もし夏に停電したらどうするべき?災害時に暑さを凌ぐ方法

公開日: 

私達が生活していくなかで、電気は欠かせないものです。

ところが、地震や落雷などの天災や、事故などにより、

思いがけなく停電が起きてしまう場合もありますね。

ではもし、真夏に停電が起きて、電気がストップしてしまった場合は、

どのように暑さ対策をしていけば良いのでしょうか。

今回はそんな、電気が使えなくなってしまった場合に、

暑さを凌いでいく方法や、備えておくと何かと安心な物を紹介します。

災害時にも役に立ちますので、ぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

停電したらどんなことが起きる?

実際に停電が起こると、冷蔵庫やテレビ、洗濯機などの家電はもちろん、

携帯電話の充電すら出来なくなってしまいます。

数時間だけならば、どうにか耐えることも難しくありませんが、

災害や何らかの事故により、ライフラインが途絶えてしまい、

復旧するまで数日かかるとなったら、かなり生活に支障が出るでしょう。

もし夏場だったら、エアコンも扇風機も使えない状態なので、

熱中症の危険性も高くなるので、体力の低いお年寄りや赤ちゃんは、

特に注意が必要。

そこで、電気が使えなくても涼しくする方法を身に付けておきましょう。

 

電気を使わない暑さ対策

まずは必要なのは、換気することです。

出来れば、部屋の窓は2ヵ所以上開けて、

家の中に風の通り道をつくっておきます。

また、家の周囲を打ち水しておくのも効果的。

ただし、昼間は水を撒いてもすぐに蒸発してあまり効果が得られませんので、

朝と夕方に打ち水をすると良いでしょう。

なるべく日が当たる場所よりも、日陰に打ち水をしてください。

そして、気を付けたいのが熱中症ですね。

対策としては、水で濡らしたタオルを首に巻くことで、体の熱を下げられます。

保冷剤があればより体を冷やせるので、出来れば冷凍庫には

保冷剤を常備しておきましょう。冷えピタがあれば、

おでこに貼っておくとより効果的。

もし車を持っていて、ガソリンがまだ残っているようなら、

一旦車内へ避難するのもおすすめです。

ガソリンがある限りエアコンも使えるし、ラジオから情報収集も出来ます。

ただし、エアコンが使えない状態になったら、車の中はすぐに温度が

上昇して危険ですので、すぐに出て家に戻りましょう。

夜もエアコンや扇風機が使えないと、暑さでとても寝苦しいので、

就寝時にはひんやりする冷感マットや枕カバーなどを活用すると良いですよ。

 

スポンサーリンク

夏場の停電に備えておくと良い物

万が一、家族が熱中症になってしまった時に、

携帯電話の充電が切れていては救急車が呼べません。

そのためにも、ソーラー式の充電器を最低でも家に一つはあると良いでしょう。

もちろん購入の際には、お使いになっている機種に対応しているものを選んでください。

また、小型ではありますが、扇風機にもソーラー式ものがあるので、

暑さ対策に役立ちます。

この他に、暑さを凌ぐためにも、冷感マットや水枕、

保冷剤なども揃えておきましょう。

特に保冷剤は体の熱を冷ますだけでなく、電気の止まった冷蔵庫内の食べ物も、

一時的ですが冷やすことが出来るので、何かと便利です。

そして、犬や猫などを飼っているご家庭では、大理石のひんやりボードを

買っておいてあげると、ペットの暑さ対策になります。

 

まとめ

停電はいつ起こるか分からないので、やはり日々の備えが大事です。

電気が通っていなくても使えるような、ソーラー式かもしくは、

電池式で稼働する充電器や懐中電灯、扇風機などがあると非常時に役立ちます。

暑さ対策のためにも、冷えピタや保冷剤を常備していると良いですね。

特に夏場は暑さで熱中症になる危険性もあるため、いつ停電が起きても

大丈夫なように、電気を使わない暑さ対策も覚えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑