台風が接近中!雨や湿気はどう対策する?効果的な方法とは

公開日: 

台風が接近していると、心配なのが強風と豪雨ですね。

通勤通学中など、台風の日の外出は特に注意が必要。

しかも、台風が上陸している時は室内を換気したくても、

激しい雨風で窓があけられないので、湿気が溜まりやすくなります。

そこで今回は、台風が上陸している時の激しい雨や、

湿気対策を紹介いたします。

スポンサーリンク

 

雨で服や荷物を濡らさないために

台風が上陸して、外が激しい雨風の日でも、仕事などで

やむを得ず外出しなければいけない場合もあります。

その際、もちろん傘だけでは、荷物や服が濡れてしまうのを

防ぐことが出来ないので、しっかりと対策をしていきましょう。

まず、手荷物を濡らしてしまわないためには、いつも使っているバッグに

雨避けの防水カバーをかけておきましょう。

会社員には嬉しいビジネスバッグ専用のものや、

リュックサック専用カバーもあります。

また、女性用の通勤バッグをすっぽりと覆うことが出来る、

柄もおしゃれなレインカバーも市販されていますので、

台風が来る前に購入しておくと良いでしょう。

そして、台風をはじめ、豪雨の日には衣服が濡れるのも防ぎたいですよね。

特にスーツは湿気を吸うと嫌な臭いがしてくるので、注意しましょう。

女性もプリーツのスカートを履いていると、雨で濡れることによって、

折り目がおかしくなってしまうこともあります。

台風の日は、ぜひレインウェアを着用して外出しましょう。

通常のレインコートですと、上半身が濡れるのは予防できても、

下半身は雨に当たってしまいますので、なるべく台風の時は、

上下セットになっているレインスーツを着ることをおすすめします。

 

靴の防水対策

雨の日は地面も滑りやすくなりますし、靴が雨に当たって

ソックスまで濡れてしまうと、とても不快ですね。

台風の日に外出する時は、足元も濡れないようにしていきましょう。

濡れるのを予防するため、職場まで革靴をバッグに入れて持って行くのも面倒、

という方は、靴カバーを活用してみると良いですよ。

雨に靴が濡れるのを防ぐだけでなく、底面には滑り止めも付いているので、

歩くのも安心。

レインブーツを履くことで足が蒸れる心配もなく、

防水スプレーを使うよりも効果が高いので、おすすめです。

また、膝下まで覆える大きめな靴カバーもありますので、

ズボンの裾が濡れるのも予防できます。

 

住宅と車の雨対策

台風が上陸する予報が出たら、ベランダの排水口や家の前にある側溝、

スポンサーリンク

雨どいなどに詰まっている落ち葉やゴミを取り除いておきましょう。

窓の隙間から室内に雨水が侵入してくる可能性もあるので、

サッシには新聞紙などを詰めておいてください。

また、自家用車があるご家庭では、水没の危険性があるため、

地下ではなく地上の駐車場の止めておくようにしましょう。

万が一、車が水没したり、流されてしまった時のために、

自動車保険の確認をしておくことをおすすめします。

 

台風が上陸している時の湿気対策

台風の日には、窓を開けたくても開けられないため、

湿気が室内にこもりがちですね。

そのままではカビやダニ発生の原因にもなるので、

換気扇を回して湿気を除去しましょう。

もしくは、エアコンのドライ運転や、除湿器を使うのもおすすめ。

湿気による室内の悪臭には、備長炭を置いて消臭しましょう。

 

まとめ

台風上陸の予報が出ましたら、早めに対策をしていきましょう。

通勤など外出中は、レインウェアや靴カバーなどで、

雨に濡れるのを予防できます。

住宅は屋外にある排水口などを掃除しておき、

車も水没を防ぐために地下駐車場は避けてください。

室内の湿気を除去するには、換気扇や除湿器を使うと効果的です。

ぜひ台風の日には、豪雨と湿気対策をしっかりしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑