お盆の時に役立つ!供物の品物選びとお供えする時のマナー

公開日:  最終更新日:2017/06/12

お盆になると親類が帰省して集まり、仏様へのお供え物を

持ち寄ることが多いですね。

ですが、どんな品物を持って行こうか、

仏壇にはどうやってお供えすればいいのか、よ

く分からない方もいらっしゃると思います。

特に配偶者の実家で初めて過ごすお盆ならば、

失敗のないように気を付けたいものですね。

そこで今回は、お盆の時に持って行く供物の品物選びや、

実際に仏壇へお供えする方法などを解説します。

ぜひ覚えておいて、お盆の時に役立ててください。

スポンサーリンク

お盆のお供え物はどんな商品が最適?

誰もが迷うであろう、持参するお供え物選び。

一般的にはお線香やお花、素麺、飲み物などですが、

特に集まる親戚が多いのでしたら、線香やロウソクよりも、

お菓子の方が良いかも知れませんね。

故人様が生前お酒好きだったり、親戚にお酒を飲まれる方が多いのでしたら、

ビールでも良いと思われます。

小さいお子さんや、甘党の方が多い場合は、果物やゼリー、

焼き菓子など甘いお菓子がおすすめ。

暑い時期ですので、日持ちしないものや生ものは

なるべく避けたほうが良いでしょう。

また、もしお供え物の商品を線香するのでしたら、

滅多に買わないであろう高価で品質の良い線香を送ると良いですよ。

 

帰省が出来ない時はお供え物を配送する

もしお盆の期間中に休みが取れずに、帰省できなかった場合は、

お供え物だけでも配送して届けるようにしましょう。

お盆に入る前に届いているのが望ましいので、

早めに手配をしておくことをおすすめします。

配送の際は、手紙を一筆添えるようにして、訪問できないことをお詫びして、

お供え物を届ける旨を書いておきましょう。

ちなみに配送する時も、持参する時も、お供え物の熨斗紙(のしがみ)は

結び切りの水引で、色は関東ならば黒白、関西ならば黄白を付けておきます。

表書きは『御供』としておけば、どの宗派でも共通なので問題ないでしょう。

 

仏前にお供えする時は

集まったお供え物は、まず仏様が召し上がるので、仏前に供えておきます。

この時、包装紙に包んだままではなく、きちんと箱から出して、

すぐに食べられるようにしましょう。

果物ならば、ぶどうは洗っておき、リンゴや梨などでしたら、

皮を剥いて食べやすい大きさにカットしてお皿に盛り、

フォークも添えておきます。

素麺をはじめ乾麺なども、茹でてから盛り付けして、

お箸とつゆも添えてお供えしましょう。

お菓子は小分けになっているものでしたら、

スポンサーリンク

箱から出した小袋の状態でお供えします。

何をお供えしているか、どんな物を頂いたかなどを、

一目で分かるようにしておくのが一般的なマナーです。

 

下げたお供え物は頂いて良い?

仏様が召し上がった後の食べ物は、家族や集まった親類皆さんで頂きましょう。

小分けになっていて日持ちのするお菓子ならば、

お土産として渡すのも良いですね。

もしご近所の方が挨拶に見えたら、

お供えした果物やお菓子をお出ししても構いません。

お仏壇にお供えした食べ物は、お下がりとして親族で頂くことで、

仏様への供養にもなりますので、

ぜひ集まった皆さんで召し上がってください。

 

まとめ

お盆のお供え物は、小分けに出来るお菓子や、乾麺、集まる方々にも

喜んで頂けるようなものがおすすめ。

いずれも出来れば日持ちのするものが望ましいですね。

お線香なら、高級品を贈ってみてはいかがでしょうか。

配送でお供え物を届けるのでしたら、一筆手紙を添えて、

お盆前に着くよう手配しておきます。

そして、頂いた食品のお供え物は、すぐ食べられる状態で仏壇に置き、

後ほど集まった皆さんで召し上がりましょう。

ただし、地域や家庭によっては、風習が少しずつ異なる場合もありますので、

帰省先のお宅や集まる親類の方に、

分からないことは聞いてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑