髪型にもマナーがある?結婚式に最適なヘアスタイルとは

公開日: 

結婚式などフォーマルな場にお呼ばれした時に、

服装と同じくらい悩むのがヘアスタイルですね。

普段あまりヘアセットしない方でも、結婚式に招待されたら、

やはりそれなりの髪型をしなければなりません。

そのためにも、ゲストはどんな髪型をしていくのが相応しいのか、

どんなマナーがあるのかを知っておくと良いでしょう。

今回は、結婚式にお呼ばれした時のヘアスタイルについて紹介します。

スポンサーリンク

 

こんなヘアスタイルはNG

まず覚えておかないといけないのが、結婚式で

ゲストがするには相応しくない髪型です。

ロングヘアのダウンスタイルや、セットを全くしていない

ヘアスタイルはNGです。

やはり結婚式というフォーマルな場なので、

女性は特に何かしらのセットはするべきでしょう。

また、お辞儀など下を向いた時に、髪が顔に垂れてくるのも、

あまり清潔感があるとはいえないのでマナー違反です。

顔にかかる髪はまとめるか、髪留めを使うか、束ねておくようにしましょう。

ただしハーフアップならば、きちんとセットすれば

顔に髪がかからないので、問題ありません。

そして派手なカラーリングやヘアアレンジは、

花嫁よりも目立ってしまうため、当然NGです。

また、なるべく花嫁と同じ髪型にならないように気を付けましょう。

もし新婦側のゲストならば、事前に式当日のヘアスタイルを聞いておいて、

髪型が被らないようにすると良いですよ。

 

どんなヘアスタイルが最適?

髪の長さがショートでしたら、前髪を上げてカチューシャで

留めるとすっきりとした髪型になります。

もしくは、サイドの髪をバレッタなどで留めるだけでも、

おめかしヘアスタイルになります。

ミディアムヘアの場合は、ハーフアップや、

夜会巻きなどのまとめ髪がおすすめ。

また、サイドの髪を編み込んで後ろでまとめるだけでも、

おしゃれなヘアスタイルになりますよ。

そしてロングヘアの方も、おすすめはコームやヘアクリップなどを使った、

アップスタイルです。

髪の量が多くてまとめるのが大変な方は、サイドの髪を編み込んで、

低い位置でポニーテールにすると、品よくおしゃれに仕上がります。

 

髪飾りはシンプルに

ヘアアレンジに使う髪飾りも、大き過ぎず派手ではないものを使いましょう。

注意点として、ティアラや大きな花のコサージュは、

結婚式では新婦が付けるものなので、ゲストは使用を控えておきます。

また、シュシュやリボンなどカジュアル過ぎる髪飾りも

なるべくつけないほうが無難。

パールやライトストーンをあしらった、シンプルな髪飾りを

スポンサーリンク

付けるようにすれば、まず問題はありません。

 

美容室?それとも自分で?

やはり結婚式は髪型もきちんとセットするのが望ましいので、

出来れば美容室やヘアセットサロンへ行き、

プロにヘアアレンジをしてもらいましょう。

そうすれば、崩れる心配もなくなります。

混雑する場合があるので、サロンは必ず早めに予約しましょう。

そして、事前にどんなヘアスタイルにするか決めて、

写真も持って行くとスムーズにセットしてもらえます。

もし髪飾りを付けるなら、忘れずに持参してください。

ご自身でセットする場合は、式の途中で崩れないように気をつけましょう。

ヘアアレンジを自分であまりしたことがないのでしたら、

難しいセットは選ばすに、万が一崩れてもすぐに直せる

簡単なヘアスタイルにしておきましょう。

 

男性のヘアスタイル

男性も女性同様に、派手ではない清潔感のある髪型が望ましいですね。

一般的に男性のゲストは、整髪料でしっかりと

撫でつけておくだけでも十分です。

過度でなければパーマがかかっていても大丈夫ですが、

明るすぎるヘアカラーは控えましょう。

 

まとめ

結婚式にゲストとしてお呼ばれされたら、やはりフォーマルな場なので、

奇抜な髪型やヘアカラーは控えるべきです。

また、カジュアルやラフ過ぎるのも場違いになってしまいますので、

男女共に清潔感があってきちんとセットをした髪型で出席しましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑