喘息が悪化する原因は台風?その理由と対策方法とは

公開日:  最終更新日:2017/08/02

喘息を患っている方は、台風が接近していると、

症状が悪化することはありませんか?

特に子供は、更に症状が重くなる可能性もあるので、

注意が必要なのです。

そこで今回は、なぜ台風で喘息が悪化するのかと、

その対処法などを紹介していきます。

喘息を患っているお子さんをお持ちの親御さんは、ぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

 台風で喘息が悪化する理由

そもそもなぜ、台風で喘息が悪化するのでしょうか。

一番の原因は、気圧の変化によるものとされています。

台風の低気圧によって、血管が膨張してしまい、

痰などの気道粘膜が増えていきます。

すると、気管支が狭まってしまい、いつも以上に喘息の発作が

発生しやすくなってしまうのです。

しかも気圧が変化することによって、ダニや花粉などの

アレルゲンも増えていくので、それらのアレルギー反応も、

喘息が悪化する原因となるでしょう。

 

特に悪化するのは小児喘息?

子供の気管は狭いので、台風による気圧の変化で炎症を起こしやすくなり、

大人よりも喘息が悪化してしまいます。

気道は傷つきやすく過敏になり、喘息の発作が出て、夜にも咳が止まらなくなり、

重度の発作が続いてしまう場合が多いのです。

ちなみに、小児喘息を患っていた方が成長し、症状が改善されたとしても、

台風が近づくと途端に、咳などの症状が出る場合も十分にあり得るので、

注意しましょう。

 

台風が原因の喘息対策

もしお子さんに喘息の発作が出てきたら、横にさせる際、

気管支を狭めないように注意しましょう。

枕を二つ重ねるなどして、上体を少し高くさせると、

気管支の狭まりを防ぐので、呼吸が幾分か楽になります。

お子さんが乳幼児ならば、抱っこしてあげてください。

うつ伏せで安静にさせるならば、正座をした状態で、体を前に倒しましょう。

この体制でも、気管支が狭くならないので、

喘息の発作が起きても呼吸がしやすくなります。

そして、気管や喉を乾燥させないように、水分をたくさん補給させてください。

特に緑茶を飲ませると、痰の切れも良くなるのでおすすめです。

水分を摂り、しばらく安静にしていても症状が改善されないようでしたら、

救急車を呼び、病院で診断を受けるようにしてください。

特に、激しい咳や、呼吸するとヒューヒューと音がしてきたら要注意です。

 

日常的にケアしておこう

お子さんが喘息を患っているのでしたら、天気予報はなるべくこまめにチェックし、

スポンサーリンク

台風が近づいてきたら、外出時にはマスクをさせて、

ホコリや花粉などのアレルゲンを吸い込まないようにします。

またお子さんが外出から帰ってきたら、よく手洗いと、

うがいも徹底させると良いでしょう。

台風が接近すると、湿気によって、アレルゲンとなる

ダニやカビが発生しやすくなります。

日頃から換気や掃除、シーツや枕カバーの洗濯もしっかり行っていきましょう。

ふとんも定期的に干したり、クリーナーを使って中に潜んでいる

ダニも除去するようにしてください。

風邪をひいたことによって、喘息の発作が突然起きる可能性もあるので、

ウイルスにも感染しないように注意しましょう。

 

まとめ

台風など低気圧によって、痰などが絡みやすくなり、

気管支が狭くなってしまうことで、喘息が悪化します。

小さいお子さんは気管支がかなり狭いので、大人以上に

ひどい症状が出るかも知れません。

喘息を患っている方は、普段から手洗いうがいを行い、

ダニやカビが発生しないように気を付けておくと良いでしょう。

もし台風の影響で、喘息の発作が起きたら、上体を起こして安静にさせ、

水分を補給させてください。

喘息は成長してからも、完治していないと発作が起きる場合もありますので、

しっかり治療して、日頃のケアも怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑