いつまで贈れば良い?仲人さんへのお中元やお歳暮の辞め時

公開日: 

結婚の際に何かとお世話になった仲人さんには、

お中元やお歳暮を贈るのが基本的なマナーですが、

いつまで贈り続けるべきなのでしょうか。

もう結婚してから何年も経ち、あまり交流もしなくなり、

連絡も取り合わなくなってしまったら、お中元やお歳暮を贈るのを

やめても良いのか、ちょっと悩んでしまいますよね。

今回は、意外と知られていない、仲人さんへのお中元やお歳暮の辞め時や、

その際のマナーを紹介していきます。

スポンサーリンク

 仲人さんへ贈っていたお中元やお歳暮はいつやめる?

結婚式でその場限りの仲人さんだったとしても、

お中元や御歳暮は贈るものです。

ですが、結婚してから何年も経っていると、

疎遠になってしまう場合も多いですよね。

実は基本的に、仲人さんとの縁は3年で切るとされています。

要するに、結婚してから3年経ったら、お中元やお歳暮は

贈るのを終わりにしても問題ないのです。

仲人さんは結婚してからも、夫婦に何かあったら手助けしてあげるものですが、

3年も経てば、基本的に夫婦としての絆が深まっていくものです。

そうしたら仲人さんも、もう手助けしなくても大丈夫となるので、

お中元やお歳暮などのやり取りも終了となります。

最近では3年未満で贈るのをやめてしまうケースもあるようですが、

基本的には3年間は贈っておくのが作法なので、覚えておくと良いでしょう。

 

お中元を贈るのをやめる時のマナーとは

何度か仲人を経験したことのある方でしたら、3年経ってお中元などが

贈られなくなっても、事情を知っているので、

特に気を悪くすることはないそうです。

ですが、何も連絡せずにそのまま突然やめてしまうことが、

何だか心苦しくて抵抗があるのでしたら、お中元やお歳暮は贈らずに、

暑中見舞いや寒中見舞いなど、季節のあいさつ状を出したり、

年賀状のやり取りをしていくようにしましょう。

また、最後のお中元、もしくはお歳暮を出す時に、

品物に付けるのし紙の表書きを『感謝』としておくと良いですよ。

その際には、今までのお礼と感謝の気持ちと、来年以降は失礼させて頂きます、

という文を書いた挨拶状を添えて贈ると、より丁寧で、

先方に失礼のないお中元の終了の仕方になるでしょう。

 

もしタイミングを逃してしまったら

気が付いてみたら3年が過ぎ、仲人さんとのお中元やお歳暮のやりとりを

終了するタイミングを逃してしまうということも、十分にあり得ます。

スポンサーリンク

タイミングを逃してしまった時は、その年はお中元かお歳暮の

どちらか片方だけを、挨拶状を添えて贈り、翌年からは年賀状や季節の

挨拶状だけのやり取りに切り替えて問題ないでしょう。

また、仲人さんのほうから、今後はお気遣い不要です、という旨が書かれた

挨拶状が送られてくる場合もありますので、その時はもうこちらからも

何も贈らずに、お中元などのやり取りを終了しても構いません。

 

仲人さんによってはやめない方が良い場合も

仲人さんとの関係は3年で終了という習わしがありますが、

これはあくまで結婚式の時だけお世話になり、

現在はほとんど交流がない仲人さんに限ります。

仲人さんがもし親しい方や、職場の上司であったり、

親類の方に行って頂いた場合は、今後もお世話になり、

交流もあると思いますので、3年目以降もお中元や

お歳暮のやり取りは続けていくべきでしょう。

ただし先方から、お中元などを遠慮する内容の挨拶状が届いた時には、

もちろんやめてしまって大丈夫です。

 

まとめ

基本的に仲人さんへは、3年を目途にお中元や

お歳暮を終了してしまって構いません。

どうしてもやめづらいという場合は、

年賀状などのやり取りをするようにしましょう。

また、もし仲人さんが上司や親戚の方でしたら、

3年を過ぎても贈る必要がありますので、注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑