菊だけじゃない?お彼岸のお供えに最適な花の種類とは

公開日: 

お彼岸になると、お墓参りをすることが多いのですが、

その時に必要なものといえば、お供えの花ですね。

でもどんな花をお供えすると良いのか、反対にお供えしてはいけない花は何か、

ご存じない方も多いと思います。

そこで今回はお彼岸の時に、お墓にお供えしていい花の種類を紹介します。

スポンサーリンク

どんな花を供えるべき?

一般的にお供えに適しているのは、菊をはじめ、カーネーション、ガーベラ、

トルコキキョウ、スターチスなどの他に、季節の花も加えた花束です。

もしご自身で花を選びたいのでしたら、

生花店で店員さんにお墓のお供え用にしたい、

と伝えると、どんな花がおすすめか教えてもらえます。

でも実は、この花が必ず含まれている花束でないといけない、

という決まりはなく、故人が好きだった花をお供えしても、問題はありません。

ただし、出来れば菊のように、長持ちする花をお供えするようにしましょう。

また、地域や家庭によっては仏花でないといけない、という考え方もあります。

もし義実家のお墓参りなどでしたら、トラブルを避けるさめにも、

やはりスーパーや生花店で売られている、

お彼岸用の花束を用意するのが無難でしょう。

 

お供えに適していない花とは

生前に故人が好きだった花であっても、お供えするのに

あまり相応しくない花もあります。

まず、バラやアザミなど、棘がある花です。香りが強い花もお供え

するべきではないとされているので、バラは特に避けたほうが良いでしょう。

そして彼岸花やスイセン、スズランなど毒を持っている花もNGです。

また、つるが伸びる朝顔なども、お供えには相応しくないので、注意しましょう。

ちなみに、お供えする花にはぴったりと思われがちなユリですが、

花粉がお墓に付くと、墓石が変色する可能性があるので、

もし購入する際は、店員さんに花粉を落としてもらうようにすると良いですよ。

 

お花の本数は奇数にする

お供え物の花は、3、5、7本と奇数にして購入しましょう。

ただし、スーパーや生花店で販売されている仏花は、

元から奇数の本数になっているので、そのままお供えすれば問題ないでしょう。

 

造花をお供えしても良い?

最近では、なかなかお墓参りに来ることが難しい場合、

本物の花ではなく造花をお供えすることもあるようです。

本物の花をお墓に供えたままだと、枯れて見映えも良くないし、

虫が寄ってくることもあるため、こだわりがあまりないのでしたら、

スポンサーリンク

造花を飾っておくという傾向も増えてきています。

また、管理のいらないプリザーブドフラワーのアレンジメントを

お供えする方もいらっしゃるようで、昔からの仕来りに縛られず、

割と自由になってきています。

ただし、お年を召した方や、地域の風習だと、やはり本物の花が好まれます。

楽だから、劣化しないから、と迂闊に造花をお供えしてしまうと、

親戚の方から注意されたり、思わぬトラブルになる可能性もありますので、

本物の花を供えておくのが無難です。

もし、次のお墓参りまで期間が空いてしまい、

お供えした花が枯れてしまいそうならば、お参りが済んだら、

花を持って帰ることをおすすめします。

注意点として、一度お墓にお供えした花は仏壇に供えるなど、

使い回しはしてはいけませんので、覚えておきましょう。

 

まとめ

お墓に供える花は、仏花や故人が好きだったものを選ぶと良いでしょう。

ただし、棘や香りが強いもの、茎や根に毒があるものなどは避けてください。

もし迷ったら、生花店の店員さんに相談してみると良いですよ。

花の数は奇数でまとめるのが決まりですが、

花束になっているものを買えば問題ありません。

そして、造花をお供えすると、思わぬ親戚トラブルに発展するかもしれなので、

仏花は本物を選んでおくようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑