お中元ののし紙はどこに貼る?のし紙の正確な位置や種類とは

公開日: 

お中元をはじめ、贈答品には欠かせないのし紙ですが、

正しい貼る位置などをご存じでしょうか。

間違った位置にのし紙を付けて送ってしまっては、大変ですね。

今回は、お中元に貼るのし紙の正しい位置や、種類は通常のものか短冊か、

どちらが適切なのかなどを紹介します。

お中元を贈る際にはぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

お中元に貼るのし紙とは

のしとは贈答品に添える飾りのことです。

水引やのしを印刷した紙のことをのし紙といい、お中元やお歳暮、

お年賀や暑中見舞いなどで贈る物品に付けるのが習わしとなっています。

種類は掛け紙という大きめのものと、短冊と呼ばれる細長いのし紙の二つ。

掛け紙を簡易的にしたものが短冊ののし紙であり、これを貼る時は、

位置に気を付けなければなりません。

 

のし紙はどの位置に貼るのが正解?

のし紙をお中元に貼る際は、掛け紙ならば、水引の結び目が

品物の中央にくるように箱を覆って貼り付けます。

短冊ののし紙は、お中元の品物の右上に貼るのが正しい位置です。

ちなみに、短冊型ののし紙は簡易的で便利なものではありますが、

目上の方、尊敬する大切な方にお中元を贈る場合は、

やはりきちんとした掛け紙を貼るようにすると良いでしょう。

 

のし紙は包装紙の外側?内側?

お中元など品物を贈る時に迷うのが、のし紙は品物の箱、つまり包装紙の

内側にかけるのか、もしくは包装紙の外側にかけるのかですね。

お中元を配送で贈るのでしたら、包装紙で包む前に

のし紙をかけておくと良いでしょう。

反対に、もしお中元を訪問して手渡しで贈る場合には、

包装紙の外側にのし紙がかかっているほうが良いのです。

このように渡す状況によって、のし紙は外側か内側かに使い分けられます。

ただし、地域や家庭によっては、逆の場合もありますし、

内側か外側のどちらか一方のみに限られることもあるので、注意が必要です。

分からなくなったら、お中元を贈る相手が住んでいる地域を確認し、

百貨店の販売員に相談してみると良いでしょう。

 

表書きと名入れについて

お中元贈る場合、一般的にはのし紙には、掛け紙、短冊共に

水引の上部分に『お中元』もしくは『御中元』と書いておきます。

のし紙の下段にある、名入れと呼ばれる部分には、

贈り主様の氏名を記入しておきましょう。

一般的にはフルネームを書きますが、目下の方へ贈るお中元でしたら、

スポンサーリンク

姓のみでも結構です。

もしご夫婦連名で贈る場合は、右側にご主人様、左側に奥様の

名前を書くと良いでしょう。また、連名は3名までです。

連名がもし3名以上の場合は、名入れ部分の中央に代表者の氏名を書き、

そのすぐ左下に『他一同』と記入すれば問題ありません。

会社名を書く時は、名入れの中央に氏名を、

その右側に社名を小さく書いておきましょう。

ちなみに、もしお中元の期間である、7月15日を過ぎてしまっていたら、

表書きには『暑中見舞い』や『暑中御伺い』と記入しなければ

いけませんので、注意が必要です。

また、立秋である8月7日を過ぎていたら、『残暑見舞い』か

『残暑御伺い』になるので、覚えておくと良いでしょう。

そして、のし紙に表書きや名前を記入する際は、

濃墨の毛筆を使用することが望ましいです。

 

まとめ

お中元に限らず、お歳暮などの贈答品にかけるのし紙は、掛け紙ならば

水引が中央になるように貼り、短冊型は右上に貼るのが正しい位置です。

のし紙は配送で贈るならば包装紙の内側にかけ、

手渡しならば外側にかけるのが一般的です。

表書きは基本的に『御中元』と書いておきますが、期間に注意してください。

特に初めてお中元を贈る方は、何かと分からないことだらけですので、

疑問点は百貨店の店員さんに尋ねると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑