客が少ない場合もあるので、

どこかの個室が空いていたりして、授乳できるかもしれません。

 

まとめ

新幹線にて長距離移動の場合、おむつ替えや

授乳できるタイミングが気になりますよね。

まずは、乗務員の誰かに相談して、

どこかの個室が使えないか尋ねてみると良いですよ。

やむを得ず、座席で授乳する場合は、必ずケープを忘れずに。

座席もデッキに近い場所を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑