飛行機内でのオムツ替え。フライト中はどうしたら良いの?

公開日:  最終更新日:2017/06/12

赤ちゃんを連れてフライトする時、心配事の一つがオムツ替えですね。

特に、初めての赤ちゃんと長距離移動や、

フライト自体が初めての親御さんならば、

機内にオムツ替え出来る場所はあるのかなど、不安なことだらけでしょう。

今回は、初めて子連れでフライトを予定している方に必見の、

飛行機内でオムツ替えする際のポイントや注意点などを紹介します。

スポンサーリンク

 

搭乗前に済ませておく

基本的に、長時間のフライトでないのでしたら、

搭乗前にオムツ交換を済ませておきましょう。

フライト中は揺れも気になるし、何かと心配ですよね。

出来れば空港のトイレで、予めオムツは取り換えておく方が安心です。

 

フライト中に機内でオムツ替えをする場合

もし長時間の移動で、フライト中に機内でオムツを交換しなければいけない時は、

座席ではなく必ずトイレで行いましょう。

飛行機には、トイレにオムツ交換台が設置されている

場合が多いので、そこで取り換えます。

ただし、オムツ替え出来るスペースはかなり狭いので、貴重品の他、

オムツ交換に必要最低限の物だけを持って行くようにしましょう。

また、急に機内が揺れることもあるので、お子さんが落ちないように、

いつも以上に注意が必要です。

飛行機によってはオムツ交換台がないこともありますので、

その場合は乗務員に尋ねてみてください。

オムツ交換できるスペースに案内してもらえます。

もしくは、飛行機を予約する時点で、

オムツ交換台が付いている機体がどうか確認しておくと良いでしょう。

 

機内で交換したオムツの捨て場所

交換した使用済みオムツの捨て場所は、予め乗務員に確認しておきましょう。

トイレ内のゴミ箱に捨てていい場合がほとんどですが、臭いがしますので、

必ずビニール袋に入れて口をしっかり閉じて捨ててください。

ビニール袋はいくつか持っていると良いのですが、もし持っていなかったら、

乗務員からエチケット袋をもらえますので、

交換したオムツはその中に入れて捨てると良いでしょう。

いつもは布オムツを使用していても、機内では処理するのが大変なため、

出来ればフライト中は紙オムツにしておくことをおすすめします。

 

機内でオムツ替えする際の注意点

フライト中、シートベルト着用サインが点灯したら、トイレを使用できません。

特に天候が悪いと揺れが激しくて、なかなかトイレに行くことが出来ないので、

なるべく、トイレを使える時にオムツ交換をしておくようにしましょう。

スポンサーリンク

もし手持ちのオムツが足りなくなってしまったら、

紙オムツが余分に用意されている場合もありますので、

乗務員に確認してみるといいですよ。

ただし、オムツのサイズがお子さんと合っていないかも知れませんので、

やはりいつも使用しているものを多めに持ち込んでおくと安心です。

 

もし親御さんがトイレに行きたくなったら

機内のトイレはとても狭いため、オムツ交換台に赤ちゃんを乗せたままだと、

親御さんが用を足せません。

ご夫婦で搭乗しているならば、片方がトイレに行っている間は、

赤ちゃんを見ていてもらうことが出来ますが、

お母さん一人だった時は困りますね。

そんな時は我慢せず、乗務員に声をかけてみましょう。

トイレに行っている間、お子さんを見ていてもらえますので、

例えお子さんがぐっすり寝ていても、

座席に一人置いたままにすることがないようにしましょう。

 

まとめ

機内でオムツ交換できるスペースは、狭いため、

搭乗前の空港でオムツ交換をまず済ませておきましょう。

それでもフライト中にオムツを替える時は、

揺れに注意して、トイレ内で交換します。

オムツの捨て場所は乗務員に確認した上で、

ビニール袋に入れた状態で捨ててください。

もしトイレが使用中でなかなか空かなかった時も、

乗務員に相談してみると、オムツ替えさせてもらえる

スペースに案内してもらえる場合もありますよ。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑