どんな服装が相応しい?結婚式に招待された時のドレスコード

公開日: 

もしも結婚式に招待されたら、どんな服装で行くのがベストなのでしょうか。

着るものだけでなく、靴やバッグなども、いつもと

同じというわけにはいきませんよね。

そこで今回は、結婚式にゲストとしてお呼ばれした時に、

誰もが迷うであろう、服装のマナーについて紹介します。

 

平服ってどんな服装?

友人や親戚、職場の上司や先輩、同僚などの結婚式にお呼ばれされた場合、

届いた招待状を見ると、平服でお越しください、と書かれていることがあります。

この平服とは、平常時に着ているようなカジュアルな服、

ということではなく、略式礼装という意味なのです。

略式礼装は男性ならば、白いシャツに冠婚葬祭用の黒スーツとネクタイ、

女性は白以外のパーティードレスや上品なワンピース、もしくは

色留袖(いろとめそで)、訪問着(ほうもんぎ)といった着物が当てはまります。

 

先輩の結婚式

職場の先輩や上司など、目上の方の結婚式では、

より気を遣った服装をした方が良いでしょう。

一般的に、新郎新婦よりも目立つ格好はしないのがマナーですが、

もし目上の方の結婚式ならば、些細なことにも気を配っておくことがおすすめ。

例えば、女性ならば、より新婦を引き立てるため、

靴もなるべくヒールが高すぎないものを履き、

メイクも控えめにしておくと良いでしょう。

また男女共に、香りの強すぎる香水はつけないことがマナーです。

 

フォーマル・ドレスについて

ゲスト側の女性は、パーティー用のフォーマルな

ワンピースドレスを着る方も多いですね。

シフォン素材やレース生地を使ったふわりとしたデザインで、

色は淡いピンクやブルー、ベージュなどが好まれます。

スカートの長さは膝丈くらいが最も無難です。

露出も控える必要もあるため、ボレロやショールを羽織ることもありますが、

ニットや毛皮のものは結婚式にはマナー違反となりますので、ご注意を。

また、体形がくっきり出るような、ぴったり過ぎるドレスはNGです。

ちなみに、着物でしたら、既婚未婚問わず着られる訪問着がおすすめ。

品が良く華やか過ぎない柄のものを選びましょう。

 

白はNG?

ゲストは男女共に、新郎新婦より目立ってはいけません。

また、白は結婚式では花嫁さんだけが着ていい色なので、

ゲストの方は白い服装をしないように注意しましょう。

アイボリー・カラーも白に見えてしまうことがありますので、

白に近い色の服装は極力避けた方が無難。

 

2次会に誘われた場合の服装は?

二次会にも出席する場合は、会場のタイプによって服装を変えましょう。

例えば、ホテル内にあるパーティー会場など、フォーマルな会場ならば、

スポンサーリンク

結婚式と同じ服装でも構わないでしょう。

もしお洒落なレストランでの立食パーティーなどならば、

ドレスの上からカーディガンを羽織るなどして、露出を更に抑えます。

男性はフォーマルなスーツにネクタイ着用であれば問題ありません。

そして、居酒屋やカラオケボックスなどでの、

仲間内で集まるような二次会でしたら、気合の入った服装でなく、

よそ行きのおしゃれ着程度で十分です。

男性はネクタイなしでも、ジャケットだけは羽織っている方が良いでしょう。

 

小物について

男女共に、フォーマルな席では腕時計はNGです。

女性は基本的に、アクセサリーはパールのものを付ければ間違いありません。

ただし、ブラックパールは不祝儀を連想させるので、白のものを付けましょう。

ピアスやイヤリングは揺れるものではなく、

耳たぶにぴったり添うものにしてください。

ヘアアクセサリーも目立たないものがおすすめ。

バッグは女性ならばパーティーバッグかクラッチバッグを、

男性は基本的に会場内にはバッグを持ち込みません。

女性の靴はヒールが細く3㎝以上のパンプスで、

必ず肌色のストッキングを履きましょう。

男性は紐付きの黒い革靴で大丈夫です。

 

まとめ

結婚式にゲストとして出席する場合、男性はブラックスーツ、

女性は膝丈のワンピースドレスとボレロかショールにしておくのがベストです。

ゲストの服装マナーで重要なのは、新郎新婦よりも目立たないけれど、

品のある服装を心掛けることです。

是非、マナーを守った装いで、新郎新婦

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑