日焼け止めの効果を最大限に引き出す塗り方

公開日:  最終更新日:2017/06/12

夏目前のこの時期になると、気になりだすのが紫外線ですよね。

紫外線を直接肌に浴びてしまうと、日焼けをしてしまうだけではなく、

シミやしわの原因になったり、肌の病気にまでなってしまうことも…。

 

紫外線の害からお肌を守るためにも、

効果的な日焼け止めの塗り方は予習しておきたいものです。

 

そこで、日焼け止めの効果を最大限に引き出すことができる

とっておきの塗り方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

日焼け止めを塗る前の下準備を忘れずに!

 

日焼け止めを塗る前に、一通りのスキンケアをしておきましょう。

肌の土台を作ることで、日焼け止めののりもよくなり、

ムラなくしっかりと日焼け止めを塗ることができます。

 

スキンケアをすることで、日焼け止めの下からも肌を守ることができます。

また、日焼け止めの後のベースメイクも

綺麗にしあげることができるので

日焼け止めを塗る前に、スキンケアをするようにしましょう。

 

いつも以上のスキンケアをする必要はありません。

普段通りのスキンケアに日焼け止めをプラスするだけで、

紫外線から肌を守れてしまうなんて、とても楽ですよね。

 

失敗しない!日焼け止めの正しい塗り方

 

日焼け止めを塗るときに、一番気を付けなければならないのが

ムラなく均等に、すきまを作らず塗ることが大切です。

 

どうしても忘れがちになってしまう首の後ろや、髪の毛の生え際が

特に日差しが直接当たる部分なので注意が必要です。

 

他にも、眉間や耳、小鼻の周り、ひざ裏、デコルテなどが

塗り残しの多い箇所としてあげられています。

塗り忘れには十分に気を付けましょう。

 

顔に日焼け止めを塗る場合には、額、鼻、両頬、あごの5か所に

それぞれ適量をのせ、指全体で肌の流れにそって馴染ませます。

 

再度、同じ要領で日焼け止めを顔全体に馴染ませたら、

塗りづらい目の周りや小鼻の周辺を念入りにしあげていきます。

 

最後は、日焼け止めを首のまわりを数か所に分けてのせ、

マッサージをするように下から上へとまんべんなく塗っていきます。

 

首回りはムラになりがちなので、正面であればあごを上げて、

首の後ろであれば下を向いて、皮膚を伸ばしながら塗っていくと

均等にムラなく塗ることができます。

 

身体全体に日焼け止めを塗るときには、

スポンサーリンク

1本の線を書くように、直接チューブから体のラインに沿って出し、

手のひらで肌の流れを意識しながら、包むように塗っていくと効果的です。

 

日焼け止めはこまめに塗り直すことが大事!

 

朝のお出かけ前に日焼け止めをしっかり塗っていたとしても、

化粧が崩れてしまうのと同じで、日焼け止めも崩れてしまいます。

 

紫外線から肌を守るためにも、

3時間に1回は日焼け止めを塗りなおすように心がけましょう。

 

「そんなに日焼け止めを塗りなおすなんてムリ!」という方は、

お手洗いに行く際に、できるだけ日焼け止めを塗りなおすようにするか、

せめてUVカットがある化粧品で化粧直しをするようにしましょう。

 

特に夏本番の7月は、

1年を通して最も紫外線量が高く、危険です。

こまめなお手入れが肌を守る鍵となるので、

正しく日焼け止めを活用するようにしたいですね。

 

まとめ

日焼け止めを塗る前のお手入れから、

日焼け止めの正しい使用方法までご紹介しました。

毎年やってくる熱い季節の紫外線は、

病気の原因ともなり得る危険なものです。

 

ベースとなるスキンケアから、日焼け止めの塗り方までを正しく行い、

今年の夏は、紫外線からお肌をしっかりと守って

キレイな肌で夏を満喫しましょう!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑