ハロウィンのお菓子はどのくらい配る?適切な量とあげ方とは

公開日: 

日本でも10月になると、ハロウィンが盛んになってきましたね。

町内会でイベントがあったり、仮装してお菓子をもらいに近所を回ったりと、

子供たちにとっては楽しい行事です。

でも親としては、子供がもらったお菓子を食べ過ぎてしまわないか、

とても心配ですね。

また、家にお菓子をもらいに来る子供たちのために、

どれくらいの量を用意すれば良いのか、分からない方も多いと思います。

そこで今回は、ハロウィンのお菓子はどれくらいの量を用意すれば良いのか、

またお菓子の配り方などを紹介します。

スポンサーリンク

家に来た子供たちにあげるお菓子の量

近所を回っている子供たちは、他の家でもお菓子をもらうので、

そんなに多くを渡す必要はありません。

子供一人につき、あげるのは飴やチョコ1個で十分です。

もしくは、小袋入りのお菓子を一袋でも良いでしょう。

そのため、小分けに出来るお菓子を用意しておくだけで、問題ないと思います。

あまりあげ過ぎてしまうと、子供たちが一気にお菓子を食べてしまうかも

知れませんし、渡す側も費用がかさんでしまいます。

一人一個を目安で考えて準備しておくと良いですよ。

 

ハロウィンのお菓子の配り方

仮装した子供たちは『Trick or Treat(トリックオアトリート)』と言って、

お菓子をもらいにやってきます。

お菓子をあげる大人側は『Happy Halloween(ハッピーハロウィン)』と

言って、子供一人一人が持っているカゴなどに、

チョコや飴を入れてあげましょう。

子供たちの仮装を褒めてあげると、とても喜びますよ。

もしご自身もハロウィンがお好きなのでしたら、

仮装して子供たちを迎えてあげても良いかもしれません。

ただし、衣装に気合を入れ過ぎて、子供たちが怖がって

しまわないように注意しましょう。

 

どんなお菓子を配るべき?

ハロウィンで配るお菓子は、小分けに出来るものがおすすめです。

チョコや飴をはじめ、クッキーやおせんべい、駄菓子類など、

個々に包装されているお菓子だと配りやすいですよ。

注意点として、必ず市販のお菓子を配るようにしましょう。

手作りのお菓子を渡してしまうと、もし後でお腹を壊す子供がいた時などに、

原因を疑われたりして、思わぬご近所トラブルに発展する可能性もあります。

近所の子供たちには市販で、また賞味期限も切れていない

お菓子を必ず配るようにしましょう。

 

ハロウィンのルールもきちと覚えさせよう

子供たちがハロウィンを楽しむためにも、基本的なルールは

しっかり覚えさせましょう。

スポンサーリンク

まず、知っている人の家であれば、必ずお菓子をもらいに行って

良いというわけではありません。

元々、欧米でもハロウィンの時にお菓子をもらいに行って良いのは、

カボチャなどハロウィンの飾り付けをしている家のみ、

というルールがあるのです。

日本でもハロウィンを行う場合、事前に決められた家以外には、

お菓子をもらいに行かないように子供たちに言い聞かせ、

ルールをきちんと守らせましょう。

また、子供は一人で行動させず、必ずお友達何人かでグループを作って、

近所を回るようにさせてください。

もし小さい子がいるのでしたら、大人の方が一緒について回ったほうが安全です。

訪問する時間も、出来れば事前に決めておくようにすると良いでしょう。

もらう側、あげる側もきちんとルールを守って、

トラブルのない楽しいハロウィンにしていきましょう。

 

まとめ

仮装してお菓子をもらいに来た子供たちには、食べ過ぎを防ぐためにも、

たくさんのお菓子をあげずに、一人一個を目安に配ると良いですよ。

小分けに出来て、一個ずつ包装してある市販のお菓子を用意しておき、

子供たちが来たら、一人ずつに配ってあげてください。

思わぬトラブルを避けるためにも、手作りお菓子は配らないようにして、

また事前にお菓子をもらいに行く家や、時間帯なども決めておき、

子供たちはグループで行動をさせましょう。

ルールをしっかり決めて、それを守れば、

大人も子供も楽しめるハロウィンになりますよ!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑