婚約者のご両親にお中元は必要?失敗できないお中元のマナー

公開日: 

お中元は日頃お世話になっている方へ、感謝の気持ちを込めて贈るものですが、

もし婚約したら相手方のご両親にも、何か品物を贈るべきなのでしょうか。

婚約中ならば、まだ親類というわけではありませんが、

これから先、長い付き合いになるため、挨拶代わりにも

贈っておいたほうが良いのか、分からなくなりますよね。

今回は婚約者のご両親には、お中元やお歳暮は必要か否かを解説します。

スポンサーリンク

 

婚約者のご両親にお中元を贈る?

もし結婚しているならば、義両親にお中元を贈ることはあり得ることですが、

婚約者のご両親ともなれば、悩みどころです。

これからよろしくお願いします、という挨拶も兼ねて、

お中元贈ったほうが良いのか、もしかしたらまだ結婚もしていないのに、

品物を贈っては何か失礼に当たるのか、不安になってしまいます。

でも実は、婚約者のご両親には、お中元は贈らなくても良いのです。

お中元とはそもそも、日頃の感謝を込めて、お世話になっている

会社の上司や取引先の方、親戚などに贈るものなので、

婚約の段階でお中元を渡しては、かえって相手方のご両親が

恐縮してしまうかも知れません。

また、お中元をこちらから贈ると、婚約者のご両親もお返しを

何か考えなければいけなくなるので、

お手間をかけさせてしまう場合もあるのです。

そのため、まだ婚約中であるならば、

相手方のご両親にお中元やお歳暮は贈る必要はないでしょう。

ただし、家庭によっては婚約した時点で縁が出来たのだから、

お中元を贈ったほうが、丁寧さが伝わる、という考えもありますので、

迷ったら婚約者様に相談してみることをおすすめします。

 

節目の挨拶は忘れずに

婚約者のご両親にお中元やお歳暮は不要ですが、もし結婚するまでの間に、

お正月を迎えるようでしたら、年賀状を贈ると良いでしょう。

また、結婚の挨拶に相手方の実家を訪問した際に、

きちんと手土産を持参すれば、問題はありません。

 

万が一お中元を贈ってしまったら

もし良かれと思って、婚約者のご両親にお中元を贈ってしまった場合、

相手方のご両親から、これからはお気遣いなく、と伝えられるかもしれません。

そうしたら、言葉通りに受け取って、今後は結婚してからも、

相手方のご両親へのお中元やお歳暮などは贈らなくても良いでしょう。

 

交際相手のご両親には

結婚の予定はあるけれど正式に婚約をしていない場合や、

交際中で彼氏彼女の間柄でしたら、やはりお中元は不要です。

スポンサーリンク

相手方の実家を訪問した時に、手土産を忘れないように

しておけば失礼には当たらないでしょう。

また、婚約まで行っておらず、交際中の段階でしたら、

そこまで気を遣う必要もないので、

最低限の礼儀をわきまえていれば問題ありません。

 

もしどうしてもお中元を贈りたい時は

婚約者のご両親とも何かと会う機会も多く、お世話になっていて、

どうしても感謝の気持ちを込めてお中元を贈りたい場合は、

まず婚約者様と相談してみましょう。

もしお中元を贈ることになったら、相手方のご両親はどんな物を贈ると

喜ぶのかをリサーチして、品物を選ぶことをおすすめします。

もしくは、お中元として贈ると、相手方のご両親もお返しを

考える必要が出来て、負担をかけてしまいますので、

訪問した時に手土産として旬の食べ物などを贈るのも良いでしょう。

 

まとめ

お中元は、そのご家庭によって贈るかどうかの決まりがあるものです。

迂闊に良かれと思ってお中元を贈ってしまうと、

逆に相手に負担をかける場合もあり、もしかすると思いがけないトラブルに

発展するかも知れませんので、慎重に決めていく必要があります。

一般的には、まだ結婚していないのでしたら、お中元は贈らずに、

お宅にお邪魔した際に手土産を持って行くようにすれば、

マナー違反にはならないでしょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑