栗の渋皮でデトックス?渋皮が持つ驚きの効果について

公開日: 

皆さんは栗を食べる時、渋皮まで食べていますか?

捨ててしまうことが多いかも知れませんが、実は栗の渋皮には、

デトックスをはじめ、色んな美容効果があるのです。

そこで今回は、栗の渋皮が持つデトックス効果や、

渋皮の活用方法などを紹介します。

スポンサーリンク

渋皮が持つ栄養とデトックス効果

便秘が続くと体内に老廃物が溜まり、むくみやニキビなど肌荒れの

原因にもなってしまいます。

それを解消してくれるのが、栗の渋皮に多く含まれている食物繊維です。

食物繊維を摂ると、老廃物が体内に蓄積されることなく、

お通じとして体外に排出されます。

すると、腸内環境も良くなるので、ニキビなどの吹き出物も改善され、

美肌に繋がっていくでしょう。

しかも、栗を渋皮ごと食べることによって、食物繊維だけでなく、

利尿作用のあるカリウムも一緒に摂れるので、

より溜まった老廃物を外へ出しやすくなります。

 

渋皮を食べて老化を防止しよう

栗の渋皮には、ポリフェノールの一種であるタンニンが豊富に含まれています。

このタンニンには、高い抗酸化作用があるため、

老化だけでなくガンを予防の効果も期待できます。

しかもタンニンが持つ抗酸化作用は、メラニンを抑制する働きをするため、

シミやソバカスを防いでくれるのです。

また、渋皮にはビタミンCも含まれているので、美肌作りにも効果的。

肌の老化が気になり出したら、ぜひ栗を渋皮ごと食べて、

アンチエイジングをしていくと良いでしょう。

 

栗を渋皮ごと食べるには

栗を渋皮煮にして食べると、栄養を効果的に摂取できますよ。

ただし、渋みが出てしまうので、重曹を使って

必ず灰汁(あく)抜きをしましょう。

では、渋皮煮の簡単な作り方を紹介します。

まず材料は、栗1kgと砂糖500g、そして重曹を大さじ2用意してください。

栗を鬼皮(外側の硬い皮)のまま鍋の中に入れて水を注ぎ、

15分ほど煮て、鬼皮が柔らかくします。

ちなみにこの時、水に浮いたものや、穴が開いている

栗があったら取り除いておきましょう。

次に、渋皮を傷つけないようにして、鬼皮を剥いていってください。

全部の鬼皮を剥いたら、鍋に栗と重曹を1/3、そして水を入れて、

10分煮ていきましょう。沸騰してきたら中火にして、

灰汁が出てきたらすくい取ってください。

10分煮たらザルにあけて、渋皮を傷つけないように流水で優しく洗い、

爪楊枝などで筋を取り除きましょう。

そしてあと二回、重曹を1/3ずつ入れて栗を煮て、

ザルにあけて洗うという工程を繰り返してください。

そうすると、灰汁がしっかり取れて、渋みがなくなります。

灰汁抜きが出来たら鍋に栗と、栗が浸かるくらいの水、

スポンサーリンク

そして砂糖半分を入れ、煮込んでいきましょう。

沸騰してきたら、弱火にして10分煮てください。

10分煮たら、一度火を止めて冷ましておき、

残りの砂糖を入れてあと二回煮る、冷ますを繰り返してください。

すると、渋みも取れた美味しい渋皮煮が完成します。

一晩寝かせてから、はちみつを加えてもう一度煮ると、

更に美味しくなりますよ。

完成した渋皮煮は、そのまま食べても良いですし、

モンブランなどお菓子に使うのもおすすめです。

タッパーや煮沸消毒したビンに入れておけば、

冷蔵で一週間ほど保存できます。

ただし、栗はカロリーが高いので、食べ過ぎないように気を付けましょう。

 

渋皮の色々な活用方法

栗から取り除いた渋皮を、フライパンで煎り、

すり鉢に入れて細かく砕いてください。

それをコーヒーの粉と混ぜて、ドリップすると、

栗風味のコーヒーが淹れられます。

コーヒーにして飲めば、手軽に渋皮の栄養も摂れますよ。

もしくは、渋皮でフェイスパックを作るのもおすすめ。

細かくした渋皮を、ヨーグルトとハチミツに混ぜて、

そこにコットンを浸せば、パックとして利用できます。

シミ対策にもなるので、ぜひ試してみてください。

 

まとめ

栗の渋皮には、デトックスだけでなく、美肌作りに

役立つ栄養がたくさん含まれています。

ついつい捨ててしまいがちですが、これを機に、ぜひ栗を食べる時は、

渋皮煮にして食べたり、コーヒーやパックなどにして、

栄養を摂っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑