返事はいつまで?結婚式の招待状の返信期限とその書き方

公開日: 

結婚式の招待状が届いたら、早めに返事を出したほうがいいけれど、

具体的にいつまでにお返事すれば良いかご存知でしょうか。

予定が決まっていないと、返信しづらい場合もありますよね。

今回は、結婚式の招待状は、いつまでに返事を出せば良いのかを紹介します。

スポンサーリンク

 

結婚式の招待状が届いたら返事はいつまで?

基本的に、結婚式の招待状の返信期限は、式当日の一カ月前までです。

もしくは招待状に記載されている返信期日までとなります。

ですが、返信期限が定められていても、新郎新婦に負担をかけないためには、

招待状が届いたら出来るだけ早く、返事を出したほうが良いでしょう。

 

結婚式に出席する場合は

もし結婚式に出席できるのでしたら、早ければ3日以内、

遅くとも1週間以内には返事を出すのがマナーです。

この時、電話やメールなどで新郎新婦に出席する旨を伝えるのではなく、

必ず送られてきた返信ハガキで返事を出すようにしましょう。

例え新郎や新婦が仲の良い友人だったとしても、出席する意思表示を

電話などで簡単に済ませるのではなく、正式な方法で返事をしてください。

 

もし欠席する場合は

やむを得ず、結婚式を欠席する場合も期日に関わらず、

招待状が到着してから1週間経ってから返信するのがマナーです。

あまり早くに欠席しますと返事を出すと、かえって失礼になってしまいますので、

招待状が到着してから、1週間後に返事を出すようにすると良いでしょう。

返事を出す時は返信ハガキに、お祝いの言葉と、

出席できない旨を書いておくようにすると、より丁寧です。

新郎新婦側は、ゲストが何人来るのか、早めに把握しておかなければ

いけませんので、出欠問わず、返信期限内に出せば良いのではなく、

1週間前後を目安に返事を送りましょう。

 

どうしてもまだ予定がわからない時は

早めに返信するのがマナーとはいえ、招待状が到着しても、

すぐには当日の予定が分からないため、すぐに返事を出すことが

出来ない場合もありますね。

そんな時は、新郎や新婦に電話などでまだ予定が分からなくて、

早めに返信が出来ない旨を伝えましょう。

そして、式当日の予定が分かったら、いち早く返事を出すようにしてください。

 

もし返信期限を過ぎてしまったら

期日を過ぎてから予定が判明したり、ついうっかり返信するのを

忘れてしまった時は、まず相手に連絡して、返事が遅くなったことを謝り、

出欠するかどうかを伝えましょう。

スポンサーリンク

もちろん、連絡するだけでなく、返信ハガキもきちんと出してください。

返信ハガキにも、連絡が遅くなったことに

対しての謝罪も書き添えておきましょう。

また、既に出席と返事してしまったけれど、様々な事情で

キャンセルしなければいけなくなったら、必ず新郎や新婦に連絡し、

謝罪と欠席する理由を伝えてください。

 

返信ハガキの書き方について

案内状が届き、返信ハガキを書く時、まずは御出席や御芳名などの

『御』や『芳』を縦か斜めの二重線で消しましょう。

そして、出席か欠席かを選んで〇で囲みます。

宛名は『行』を二重線で消して、その隣に『様』と書きましょう。

余白に、結婚を祝うメッセージや、招待して頂いたお礼の言葉を添えておくと、

より好印象になりますよ。

ただし、メッセージを書き添える際は、『、』や『。』など

句読点を使わないことがマナーです。

最後に、宛名や書き方に間違いがないか確認してから投函しましょう。

 

まとめ

結婚式の招待状は、到着してから1週間を目安に返事を出してください。

特に出席する場合は、いち早く返信したほうが良いでしょう。

もし、予定がまだ分からなかったり、返事を出すのが遅れてしまったら、

相手方に連絡した上で、返信ハガキも出すようにしてください。

新郎新婦側は、結婚式に出席する人数を把握しないと、

準備を進めることが出来ませんので、

出来るだけ早めに返信することを心掛けましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑