鼻緒で足が痛い!下駄の鼻緒擦れにはこんな対策をしよう

公開日: 

浴衣を着た時に下駄を履くと、鼻緒の部分が擦れて

足が痛くたってしまうことはありませんか?

せっかく浴衣を着て花火大会やお祭りに来たのに、

これでは楽しめませんよね。

そこで今回は、下駄を履き慣れていない方でも、

鼻緒擦れしにくくなる方法を紹介します。

浴衣でお出かけの際は、ぜひご活用ください。

スポンサーリンク

下駄を履くとなぜ鼻緒擦れするの?

下駄を履くと足が痛くなるには、いくつかの理由があります。

鼻緒の素材が固く、下駄を履いて歩いていると、

足の親指と人差し指の間に当たってしまうこと。

もしくは、鼻緒がきつくて、足の指を圧迫して痛みが生じること。

他にも、履き慣れていないため鼻緒だけでなく、

下駄の台にも足が擦れて当たると、痛みの原因になります。

歩くたびに足の皮膚が下駄本体や、鼻緒との摩擦が生じ、

皮がめくれたり水膨れになってしまうこともあるので、

せっかくのお祭りや花火大会が台無しになってしまいますね。

下駄に慣れていないのであれば、履く前に鼻緒擦れなどの

対策を行っておくと良いでしょう。

 

自分の足に合った下駄を履く

下駄に限らず、履物で最も重要なのが、自分の足に合ったものを履くこと。

本当は、鼻緒や土台を選び、自分の足に合うようにすげてくれる

お店で購入するのが、一番望ましいのです。

でも多くの方が、下駄は百貨店や衣料品店で販売されている、

既に完成された状態の下駄を安く購入するのではないでしょうか。

出来上がった状態の下駄は、主にサイズがSMLと表記されていることが

多いため、大まかなサイズは合っていても、

個人個人の足の形に合わない場合があるのです。

出来れば購入したら、出掛けるまえに履いてみて、

よく足を慣らしておくと良いでしょう。

また、下駄を購入する時は、鼻緒が柔らかい材質のものを選ぶと、

より鼻緒擦れしにくくなりますよ。

 

効果的な予防法とは

おろしたての下駄を履くのでしたら、まず鼻緒部分を上に引っ張って

伸ばしておくようにしてください。

足の指で挟む鼻緒の前坪(まえつぼ)と呼ばれる部分も、

よく揉みほぐして柔らかくしておきましょう。

すると多少ですが鼻緒が伸びるので、指に当たって

きつくなることが抑えられます。

また、下駄を足に慣らすために、履いて外を少し歩いてみましょう。

そうすれば、足の皮膚が下駄のどこに当たって痛くなるかも分かるので、

予め絆創膏などを貼っておいてカバーが出来ます。

スポンサーリンク

 

鼻緒擦れを防ぐにはジェルパッドを使う

鼻緒の前坪部分に、専用のジェルパッドを貼っておくことで、

指と鼻緒の摩擦を防ぐことが可能です。

透明なジェルパッドなので、そんなに目立たないですし、

下駄だけではなく、サンダルにも使えるのでとても便利。

靴専門店や量販店で購入できるので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

 

絆創膏を貼っておこう

鼻緒だけではなく土台も擦れて、皮膚が剥けてしまうのでしたら、

その部分に絆創膏を貼って保護しましょう。

通常の絆創膏も良いですが、足のマメや靴擦れ専用の製品もあるので、

試しに下駄を履いてみて、擦れて痛くなる部分があったら

予め貼っておいてください。

 

まとめ

夏は浴衣を着て、お出掛けを楽しみたいですね。

そんな時に足元が痛くなっては大変なので、

しっかり下駄の鼻緒擦れ予防をしておきましょう。

下駄を購入する際も、鼻緒が柔らかめなものを選ぶことをおすすめします。

おろしたてならば、出掛けるまえに鼻緒をよく伸ばして、

試しに少し履いて足に慣らしておきましょう。

もし指が痛くなったり、鼻緒擦れしそうでしたら、

保護パッドなどを使って、カバーしておくと良いですよ。

これらの対策をしていれば、下駄を履いても鼻緒擦れが抑えられるので、

浴衣でお出かけの際は、実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑