お中元を頂いた側の大事なマナー。お礼状の正しい書き方とは

公開日: 

お中元が届いたら、お礼状を書いて送るのがマナーですが、

どう書けば正しいのかがよく分かりませんよね。

今回は、お礼状の書き方をはじめ、いつ頃までに出すべきなのか、

お返しの品は必要なのかなども含めて紹介いたします。

お礼状のマナーを知っていれば、

初めてお中元が届いた時も慌てずに対応できますよ。

スポンサーリンク

 

お中元が届いたらお礼状を書こう

お中元が宅配便などで贈られてきたら、お礼状を書きましょう。

先方が訪問して手渡しでお中元を贈られたら、

家に上がって頂いてお茶などを振舞うのが礼儀作法です。

でも最近では手渡しよりも、宅配便で自宅に届ける場合のほうが、

多いのではないでしょうか。

特に目上の方からお中元が届いた場合には、

きちんとお礼をしなければなりません。

そのためにも、正しくお礼状を書いて送りましょう。

 

お礼状の書き方とは

正式なお礼状を書く場合、紙はハガキよりも縦書きの便せんを

選んだほうが、より丁寧さが伝わります。

お礼状を書く時にポイントとなるのが、お礼の気持ちと、

お中元を頂いて家族が喜んでいると伝えることです。

書き方としては、まず時候の挨拶、お礼の言葉、

自分や家族がお中元の品に喜んでいること、先方の健康を気遣う言葉を書き、

最後に結びの言葉を記しておきます。

恐らくイメージが湧かない方もいらっしゃるので、

以下の例文を参考にすると良いでしょう。

 

拝啓

梅雨が明けて本格的な夏を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。

このたびは結構なお中元の品をお送り頂き、ありがとうございました。

家族全員大喜びで、おいしく頂いていたところです。

これから暑さが続きますので、体調にはくれぐれも気を付けてお過ごしください。

略儀ながら、書中にてお礼申し上げます。

平成○○年  盛夏

 

お礼状はいつ頃送るべき?

お中元を頂いたら、一週間以内には贈り主様へ届くようにします。

あまり遅いと失礼に当たりますので、出来ればなるべく早めに

お礼状を書いて送るようにしましょう。

 

お返しの品物は必要?

お中元のお礼として、受け取ったこちら側から物品を贈る必要はありません。

本来お中元とは、日頃の感謝を込めて贈るものなので、

お返しになにか品物を贈らなくても失礼に当たらないのです。

以前からお中元のやり取りをしている関係の方でしたら、

いつも通りにこちらもお礼の品ではなく、お中元として物品を贈りましょう。

スポンサーリンク

また、頂いてばかりで申し訳ない、と感じた場合には、

暑中見舞いなどで何か物品を贈ること良いですよ。

 

手紙ではなくメールや電話でも大丈夫?

最も丁寧なのはやはり手紙ですが、とても親しい友人や知人、

いとこなどの身内であれば、メールや電話、

もしくは最近でしたらLINEでも構わないでしょう。

仲の良い友人に、かしこまった手紙を送ると、

かえって戸惑ったり恐縮してしまうかも知れませんので、

先方に応じてお礼の伝え方を変えるのも良いと思われます。

そのため、目上の方でなければ、電話をして気軽にお礼を言うことも、

メールでフランクにお礼を伝えても、失礼には当たらないでしょう。

ただし、多忙な方でしたらなかなか電話に出られない可能性もあるので、

その時はメールか手紙にしておくと良いですよ。

 

まとめ

お中元を初めて受け取ったら、せっかくの真心ですのでありがたく頂戴し、

感謝の気持ちを込めて、こちらもお礼状を早めに送りましょう。

その時には必ず、お中元のお礼と、品物を頂いて自分と家族が

喜んでいる様子も伝えることが大切です。

ただし、とても仲の良い友人や身内の方でしたら、

あまりかしこまった手紙でなくとも、電話やメールでも問題ありません。

ぜひ先方に失礼のない方法で、お中元のお礼を伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑